ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレ観てきちゃいました

DATE: 2009. 03. 14 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども、遅ればせながら先週の土曜日に走った記録は、5km/22分 くらいだったライ麦狼です。
1km/4分なんてペースは、ライ麦狼にはちとムリです(涙

で・・・アレ観て来ちゃいました。
アレですアレ。上映前だというのに、世界中から酷評(・・・むしろ、的確な評価?)が集中していて、
ある意味、「世界が1つになった作品」とも言えるアレです。

で、感想なのですが・・・・・・
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・前評判の通り、”別次元”として観てください。それもパラレルワールドや二次創作というのではなく、

山光輝の三國志恋姫†無双
天地人戦国ランス
クトゥルー神話デモンベイン
新撰組行殺☆新選組学園☆新撰組!

くらい別次元に考えてください。

でも”ジャンプ臭”がぷんぷんと漂うんですよ、ホント。何というか、映画化したかったのはドラゴンボールではなく、”ジャンプ臭”を映画化したかったのではないか? と思うくらい漂っています。
出来れば、

「主人公が敗北」→「過酷な修行」→「でもなかなか強くなれない」→「人助けをした時に、ふとヒントを得る」→
「そのヒントを頼りに、また修行しようとする」→「けど、修行が成功する前に敵が攻めてくる」→
「実戦の中で、まだ成功していない技に挑戦」→「1回失敗するけど、じわじわと効いている」→
「もう1つヒントに気が付き、再び技に挑戦」→「技成功・勝利」

な展開ですと、もっと”ジャンプ臭”が漂うと思うのですが・・・・・・、上映時間88分じゃ無理ですよね。


あとは戦闘シーン。
カメラワークと効果音・BGMは、もちっと派手でも良いと思いますし、
カンフー映画やベストキッドみたいなテイストが強く、どうしても違和感を感じてしまいます。
贅沢を言えば、広い空間を移動しつつの攻守の応酬、が見たかったです。役者も立ちを変えながら演じて、カメラもパンするのではなく、カメラ自体が移動しながら撮影して欲しかったです
こんな感じで↓、カメラくるくると。




でも初めのロープ上での戦闘は、「虫」と「スイカ」が、原作ぽくて無性に嬉しかったです。


というのが、ライ麦狼の大まかな感想です。
いや、細かく感想を述べ出しますと、口汚い言葉の羅列になりかねないので、控えさせていただきますが、
・・・・・・原作レイプここに極まり。1秒間に11回レベル
・・・・・・もはや、誰が被害者で誰が加害者なのか、それさえ解らなくなるくらいの惨劇。
・・・・・・映画終了後に、映画館内に漂う気まずい空気。見知らぬ客同士が苦笑い。

まぁ、こんな感じです。原作への想いとなると、映像技術部には遠く及びませんし、TMAにも劣ると判断します。


スポンサーサイト

テーマ: 実写版ドラゴンボール
ジャンル: 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。