ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”神の領域”を赤線で囲ってください

DATE: 2009. 06. 19 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども、気が付くと、5月後半から忙しい、自称かけだし錬金術師のライ麦狼です。
”錬金術”と言っても、鋼の方ではなく、どちらかと言うとアトリエシリーズの方です。各種鉱物や動植物由来の材料を、あーしてこーして怪しい薬を作っています。
火に強くなるヤツとか、冷気に強くなるヤツとか、電気を通し易くするヤツとか、いろいろです。
で、最近よく求められているのが、「安あがりになるヤツ」 とか、「別の材料使っても、本来のものと同等になるヤツ」 とか。

理由は最近の経済状況。また資源が高騰しているのです。

ニュースで「景気の底打ちなんて実感がないっ!!」とありますが・・・、
抱えていた在庫のはけた企業は増えているし、生産量が復活している企業も増えているし、
そして何より、また資源が投機の対象となっています。
在庫が減り・生産が増え・お金が動く。実感はなくとも、景気上昇の条件は、ちらほら見受けられます。
(というか、バブルを知らないライ麦狼には、”不景気じゃない状態”ってのが良くわからない。もしかして、景気ってテキトーな基準? )
・・・となれば、資源のお値段は上がります。経済危機と言っても、一過性の出来事で、需要がなくなったわけでも、市場システムが廃止された訳でもないんですからね。
高騰しているものは、石油や、レアメタル・レアアースだけじゃなく、他の鉱物・動植物由来の資源もです。

対策として各企業は、安い資源、もしくは同じ資源だけど産地が違うモノで、代用を試みています。そのサポートをするのが、ライ麦狼のお仕事なのです
・・・実情は地味ですよ。
同じ資源でも、産地や生成方法が違うと、反応具合も違うので、基礎実験の繰り返しです。


で、そんな人体錬成なんてしない、アトリエシリーズな錬金術師なライ麦狼ですが、下記のニュースにちと興味が

A案賛成派と反対派が記者会見―臓器移植法改正

9・11の英雄をクローン再生=現場で生存者救出の捜索犬-


もともと生物系のライ麦狼ですから、どーしてもこのテのニュースは気になります。
この2つニュース、iPS細胞やES細胞経由で、多少リンクしているかと思って、取り上げました。
と同時に、どーやらライ麦狼は、”神の領域”とか、”未だにクローン=コピー=嫌悪”という感覚が、いまいち理解できないので取り上げてみました。

”神の領域”という人から、具体的にクローンを作成する操作手順で、ココからココまでが”神の領域”と赤線でくくった話がありませんし、
”未だにクローン=コピー=嫌悪”というのも、中学生以上なら理解できる話から、情報遮断でもされているのか? と思ってしまいます。


臓器移植にしても、クローンにしても、”人工的だ”とか、”自然の摂理に反する”とか、言う人がいます
ですがライ麦狼は、『もともと生き物が持っている力を、条件を整えて引き出しただけ』、と感じています。
”神の領域”や”倫理観”などより、よっぽど自然に近いと思うのですが・・・、

で、気になるコメントを転載してみます。

□ ライ麦狼も同意見なコメント

臓器移植には賛成ですが、臓器を移植される側の人々が移植を当然の『権利』だと考えるのはいかがなものか。
あくまで臓器提供者の善意によるものだということを理解して欲しい。


議員たちが、党議拘束などというくだらないものに縛られず、純粋に自分の意見で賛成か反対かを投票して、その結果成立したのだから、これこそ民主主義だろう。
法案を通すときは、どの党からの法案か、など関係なく、常にこうであって欲しいと切に願う。


>、「重症脳障害の方から臓器提供があるわけでは絶対にない」「(A案では)脳死判定をされたくない人、臓器提供をしたくない人からの提供は絶対にない。そうした障害者の方の権利が守られなくなる法ではない」と強調。さらに、脳死でない患者が脳死の患者として報道されることがある
ココがポイントなのですかね? 「脳死」と「重症脳障害」の違いや、A案の本当の内容を確認しないと、反対も賛成も出来ないですよ


種痘という技術は日本に来た当初、大変怖がられた。
気味悪がれた。今は天然痘が滅んじゃってやらないけれど、
大変普通の技術になっていると思う。
あと100年すればクローン技術は普通になるだろう。
というか、クローンで固体そのものを作るより、
培養器で腕だけ再生とか心臓移植に自分の心臓を作るとかできるようになるんじゃないかと思う。
そうすれば脳死問題は解決だね。
生物学の技術の進歩は表面に出てこないだけで人道を外れていると思うものが多い。(遺伝子ノックアウトのラットとかひどいと思う)
それでもその恩恵を受けているのだからただ気持ち悪いとか反対とかじゃなく
しっかりこの重みを受けとめるべきだと思う。


科学の世界に宗教だの倫理だの、訳の分からない妄想で踏み込んで来て
科学技術の発展を阻害しようとする輩が多すぎる。
クローン技術とて星の数ほどある科学技術の内の一つに過ぎない。
それが人間のエゴだと言うなら、その他の技術も人間のエゴでしかなく、
その発展を邪魔しようとするのもまた、人間のエゴでしかない。
にもかかわらず、これはOK、あれはダメって、何自分に都合よく境界を決めてるんだ?
そもそもに決める権利があるのか?
科学技術を否定して、自分がそういった技術を利用しないのは構わないが、
それで他人の行動を制限しようとするのはやめろ。


元の英雄犬とクローン犬とは、別人ならぬ「別犬」ですよね。
遺伝子的に素質があっても、育て方によっては警察犬には向かない犬になるかもしれないので、そこは飼い主の腕の見せ所でしょうか。
それにしても9.11の話になると、必ずといっていいほど陰謀論者が湧くね。




□ ライ麦狼は反対・理解できないコメント ツッコミ付き

信じられない!!この犬はこんなの望んでいないはず。
人間は神様じゃないんだから。

・・・生まれた仔犬は、望むも望まないもないのでは?
そして何故”神様”が出てくるのだろう? クローンにしても、”もともと生命が持っている機能”を引き出しただけなのに・・・


いくら「英雄」であっても、生き物であってこその「英雄」
ロボットじゃないんだから、クローンとかそういうの悲しすぎる。
私が飼い主なら、クローンなんていらない。
ペットないしは家族であって、ロボットじゃないから。
思い出は大事にしたいけど、全く同じ子がほしいとは思わないよ

何で、”ロボット=クローン”になってしまうのだ?
クローンといえど、れっきとした1つの命ですよ。細胞分裂や無性生殖で増える生き物も、ロボット扱いですか?


双子ですら正直、嫌悪感があるのにね
妊娠誘発剤などの遺伝子の異常なんでしょ
自分だったら、自分と同じ人間がいるなんて普通に気持ち悪いし
大量に作られたコピー商品のひとつみたいで、自分の存在の価値を疑ってしまいそう。

双子に嫌悪感って、・・・何かトラウマあるのですか?・・・やはりヘンゼルとグレーテル・・・まさか双恋苦い思い出ですか? もしくはタッチあのシーンで号泣したのですか?
というか、「妊娠誘発剤」って排卵誘発剤のことですか? 別に遺伝子に関係なくて、妊婦にダメージがあるとか、そーゆー話では?

スポンサーサイト

テーマ: 気になったニュース
ジャンル: ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。