ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミサイルじゃないから恥ずかしくないもん!(←人工衛星です)

DATE: 2009. 03. 29 CATEGORY: 騒楽・奏楽
ども、テポドン発射の影響で、埼玉県警OBの人と北海道警の現職の人を、群馬県の某温泉地まで送迎するという、詳しい内容は聴かないでもらいたいし、実はスゲー面倒臭いイベントが、お流れになったライ麦狼です。

「いや~、地味に忙しくてメンバー集まらないし、今回は自粛しようってね~」

とのコメントを頂いてますが、どんなメンバーがどんな関係で忙しいのか・・・ついぞ聴きそびれています。

何というか、ちょっぴりテポドンに感謝してます♪。
あと他に感謝する点というと、”有事”の際は色々と見極められるもので、国内外の政治家・団体の色分けや素顔、実力などが、素人のライ麦狼でも解りやすい状況ですね。
そーいった点では、ありがたいですし、そーいった点を見越して、国内の情報を調整していたりするんですかね?

しかしまぁ、「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」(←ズボンです。)と同じく、「ミサイルじゃないから恥ずかしくないもん!」(←人工衛星です。)というのは、北さんも職人芸じみた外交カードを切ってきますね。
「瀬戸際外交」などと揶揄しますが・・・、あの外交手腕はなかなかのお手前ですよ。
方向性にかなり問題がありますが・・・・・・

ともあれ、こーゆーニュースを聞くと、まんがサイエンスの2巻が読みたくなった

で本題。


『紅花染唄~創作民謡小唄集~』
(ウチナキレコード)



ウチナキレコードさんのMUSIC COMMUNICATION新作をご紹介。
コンセプトは「日本の民謡」という事です。
クロスフェードを試聴してパっと浮かぶのは、なんとなく「”姫神”っぽい」 という感想。
シンセ×生楽器×ゆったりコーラスという雰囲気は、ついつい脊髄反射で連想しちまいます。
これで重音の効いた太鼓が加わり、神社や仏閣、自然の中で野音なんてしたら、正にそれです。
でも決して、「 ”姫神”とどことなく似ている?=贋作・劣化コピー 」と、捻じ曲げて捕らえないで下さいw。
逆側から言えば、土着の音楽というモノが源流にあって、共にソコから語り継がれ派生した作品であり、我々が”土着の音楽”として、親しみを感じる曲という事だと思うんです。



あともう1つ共通していると思う事があります。
それは、土着の音楽から”恐怖”というものを濾過している点です。
土着の音楽の中には、特に童謡などには怖い歌が混じっていたりします。
戒めのためなのか、単に歌い方なのか・・・、解釈の違いなのか・・・、後世にワザと付け加えただけなのか・・・、
それとも、怪談じみたアレンジと伝承を繰り返すうちに呪術的な力を帯びたのか・・・、ライ麦狼には判りませんが、
子供向けに語り継がれてきた割には、ちょっと怖い童謡などもあります。
そういったものが、この作品や姫神では濾過されている気がするのです。だから、似ていると思ったのかも?

まぁ、ジャケ絵からは 「平成20年産 あきたこまち」 を連想しました・・・・・・
C/Vは能登麻美子でお願いしたいですね~


スンマセン。<あともう1つ共通~>以後は、無理やり付け足しました。
・・・能登まみれな部分は、割愛して決行ですので。


スポンサーサイト

テーマ: 同人音楽
ジャンル: 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。