ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦後のための戦争

DATE: 2006. 10. 18 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
相変わらず「北」がらみのニュースに事欠かない日々ですが、ちと気にいらない事があります。

.




やれ「武力行使だ」「強硬路線だ」と騒ぐ人がいるのですが、自衛隊と日本の各システムを、「戦争用」にする準備の話もしていない人が多いのが気にいりません。
どれだけ効率よく人や物や法律を、運びたい場所や方向に運んで、その負債をどこに押し付けるか、具体的な現場レベルの話をする人が見当たりません。


更に気にいらないのは、「日本の取り分」を明確にしている発言をする人が見当たらない事です。
戦後の事を見据えて、戦争や武力行使の話をする人が見当たりません。

無論、開戦がなくとも、ごたごたが終る可能性はあります。ってか、そっちの方がハッピーです。
それでも、日本・米国・中国・韓国・ロシア、どの国が一番儲けて、どの国が貧乏くじを引くでしょうか・・・・・・・・・(汗
儲ける国はわかりませんが、貧乏くじ引くのは日本な気がします。

「仮に開戦し将軍さまの政権を倒したら、アフガンの時のカルザイ氏のように、どっかから親日派な人を連れてきて、新政権の親玉に据えましょう。
そして「北」を使って、かさんだ戦費の補填をしましょう」
なんて、話は何所にもありません。

それゃまぁ、そういった話は表立たず、こっそり進めるものなのかもしれませんが・・・・・・・・・、
日本が”進めている”段階だとしたら、多分他の国は”準備できてる”段階じゃないのかな~~、と根拠の無い夢想をしてしまいます。

まぁ、「北」と日本のプチ冷戦構造を狙っているのなら、まだ可愛げがあるのですが・・・・・・、どうなんだろう?


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。