ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海賊とタヌキ

DATE: 2009. 02. 15 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
どうも、冬場に女子高生がスカートの下にジャージ(膝丈)を穿く事にも寛容なくらい、リベラルなライ麦狼です。



右とか左とか、自民と民主とか、ニュース系スレのコメント欄を観るたびに、どーにも偏った罵りあいが気になるお年頃です、はい。
いや解ってますよ。コメント書いている人がみんな、主義主張を持っていたり、ちゃんと考えてから書き込んでいたり、物事を理解してから書いている・・・とは限らない事ぐらい。

”誰か”を罵りたいために、ネタと場所と反論があるから、娯楽として書き込んでいる人もいるって事を、解ってはいるつもりなのですが、
もちっと”伝えようとするスタイル”があっても良いんじゃないのかな?
と思うのですよ。その主張そのものにに賛同する、賛同しないは別にしまして。


で、ライ麦狼としては”伝えようとするスタイル”の1つとして、歌や物語を採用している人に、強く賛同いたします。


『マンガでわかるソマリア海賊問題(仮)』

マンガならば、民主党の岐阜選挙区選出の参議院幹事長の人にも、ご理解いただけてるんじゃないですかね~。
まりたんは意外と実用的ですからね、きっとこの集中連載を呼んでいただければ、次の参議選の時には
「自民は汚れたスキンだ、蛆虫以下だ」
「ファックしてやるのろまなメス豚ども、ぐずぐずするな選挙が終っちまうぞ、ケツを出せ」
と有権者に号令を出していることでしょう。とっても楽しみです♪


・・・というか、民主党の外交感覚ってあるのか、すごく心配です。
だって、政権交代とか言っているトップの人が、同盟国(インドもアメリカも同盟国です)の要人との会談を、キャンセルするのが趣味なんだもん・・・
属国の野党党首が、宗主国の国務長官との会談断るって・・・、歴史で時々見かける、会談を蹴ったり強きに出たりする”布石”の類なら良いですが、違ったら嫌ですよ。





もしかしたら、ドコの政党も地方議員なんて、日本と世界が別の場所にあるような錯覚をしていて、中央と地方の構図しか頭に無いのかもしれません。

ケーキの切り分け方ばかりに御執心で、

”もう1つケーキを作る”
”新しいタイプのケーキを作る”
”ケーキを作る材料を、他国との奪い合い・話合いで確保する”

と言った感覚が一切ない。
繰り広げられるのは、

「てめー、その切り方じゃ俺の方が少ないじゃねーか」
「なってませんね。ナイフを貸してください。17分割してみせますよ」
「ふふ、苺はこっそり隠しちゃいますの」
「セロファンにくっついたトコも無駄なく舐めてだな・・・。良いだろ僕は上のクリームだけ食べたって、お前なんかマジパン喰ってろ」
「切ってから不満言っても遅いんだよ。だからこれを喰え」
「くはぅ、だ、誰だッ!! クリームにワサビ混ぜた奴っ!!」

と言った具合のバトルロイヤル・・・・・・なら、まだマシなんでしょうね。
ケーキを切る役、もしくはそのバトルロイヤル構造で利権を得ている輩だった時には、もうタチが悪すぎますね。ケーキを行き渡らせるつもりなんて無いんですから・・・・・・

そんな訳でライ麦狼は、”ケーキの材料”の1つでもある「資源」をブン取って来る議員を、応援したいのですよ。
主義主張としては、下記の作品に出てくる「柳田さん」と同意見ですかね~


自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

いや、最高ですよこの作品。主義主張とかちょっぴり入った毒とか、そーゆーとこもナイスですが、「究極超人あ~る」なんてキーワードが出たりするもんだから、

火浦巧が、”何かの間違いで少し真面目になった”くらいのギャグテイスト」と称したい気分になっちまうのですよ。

もちろん、異世界×リアル×自衛隊という世界観は、今まで多くの作品で描かれていますし、自衛隊がチートぽかったりしますが、SS投稿サイトのフリー作品でこの意気込み、こいつはもうヌレちゃうくらいキますね。



で音楽でも1つご紹介。



K'naan/ケイナーン


1978年生まれ、ソマリアはモガディシオ出身のケイナーンは、移民としてアメリカにわたった父親から送られてくるCDを通じてヒップホップに触れ、ラップを始めたという。90年代前半にカナダに移住、そこでプロモーターのソール・ガイ(Sol Guy)が出会ったことから外部に露出するようになり、同じくアフリカの有名ミュージシャンであるユッスー・ンドゥール(Youssou N'Dour)のアルバムに参加するなどしてキャリアを積む。

と言った人で、日本ではあまり見かけない・・・というか、関東平野のど真ん中ではCD屋では見かけない人。田舎だからか・・・でも時々、FMラジオでは耳にするんですけどね。
ともあれ、ソマリア出身のアーティストで、ソマリ語で「旅人」という意味の名前。
彼の叔母さんも、かなり有名な音楽家らしいです。
ライ麦狼の説明なんかよりも、曲の方をぜひどうぞ♪




こんな具合に、ネットや議員の意見にも、”伝いようとするスタイル”がほしいな~ と思うライ麦狼なのです。

まぁ、ソマリア沖への派遣は、概ね賛成ですし、どの道後手で逃げ場は無いのも承知してます。
ですが、「明確な勝利条件の無い軍事行動」って点で嫌なんですよね。
・・・反対はしないけど・・・・・・
ずっと海上に居座るのも問題だし・・・、下手に陸地まで手を出す訳にもいかないし・・・


もうソマリアを含むあの地域には、戦略論なんて新兵に渡される軍事教本に載ってるような、小奇麗なセンテンスなんて転がってませんし、
胸の前で十字架きろうが、アッラーアクバルと叫ぼうが、神の救いの代わりに錆びた砲弾が飛んでくる事くらい判ってはいても、ネットゲームのBOTじゃないんですから、突かなくともヤブから湧き出てくる”蛇”を、永遠に狩り続けるなんて出来っこありません。


もしかしたら民主党は、そこいらへんを解っていてタヌキを演じているのでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル: 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。