ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お尻とマラソンとAYUTRICA

DATE: 2009. 04. 06 CATEGORY: 騒楽・奏楽
ども、『..:・* 多彩な水玉 *・:..』さまで紹介されていた 「Ende der Träumerei (エンデ・デア・トロイメライ)」を聴いて、AYUTRICA がお気に入りなライ麦狼です。

粗雑な例え方をすれば、「サンホラっぽい」って事になるのですが・・・、野暮は承知で分類するなら、サンホラがオペラティック・メタルよりならば、AYUTRICAはどちらかといえばシンフォニック・メタルというのでしょうか? ちょいと洋楽というか、Delainとかも聴いてる人ならピンとくるのではないかと。
いや、もちろんこの手の分類が、ひどく滑稽な事は判っておりますが、「似ている=パクリ」みたいな批判をされる人も居るので、そこんところを警戒しての表現です、はい。

で、やはり最初の印象は、ボーカルの星魚有香(ほしおゆか)さんの声。なかなか蠱惑的です♪。それが高音域で、踊るようにはためく量感は、もう逸品ですよ。
もしかしたら、コブシを効かした演歌もいけそうですかね?
あと曲の譜面的なポイントだけでなく、演出や音源にも気になりました。音楽担当のハティスマさんの腕なのか、どことなく舞台音響っぽい感じがします。
上手く言えませんが、サンホラがオペラないしはドラマCDとしての演出なのに対して、ライブや舞台の演出をそのまま曲にした感じ・・・という具合でしょうか?

う~ん、やはり聴いて頂くのが1番ですかね。
兎に角、ライ麦狼としては、AYUTRICAに注目ですし、それを紹介されていた『..:・* 多彩な水玉 *・:..』さまにも注目なのです


で、本題。
ハーフマラソンに初挑戦したライ麦狼ですが、何とか2時間を切りまして、1時間57分代で完走できました。
具体的な順位・タイムはひかえますが、真ん中くらいの成績です。
いや~、ライ麦狼本人も完走できるか不安でしたが、意外と走れるもんですね。
・・・後半16kmからガタガタでしたが。

そのガタガタな理由は2つありまして、1つは前半にトバしすぎました。
どのくらいトバしていたかというと、10km地点でのタイムが、10km走としての自己ベストだったりします。
10km/46分って、明らかにペース配分していません。
21km走るのに、10km走る時よりタイムがよくてどうするのでしょう?
でも仕方ないのですよ。今回ライ麦狼は、上から下までレッズな格好で参戦。そんな状況で、目の前に上から下までアルディージャな格好な人がいたら、浦和系埼玉県民の闘争本能に火が着くじゃないですか。しかも相手もノってきました。
結果、無駄にデットヒートを繰り広げて二人そろって前半で消耗。それでも12kmあたりで大分差を広げて勝つことができました。

けど16kmからは問題発生。
膝が動かないんです。詳しくいうと、膝の稼動範囲が狭くなってきたんです。それが2つ目の理由です。
確かに疲労も溜まっています。膝に若干の痛みもあります。けど疲れたから・痛いから動かせないのではなく、稼動範囲が狭くなったように、動かせる範囲が狭まっきたのです。
初めての体験で対処のしようもなく、完全にペースダウン。アルディージャな人にも追い越され、どんどん後続にも抜かれていきました。
どーにか追いつこうと、セクシーなお尻の人の後を、ハァハァ追いかけるようにしましたが、ペースは上がらず、1時間57分代の結果になりました。


にしても、よくマラソンで聞かれる「自分との闘い」なんてモノは、これっぽっちもありませんでしたね。
スポンサーサイト

テーマ: マラソン
ジャンル: スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。