ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥の詩、0からの出発4回目

DATE: 2006. 09. 17 CATEGORY: 騒楽・奏楽
行ってきちゃいました、 First sounds4  。

今回で第4回を迎える葉鍵(Leaf ・ Key)系中心の生演奏会です。曲のスタイルはクラシカルな演奏スタイルが中心。
メインはピアノで、管弦楽器が付いたり付かなかったり、ソロだったりと、
企画・発足者である紫月桂樹さまの言葉にもありましたが、”ゆったりと椅子に腰掛けて聴く曲”、がたっぷりと生演奏されました。
ちなみに、ライ麦狼は第2・3と行きたくても行けなかったクチですので・・・念願の拝聴です。

このイベントが発足するまで、アニメ・ゲームの音楽を演奏すると言えば、ライブハウスでテンション上げていくか、学校系のブラスバンドが教育委員会が怒らない作品の主題歌を演奏するくらいでした。
ストリートでやる人も確かにいましたが、あくまで少数でした。
(そーいや何年か前に、勇者王ガオガイガーの主題歌をアコースティックギター(と言うかスパニッシュ? ・・・とりあえず指がスゲー動き方してました)で弾いてる人が、新宿西口にいたな~w)
Keyに見られるようなゆったりとしたインスト曲が、表現できる場・聴ける場として0から始まった、草分け的なイベントです。
同じ系統で、下記のイベントもありますので、よかったらご一緒にどうですか♪


オータムリーフ管弦楽団





で、感想は
いや~良かったですよ。特にHURTさんが良かったです。ささな嬢&浦氏のハモりは絶品でした。
鳥の詩は好きな曲だけに、自然とヴォーカルの有る無し様々なアレンジを聴いてきましたが、女性ヴォーカル(メイン)に男性ヴォーカル(サブ)のハモりは初めて聴きました。
久しぶりに”怖い”って感じました。
演奏だけでなく芝居もそうなんですが、本当にスゴイ事を舞台で演られると、何故だかライ麦狼は”怖い”って感じてしまうのです。
もう、ゾクゾクくるだけでなく、魅入られた様に逃げだしたいけど身動きできない感覚です。最上級の褒め言葉、と思ってください。


あと全体的に思ったことは、プロが提供するショータイムではなく、アマチュアが日々の練習の成果と、どれだけ元ネタが好きかを表現する場と感じました。
それは観客側も言えまして、多くが音楽・演奏経験者なのかもしれません。なぜなら自由席だと言うのに、ステージ向かって左側、ピアノの鍵盤が見える側に、何か多くの人が座っていました。
つまり、演奏を聴くだけでなく、演奏者の指や腕の動きまで観ようとしていました。・・・・・・やるなコイツら


で、今回鍵葉系という演目でしたので、こんなページへのリンクをいくつか張ってみたいです。
それに10月からは、京アニ製作のKANONも放送開始されますし、時期的にいろいろご紹介します。




『くらざめの小部屋』
まずは、鍵葉系SSで一番の微エロ(・・・・・・もっと激しいのも別ページで書かれています)を書き紡ぐと思う方のページ
以前も紹介してますが、再度ご紹介です。




Kanon SS自動リンク
最盛期に比べてだいぶ縮小しましたが、KANONのSSがたどり着く場所です。




生音主義

TAMUSCI

WAVE

生演奏にと言えばこの二つのページ様。更に夏コミでAIRのアレンジCDを出していたサークルさん、と3っご紹介。




黄昏フロンティア
鍵系格闘ゲームの代名詞。Eternal Fighter Zeroのサークルさんです。



むー、何所も有名どころです。
なので知ってる人にとっては、ありきたりな紹介かと思いますが、ご存知無かった方はどうぞ覗いてみてください。
スポンサーサイト

テーマ: 音楽のある生活
ジャンル: 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。