ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦う刑事コロンボと、こんな単身楽団

DATE: 2006. 09. 08 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
最近読んだお勧めライノベをご紹介。

神曲奏界ポリフォニカ インスペクター・ブラック


通称『黒ポリ』です。
ライノベ好きの方は知ってる人と思いますが、『赤ポリ』のシェアードワールドノベルです。『赤ポリ』と比べた場合、”外伝”として位置付けられるのかもしれません。
しかし、ライ麦狼はこの『黒ポリ』をお勧めします。


もともとは、キネティックノベル(映画を意識したノベルゲーム。映画とと小説の高度融合体、との事)として創られた作品が、GA文庫誕生と同時に小説シリーズを展開。
『神曲奏界ポリフォニカ ウェイワード・クリムゾン』=『赤ポリ』としてスタートしたのですが、この段階では『黒ポリ』は存在しません。
『赤ポリ』1巻発売から半年の後、『黒ポリ』は世に出ました。


な訳で、通常ならば『赤ポリ』1巻→『赤ポリ』2巻→『黒ポリ』1巻と読んでいくのが順当なのでしょうが、
何故かライ麦狼は『黒ポリ』から読んでしまいました。
昔に、ガンパレードマーチのドラマCDを間違えて、『少女幻想』から聴いた暴挙があるだけに、またやっちまったか・・・・・・、と思ったのですが、
どうやら『黒ポリ』を先に読んでも問題ないみたいです。それどころか、後に読んだ『赤ポリ』よりも”導入”としてはうってつけな気がします。

そのうってつけな理由は、コロンボです。
金曜ロードショーでお馴染みの、あのコロンボです。
冒頭に犯行シーンがあって、その後に刑事が登場して推理。刑事は犯人との駆け引きをして、段々と犯人を追い詰めていくあの手法です。
読者は誰が犯人かを推理するのではありません。刑事はどのように犯人をオトすのか、犯行を立証する証拠は何なのかを推理。刑事と犯人の攻防に、歯痒くもわくわくしながら見守る、あのコロンボです。

『黒ポリ』ではコロンボの手法を取り入れるだけでなく、主人公の、ルシャ市警精霊課刑事マナガは、古畑任三郎と並ぶくらいにコロンボしているキャラクターです。
ストーリーも推理のテイストが効いていて、異世界ファンタジーを読みなれていない人や、美少女モノに抵抗がある人も大丈夫な作品です。
良かったら読んでみてください♪




神曲奏界ポリフォニカシリーズでは、『単身楽団』という楽器と魔術発動体を足したようなアイテムが出てきます。
かりにライ麦狼が扱える単身楽団があるとしたら・・・・・・・・・鍵盤ハーモニカくらいでしょうか・・・・・・w
・・・・・・それさえも怪しいですw



Siig,R.Sing!

(muzie)



という事で鍵盤ハーモニカに特化したページのご紹介。

残念ながら、鍵盤ハーモニカというと黄色い帽子と赤いランドセルと並ぶ、ロリ少女(幼女?)に持たせたいアイテムなどと揶揄され、楽器としてはあまり上等な扱いを受けてません。
しかし、鍵盤ハーモニカは誰にでも扱える、すばらしい楽器なんですよ。
それにライブや路上演奏でも、使い勝手の良い楽器として登場します。
よく同じパートで吹くサックスに比べても、肩の力を抜いた曲にもなるし、同等かそれ以上の哀愁も込められるんですよ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。