ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティルコネルかレッド・ビーか・・・・・・

DATE: 2009. 04. 10 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども、気分転換もかねまして、エビの養殖池水槽にビーシュリンプを投入したライ麦狼です。
ブームも下火になったのでしょうか、一時期のニシキゴイじみた値段設定は無いご様子。
お酒を1瓶我慢すれば、充分に手が出せる価格帯でございます、はい。ちなみに今回我慢したお酒は、「ティルコルネル」です。
マビノギユーザーなら気付くと思いますが”ティルコネル”が語源という、半分ネタ込みな逸品です。


で、玄関の下駄箱の上という、いかにもな場所に置かれた水槽。
ソコへ買ってまいりましたビーシュリンプと竹炭の投入です。
という事で、掃除怠り気味の水槽の写真をば、

suisou1   nedann   sannbiki

お値段は、写真の通りのですが、数えてみるとちっこいのが1匹余分に入っていて、ちょっぴりラッキー♪
投入時にえらく底砂が舞い上がってしまい、ウィローモスが一部埋まりかけたりしましたが、特に問題なく在来のエビもビーシュリンプも泳ぎ回っていらっしゃる。
というか、ビーシュリンプが既に我が物顔・・・。エサに入れた咲ひかりの粒を、抱えて隅に持ち去りやがってます。
・・・ちょっと在来組みが心配。

ue

ap   ueap   up 

あと、心配ごとがもう2つ程。
もともと水槽のキャパいっぱいだったところへ、ビーシュリンプを投入して大丈夫だろうか? という根本的な事が1つ。
もう1つはこれ↓

aka

レッドチェリーの向こう側に、なにやら見慣れない赤い巻貝が・・・、ビーシュリンプと一緒についてきたみたいです。
このひとも一緒に飼育していて問題ないのかな? という事です。
なんとなく壁の苔を食べてくれそうなんで、問題ないなら飼育してこーかな・・・たぶんこのひと雌雄同体で勝手に増えていきそうだけど。

スポンサーサイト

テーマ: ☆水槽の中☆
ジャンル: ペット

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。