ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる作品、と築地の旨い店

DATE: 2010. 04. 25 CATEGORY: 騒楽・奏楽
っーことで、本日も荒川沿い某所にて長距離走してきたライ麦狼です。
お天気の土曜日。市民が憩う春の河川敷。もうこれ以上ないくらい、ほのぼのした空間が広がっていました。
平和っていいな~♪ と心から思いましたよホント。


で本題。
M3関連で、気になる作品をちょいと並べてみます、はい。

lydiagrave_2nd_big.jpg
AYUTRICAが送り出すゴシックメルヘンSingle第4弾。
今回は完全Single限定曲との事で、この作品でしか聴けないご様子です。
曲調はAYUTRICAの得意分野、ひと言で言えば「サンホラ」っぽいアレです。もうイントロ部分に、エセ外人のMCを入れたいくらいです。
使っている音源が良いだけでなく、各パートの絡みが良いんですよね。シンフォニック・メタルといいますか、主旋を奏でる硬質な音(アコギやピアノというより、チェンバロを連想するくらいの風合い)に、笛やドラムやベースやバックコーラスが絡んできて、そこに朗々とボーカルの星魚有香さんの歌が被さってくる流れは最高です。





lydiagrave_2nd_big.jpg
バナーに騙された作品。それも良い意味で騙されました。
一見、バナーのイラストから連想したモノは、篠笛で東方の曲でも演るのか? でしたが、全然違いました。
サークルLYDIA GRAVE(リディアグラーヴェ)さんがサイトに掲げる通り「ソリッドかつポップな女性ボーカル曲」です。それも割りと直球正統派な感じ。
今回の2曲とも、ちょっとテクノを効かせた曲で、ボーカルと曲の雰囲気とエフェクトの効き具合が、丁度マッチしていました。




cut.jpg
星名優子さんのアルバム。
歌い手さんのアルバムという事で、いろんなコンポーザーさんの曲が入っていますので、当然それぞれ曲調がかなり違います。
コンポーザーそん毎の曲の違いを聴くも良し、その違う曲ごとに歌い別けている、歌い手さんの歌を聴くも良し、そんなトコロも魅力の1つです。
コンポーザーさんやアレンジャーさん、または演奏者さんが主体のサークルさん単位で作られたCDと違って、歌い手さんが主体の作品なので、そんなトコロにも魅力を感じます。



音楽素材の配布をされているサイトさんが、音楽素材ではなく”楽曲作品”としての作った逸品です。
作品全体としてライ麦狼がイメージとた世界観は、切なく物悲しくも、どこまでも澄み切った冬の星空みたいな透明感です。
流石は素材やさん、といったところでしょうか? この作品、ボーカル曲だけでなく、インスト曲も入っていますので、鮮度バツグンの素材の味が活きているのを、これでもかと実感できます。

築地の場内で、お寿司を食べるみたいな感じでしょうか?w 




と、言いつつライ麦狼的に築地場内のオススメのお店は、お寿司屋さんではなく、「八千代」とか「高はし」だったりしますが。

別に築地の通ぶるつもりは無いですが、「加熱調理したって、良い素材なら良い料理になるんですよっ!!」と力説したいんです。通常なら寿司ネタになるような魚介類を、高温の油でカラっと揚げたフライ。それを、口の中が火傷するくらいアツアツの、揚げたての状態で食す幸せ・・・これは格別ですよ。完全に火を通すも良し、半生のミィディアムレアもまた良し、必ずしも生が1番とは限らないんですよ。
熱を加える事により、固体ぎみだった脂分が溶け出したり、細胞内の水分が中のアミノ酸やミネラルごと染み出してきたり、タンパク質のプリプリ感やゼラチン質のプルプルねっとり感が本領を発揮したり、味も香りも食感もグレードアップする調理法があるのですから。

あと築地の美味しいお店を選ぶコツとして、長靴を履いている人が出入りしている店が良いらしいです。
魚のプロである市場の人。その人達が利用しているお店は、間違いなく良い魚を使っている・・・もしくは、適正価格で適正な素材を使用しているらしいです。少なくとも、不当にボってる事は無いそうです。

とは言え問題が2つほど。
当然といえば当然ですが、別に築地市場の人達は、主食が魚ではありませんし、いつも魚介類を食べている訳ではありません。魚介と関係ないお店にも行きますし、ふつーにコンビニやホカ弁のお弁当食べていたりします。
長靴をはいた人が多いからといって、観光客が望むメニューがあるとは限りませんよ。

あと、市場のおっちゃん達はお酒にこだわっている人が少ないのか、魚にあった酒・・・というか、銘柄でどうこう言う日本酒なんて望めません。まぁ、二級酒と呼ばれるランクが出てきます。
(と言っても、「二級酒=不味いお酒」という意味ではなく、「等級審査を受けていないお酒」という意味だったそうです。蔵元が等級申請の時にどう申請するか? のお話だったそうで、中には特級ランクの品質を、二級酒として出荷していた蔵元もいたそうです。 今はそんな制度ないですけどね。)
ビールが実は発泡酒・・・なんて事は無いでしょうが、魚とお酒を楽しみたいなら、場外の高いお店に行くしかなさそうです。ライ麦狼は、行った事ないですけど。
スポンサーサイト

テーマ: 同人音楽
ジャンル: 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。