ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿島コンビナ~ト 

DATE: 2010. 04. 11 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども、ちょいと前に『ゆとり新人が、取引先との打ち合わせで「クリームソーダ」』というネタをみかけましたが、作為的にやっていたなら、なかなか侮れないと思うライ麦狼です。
インパクトというだけなら、「学生時代に○○で優勝した」的な自己アピールよりも、インパクトがありますし、何年たっても「ああ、クリームソーダの人ね」と覚えてもらえる筈です。

・・・でもライ麦狼は注文しませんけどね。

くりーむそーだ
打ち合わせでこんなもの(↑)注文する勇気なんて、ありませんもの。

っーか、どー考えても、コーヒーよりもクリームソーダの方が値段が高い気がするんですが、上司・先方より高いモノを頼むのは、少しばかりNGだろとも思います。


で、本題。
ちょいと野暮用で、鹿島コンビナートまで行ってきたので、その時の画像なんぞアップしていきます。


DSCF3813.jpg  DSCF3815.jpg  DSCF3814.jpg  DSCF3816.jpg

DSCF3847.jpg  DSCF3848.jpg  DSCF3844.jpg  DSCF3845.jpg

DSCF3838.jpg  DSCF3820.jpg  DSCF3861.jpg  DSCF3866.jpg

DSCF3874.jpg  DSCF3863.jpg  DSCF3873.jpg  DSCF3842.jpg

DSCF3871.jpg  DSCF3867.jpg  DSCF3831.jpg  



DSCF3841.jpg  DSCF3830.jpg  DSCF3854.jpg  DSCF3872.jpg
 






DSCF3859.jpg  DSCF3856.jpg
特にピックアップしちゃいますのは、この画像。
何だか、白いものが大量に野積みされていますが、さてはてなんでしょう? 一見すると、セメントや石灰の様にも見えますが、実はこれ、「 塩 」なんです。右の画像をよく見ると、”塩山”という文字が見えるはずです。
普段の生活では、こんな量の塩なんてなかなか見かけません。ブルトーザーと比較してもらえれば、その量が理解できるはずです。

何でこんな塩を溜めているかと言うと、
DSCF3861.jpg
はい、これ。
苛性ソーダ=水酸化ナトリウム(NaOH)の材料として、塩=塩化ナトリウム(NaCl)が、積まれているのです。
何しろ、この塩山があるのはコンビナートの南側ブロック、ケミカル関連の会社が集まる地域なんですよ。
しかも、その各企業の工場・プラントが、パイプラインで繋がっていたりするんです。
だからそこらじゅうパイプうねうね。歩道橋のように道をまたいで、別の会社同志がパイプラインで繋がっている光景は、なんだか不思議です。
トラックやドラム缶で運ぶのは、メンドクサイ位の量が、毎日ナフサや塩から加工され、パイプの中を流れていきます。
・・・送り先の2つが、ライバル会社だろうと関係なしに(汗
妙なもので、「カネカ」「信越化学」や、「ライオン」「花王」の様に、同じ分野でシノギを削っている2社に、訳隔てなく、同じ企業から原料が供給されていたりします。これって、マックとモスバーガーが同じ肉を使っていたり、ニッカとサントリーが同じモルトを使っているようなもんなんですけどね。

ちなみに北側ブロックは、製鉄所の関連で金属関連の会社があるらしいです。


そんな風に、関連する会社が違うと、臭いも違ってくるんですよね。
北側を通過したときは、やっぱり”鉄”な臭いがしましたし、中間地点に木材を扱う会社があったのですが、そこは”木”の臭いがしました。
で、南の方はエステルっぽい臭いとも、塩素っぽいともいえない臭いが、うっすら漂っていました。
例えるなら、プールサイドで薄い吟醸酒呑んでいるみたいな臭いです。

ずいぶんと前から「工場萌え」という言葉も言われ、工場やコンビナートの写真集も出ています。
ですが、写真でみるのと実際に行ってみのとでは、全然違いますね。
何が違うって、その大きさに圧倒される・・・というよりも、指さして笑っちゃっいます、ホント。
縮尺といいますか、遠近感が狂って距離や大きさの概念がボロボロと崩れる感覚は、ケッコー快感です。
また海も近いですし、下手な街中よりもキレイに整備されていますし、何より緑が多いです。なので、観光でぶらりと立ち寄ってみるのも、良いかも知れませんよ。・・・ただ、岸壁部分はやっぱりゴミが多いんですよね。海から流れ着いたのか、人が捨てていくのか・・・。そこはちょっぴり悩ましいポイントではありました。



スポンサーサイト

テーマ: 日記
ジャンル: 日記

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。