ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理系というけれど

DATE: 2012. 03. 30 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども、いよいよ年度末決算日。会社勤めにゃいろいろ大変な時期でございます。
ライ麦狼の務める会社でも、社長の総括やら個人面談やら打ち合わせやら、メンドイ…いや大事な事があったりしやがります。そんな中、社長から言われた一言が、

「技術屋だったら、夢をみなきゃダメ」

ちょっとキましたね。乙女回路がきゅんきゅん回っちゃいますね。
同時に、…ああ、だからこの社長、商売にならない新技術開発するのが好きなんだなぁ…、ともおもってしまいました。
確かに、振り返るとこの一年。「価格調整・コストダウン」やら「新規原材料に対応するための調整」「生産効率向上」といった"調律"的な事ばかりで、まっさらに新しい音を演奏していない事に気が付きました。
政変やら震災やら円高やら洪水やら、…本気で、何所かで件(くだん)でも生まれたんじゃね? という出来事の影響に対応するばかりで、会社として新規技術の開発が遅れていたなぁ、と痛感。
ライ麦狼が今個人的に進めている技術も、あくまで低価格帯狙ったコストダウン技術だしねぇ…
う~ん来季は、夢を追える技術屋目指して、頑張ってみようかな、と想っちゃうしだいです。


そんな流れで、こんなテンプレも好きなんですよね。



ある国を天文学者と古典物理学者と数学者と

量子物理学者が一緒に電車で旅行していた。
すると、窓から牧場が見え、そこには1匹の黒い毛の羊がいた。

天文学者:この国の羊の毛は黒いんですね。

古典物理学者:いえ、この国には黒い毛の羊が少なくとも

1匹いるということしかわかりません。

数学者:いえ、この国には身体の少なくとも片側の毛が黒い羊が

少なくとも1匹いるということしかわかりません。

そんな会話を聞いた隣の車両から三人がやってきました。

量子物理学者:いえ、観測から時間tの経過した現在、
この国には身体の少なくとも片側の毛が黒い羊が少なくとも

1匹いるという事象すら不確定です。

哲学者:いえ、記憶の中に存在するあの黒い羊が本当に実在したもの

だったかどうかすら確かではありません。
確実なのは、「そう考える私がいる」ということだけです。

羊飼い:たぶんジャコブ(Jacob)種の子供じゃないかな。

古代種の血をひく希少羊で、白と茶のパッチワークのような毛に包まれているんだ。
子供は真っ黒だよ。

生物学者:じゃあ確認してくる。
いきなり現れた生物学者はそう言い残して、車窓から飛び降りた。



ライ麦狼は、ここに登場する生物学者が好きなんですよね。
理屈や数字じゃなくて、ゲンブツで実証する。そんな考え方が、グッとくんですよ。
理系となると、ついついIT分野の人がクローズアップされますが、自然科学分野…なんと言いますか、ナショナル・ジオグラフィック的な分野の理系も、仲間に入れて欲しいのです。




という事で、トラックバック。

ライ麦狼が持っている資格となると、

学芸員資格
危険物甲種
劇毒物取扱い責任者

くらいですかね。
あとは大学時代、「クリーンベンチ・クイーン」という称号を拝命したなぁ。…なんだったんだろあの称号…?
別に「○○・マスター」とか「××・キング」とか、そんな称号が代々引き継がれていた気がする。今でもあるのかな?



こんにちは。 トラックバックテーマ担当の水谷です。今日のテーマは「自慢できる資格や特技を教えてください」です。水谷は、自慢できる資格はあまり持っていないのですが、強いて言うと中学と高校の教職免許を持っていることが少し自慢です。今は、トラックバックテーマを担当しているのであまり、教職免許は役に立ってませんが教育実習で母校にて、おぼつかないながらも生徒に教えたりしたことは、今でも記憶に残っています。他...
FC2 トラックバックテーマ:「自慢できる資格や特技を教えてください」


スポンサーサイト

テーマ: なんとなく書きたいこと。。
ジャンル: 日記

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。