ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学と魔術のエピソード

DATE: 2008. 11. 25 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども、理系の人々にはまっているライ麦狼です。

いや~、"お遊び感覚ならば"この手の分類モノ好きなんですが、この「理系・文系」モノは、具体的なエピソードが、ライ麦狼の実体験とぴたりと当てはまるだけに、もう快感を感じるくらい格別ですの。
いや~、やっぱりライ麦狼って理系ですね~♪


一方で、「私ドMなのぉ~」「実はドSでねぇ」とかいう系統は、ちと考えちゃいますね。
飲み会で女の子が行き成り言ったら、男の人って困りませんかね?
もしライ麦狼が男の人だったら、かなり困りますよ。いやホント。

だって具体的に、鼻フックやテグスが良いとか、お外で目隠し露出が良いとか、どの縛り方が1番好きとか、得意分野やエピソードを言ってくれないと、プレイしづらいじゃないですかっ!!
そんな、隠された素質を一発で見抜くほどの経験なんて、そうそう積んでませんよ。
だからMとかSとか言い出すならば、好みのグッズのメーカーまでとは言いませんが、具体的なエピソードをつけてくださいよ、といいたいのです。


あと、分類モノの代名詞とも言える「血液型占い」。あれを、"科学的"とか言い出すのは、嫌い、を通り越し許さないレベルですね。
たとえ"お遊び感覚"であろうとも、目の前で言い出しやがった人には、血液型を決める赤血球表面の糖鎖(抗原決定基)の構造式を、炭素水素も省略しないで書いていただきたいです。
その上で各血液型による違いを、具体的に指でさし示して説明して頂きたいです。
"科学"と言い張るならば、それくらいしてくださいな。


だってあれは"魔術"なんですから。それも飛び切り上等な黒魔術です。
ライ麦狼みたいな素人が刻むルーンやお守り、閨房術、もしくは略式化された式典魔術。
そんなものとは比べ物にならない規模の魔術です。

考えてみてください。"分類する"という儀式において、自らもしくは相手の血液を擬似的な生贄に捧げて、運命に介入したり、思考の操作までやってのけるんですよ。
明らかに黒魔術ですよ。それも個人ではなく教団規模の強大な術式です。

恐ろしいのはその発動形態です。場所や時間に関係なく発動する・・・いいえ、発動し続ける感染魔術だという事です。
なにしろ「A型は○○だ」という"教義"や"概念"を媒介に、人から人へ呪術的な感染が拡大していくのです。
また感染者が多く集まる場所では、その影響は空間そのものにも及び、空間に文字情報が書き込まれてしまうんですよ。
だから非感染者が異論を発言しようものなら、「空気読め」と、指摘をうけるんです。

他の魔術と大きく違う点は、その魔道書です。
一般の書店で平積みされるばかりか、公共の電波に乗っちゃったりしているんですよ。ネクロノミコンやソロモンの鍵だって、ここまで大規模展開してませんよ。
聖書に及ばずとも、良い勝負はしているはずですよ、これ。
特に魔道書ごとの教義の違いについては、聖書よりも高い自己修整機能を保持しています。魔道書ごとの多少の違いなんて、"ありえたかもしれない可能性"的な可能性の雲に取り込み、誰も気にしなくしやがります。
分派や異端審問の起きてしまった聖書に比べ、これは凄まじい自己修整機能です。

こんなハイレベルな黒魔術を、"科学的"とか言い出すヤツは、ライ麦狼が許しませんっ!!

・・・・・・やっぱりライ麦狼は理系じゃないかも・・・
スポンサーサイト

テーマ: 日記
ジャンル: アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

とはいえ科学もまた宗教のようなものとか、
高度な科学は魔法とかわらないとも言われてたりで
個人的には科学も魔術もそう変わらないのかなぁと考えてたりします。
・・・・・もっとも宗教やら魔術に関しては人の思惑とかも絡んでたりするので
根拠に乏しいかったり、一部の人に都合がいい部分が多いですけどね。

確かに科学も魔術も根っこのところは、「なんでだろう?」「ドキドキとワクワク」、で出来ていますからね
Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。