ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解決はしなくとも・・・・・・

DATE: 2009. 01. 19 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども、 AmazonのPanasonic ソイエ(シェーバーヘッド付)のページで、「この商品を買った人はこんな商品も買っています」の欄に、『オンナノコになりたい!コスプレ編』があるという事実に、スゲー驚愕したライ麦狼です。
どーやらソイエは、そのギョーカイからも熱い支持があるらしいです。みなさん使ってらっしゃるんだ・・・
・・・と、同時にAmazonがちょっと怖いです。

で、本題。

ライ麦狼「一部の人に、メール一斉送信でご迷惑というか、連絡というか、助けてくださいな具合でした、
     ネコの件ですが、無事解決・・・というか妥協案が可決&実行されました」
ライ麦娘「ああ貴方が、数匹のネコを四日四晩かけて串焼きにするタガルムという儀式を行い、
     ビッグイヤーとか言う、ケット・シーだか火星ネコだかを召喚しようされていた件ですね」
ライ麦狼「違うって、そんな動物愛護法違反なことしないって。っーかオカルトなネタを引っ張らないでよ」



ライ麦娘「では、"交通事故で跳ねられたネコを助けた"というウソ臭いお話ですか?」
ライ麦狼「ウソじゃないって、本当に助けたんだよ・・・・・・・・・たぶん、だけど」
ライ麦娘「???  たぶん、とはいったいどういうことですか?」



ライ麦狼「うん、運転中に渋滞に巻き込まれたんだ。片側1車線だけど、普通渋滞する場所じゃないのに
     事故かと思ったら・・・まぁ事故といえば事故だけど、被害者はネコだったんだよ」
ライ麦娘「・・・で、犬科としては助けようと行動を?」
ライ麦狼「・・・いや、正直そんな気は一切なかった・・・ぶっちゃけ

     『邪魔な "死体" だな。後続車の迷惑だから歩道に避けとくか、大きい袋もあるし』

     って事で、会社帰りにコイン精米機で精米して来た所なんで、空の米袋があったから、こう、
     "死体"の下に差し込む感じに回収したら・・・・・・まだ生きてたんだよ」
ライ麦娘「コイン精米機とは・・・、地元駅に新幹線が停まるとはいえ、やはり田舎ですね。
      まぁ玄米で買って、食べる分を精米したほうが美味しいですが・・・」
ライ麦狼「そんな中途半端な田舎だからかな? 
     死体じゃなかったんで、ライ麦狼がどうしたら良いか判らなくて、はわわ~ってしてたら、
     付近住民の方々が集まってきて、
    
     『あんたエラいね。うん○○○動物病院ならまだやってる時間だから、早く連れていきな』
     『違うよ×××動物病院の方が近いよ。アタシがナビするから、ほら車だしなさい』

     と、気が付けば動物病院で処置してもらっていました」

ライ麦娘「で、めでたしめでたしと言う設定ですか?」
ライ麦狼「せ、設定って・・・実話だよコレ。あとむしろその後が問題なんだって、助けたは良いけど・・・
     ・・・首輪していないネコの治療費やその後の扱いをどうするの? って点でさ」
ライ麦娘「首輪・・・無いという事は野良ネコですよね? しない飼い主もいますが・・・少数ですよね」
ライ麦狼「処置後数日は入院させたほうが良いという病院と、入院費までは困るライ麦狼&付近住民。
     いろいろ話し合った結果・・・何故か、ライ麦狼が入院に相当する面倒を数日ほど見て、
     その間に付近住民の方々は飼い主or里親探しをしてくれて、
     病院からはゲージとトイレシート、入院用のエサと湯たんぽを無償で貸し出してもらえる事に」
ライ麦娘「でも確か貴方のお父様は、ペルシャネコと葉巻が似合うマフィアのボスっぽい見た目ですが、
     実はネコがお嫌いだったと覚えていますが、大丈夫でしたか?」
ライ麦狼「まったくもってダメだった。それも、今までネコ嫌いで通してきたんで家族も気付かなかったけど、
     今回の件でネコアレルギーと判明しちゃったんだよ。・・・もう打つ手無し」



