ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裕次郎とかビートルズとか東方とか

DATE: 2009. 07. 05 CATEGORY: 騒楽・奏楽
ども、千駄ヶ谷と千駄木を、おもいっきり間違えた事のあるライ麦狼です。
てな訳で、父親の付き添いで、こんな所に行って参りました。

ゲート  中はいった  望遠

始まった  そーどーしゅー  大規模詠唱魔術が可能

だいぶ入ってる  TVで見た事ある人

父親が大ファンで、下手すると・・・いや、下手しなくても、日活に就職していたかも知れない人だったりするので、もう発表された時から大忙しでした。
だって父親は、撮影所でバイトするばかりか、エキストラで出演したり、エキストラを斡旋する方にも回っていたらしいし・・・・・・
でも、エキストラとか大道具していたのって、松竹とか東宝だった気が(汗

ともあれ、5万人の枠に抽選で選ばれたのは、とってもラッキーです。
何がラッキーって、父親が、「選ばれなくても行く」、とか言い出してましたから、ホント助かりました。

あ、住所と氏名を勝手に使わせて頂いた人達には、心から感謝していますよ♪w


で、本題。
 
Band_600Banner.jpg

FragileOnlineさんの夏コミ新作「星蓮船バンド」です。

しゃみーなイントロから始まる、生楽器てんこ盛りの、東方バンドアレンジ作品です。
バンドですよ、バンド。
・・・レコーディングのメイキング映像とはいえ、ライブだったらボーカル、オオーケストラだったら指揮者がいるような、ど真ん中な位地にフルートが陣取って、
・・・ステージ向かって右手前という打楽器ぽくない位地で、2尺超えてそうな桶太鼓を肩から吊るして叩いていたり、締太鼓を床にどっかり座って叩いていたり、
ちょっぴり傍若無人な陣形組んでますが、とってもバンドしている作品です。

特に、右側の映像を視聴して頂ければ解りますが、各パートが強調されるシーンがあって、
ピアノがせり出してくる感じや、フルートが飛び出すような雰囲気。
ステージの上で演奏者が動き回り(特にフルート)、各人にスポットライトが当たる場面を夢想しちゃいます。


Abbey_600banner.jpg
で、同時リリース作品。
というか、ライ麦狼的には、こっちの方に注目しちゃいます。
だって、アビーロードですよ、アビーロードスタジオ。
六本木のライブハウスじゃなくて、ロンドンのスタジオで、ビートルズの方のアレですよっ!!

ビートルズだけじゃなく、ピンク・フロイドとかU2とかシャドウズとか、死んだら英霊の座にたどり着いちゃって、
聖杯戦争に”ミュージシャン”ていうクラスがあったら、召喚されていそう人達が、よく録音しているスタジオなんですよ。
ジミー・ペイジマーク・ボランあたりは、ホントにキャスターで召喚されそうだからタチが悪い。
今回はスタジオ3だそうです

わかり易く言えば、聖地です。巡礼地です。
鷲宮神社や飛騨高山、有明ビックサイト以上の聖地です。
グーグルのストリートビューに、「あぁ、絶対この人達、聖地巡礼中の観光客だろ」って人が写っているくらい、聖地なんですよ。

大きな地図で見る

こーゆーの知っているので、別段、アニメの舞台・ロケ地を聖地巡礼される方に、全然抵抗なかったりします。


(たぶん)同人音楽初の暴挙偉業ですっ!!。
というか、スタジオ側だって初でしょ、東方系なんてレコーディングしたのはっ!?
しかも、今回はジョン・レノンのリマスターCDも手がけた人が、スタッフについています。
何でしょう、このチートっぷり。
作品も、1トラックはビートルズ風のアレンジになっていますし、ジャケットにはしっかりと横断歩道渡ってます。

あ、もちろん試聴した感想もバツグンですよ。
「リマスター=良いトコ取り+研ぎなおし」ってだけでなく、各トラック曲調多彩で、車のCDプレーヤーで繰り返し聴いていそうです。

アビイ・ロードアビイ・ロード
(1998/03/11)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る








スポンサーサイト

テーマ: 同人音楽
ジャンル: 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。