ライ麦狼「付近住民の方々も、飼える状況じゃないらしいし、飼い主も里親も見つからなくて・・・
     みんな怪我した野良ネコは可哀想だけど、自分が飼うかと訊かれたら躊躇しちゃうからね・・・」
ライ麦娘「怪我の具合はどうなのですか?」
ライ麦狼「なんとも・・・後ろ足びっこ引いてるけど、試しにフェンスで囲われた場所で放してみたんだよ、
     そしたら逃げ出すくらいには走れたよ。でも手負いの野良ネコが、この冬を越せるか・・・・・・」



ライ麦狼「精神面でケッコーつらいんだよね。この行動の意味ってなんなのか? とかね。

     野良ネコなんか助けて、良い人を演じたいだけじゃないのか?
     自分の意思じゃなくて、状況に流されて助けただけじゃないのか?
     助けておきながら、死ぬかもしれない状況に投げ込んで、何がしたいんだ?
     命を数日引き伸ばしただけで、助けていないのではないか?
     少しでも長く生きることが、本当に幸せか?
     プラスマイナスゼロなんて逃げ道は無い、獣医の処置を無駄にするマイナス行為では?
     自分はネコ1匹救えない無力な存在、その発想・行動は子供と何も違わないのでは?
     そもそも野良ネコを増やすような行為が問題で、保健所に連れて行くべきでは?
     手負いで真冬に放り出される苦しみよりも、保健所で安楽死の方が・・・?
     安楽死など、それこそ獣医の処置を無駄にする行為ではないか?
     親に迷惑のかからない屋外での半通いネコとして飼うべきか?
     etcetc・・・

     と、延々と自問自答だよ。少なくとも自己満足ではなく、自己嫌悪なのは間違いないね」
ライ麦娘「で、自問自答は結構ですが、結果はどうなったのですか?
     証明の出来ない問いには、主観的な肯定よりも、物理的な行動を持って答える。
     それが貴方の持論ではなかったのですか?」
ライ麦狼「うん、付近住民と話し合って、事故現場付近に放してやったんだよ。
     "付近住民公認の野良ネコ"として、見かけたらエサをやっても良いって事で。
     そうすれば、野良ネコを増やす行為も問題ないし、エサの心配もないかもしれない とね」
ライ麦娘「・・・なるほど、・・・でもそれはすごく曖昧な状況ですね。だから解決ではなく、妥協案ですか」
     


ライ麦狼「確立なんて出せないけど、今まで生息していたテリトリーで、多少のサポートがあれば、
     不慣れな土地で生きたり、サポート無しで生きたりするより、生存率は高いかな? と」
ライ麦娘「そうですか・・・・・・・・・・・・
     えーと、これは不謹慎なのは解りつつも、貴方を元気づけようとしての発言なのですが、
     仮にそのネコが死んだとしても、貴方を恨んではいない筈ですよ。むしろこのシチュエーションは、
     日本のエロマンガの古典芸能的なシチュエーションのフラグがたったと思いますよ」
ライ麦狼「・・・あー、やっぱりそーくるか・・・、実は動物恩返しモノは苦手なんだよね・・・・・・」
ライ麦娘「それは意外ですね。
     
     『大学の説明会で、自分の貰った資料のセットに冊子が1冊抜けていて隣の人に見せてもらったら、
     入学してびっくり、同じ学部で同じ学科で、帰る方向まで同じ状況で再会』や、
     『出先の駅で、貧血で倒れた人に応急処置&駅員呼んだりしたら、実は高校の後輩だった』や、
     『飲み会でつぶれて(つぶされて?)記憶が曖昧だけど、会社の先輩に送ってもらい、
     送り狼ならぬ送られ狼と化したらしくて、その流れで』など、

     それどこのエロゲ? 通り越し少女マンガどころか、BL小説でもベタ過ぎて見かけないフラグを、
     本当にたてやがった貴方なのですから、この位ありかと思ったのですが。
     ・・・でも、こんなフラグ立てておいて、どうして全部、長続きしないのでしょうかね? ふふ」

ライ麦狼「 "ふふ" じゃねぇよ "ふふ" じゃっ!! うっさいなぁ、いろいろあったんだよっ!!」







という事で、過ぎ去った過去や今回の行動を、ぐだぐたと後悔しているライ麦狼です。
あ~正直、胃が痛いです。
スポンサーサイト

テーマ: ねこ大好き
ジャンル: ペット

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。