ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疲れた脳髄に音楽注入

DATE: 2008. 09. 14 CATEGORY: 騒楽・奏楽
ども、成田まで両親送った帰りに、新宿で『空の境界』のモーニングショー観て来たライ麦狼です。

具体的には、

前日 午後11時
ほぼ1日を使って、旅行の最終準備の手伝い。
当日 午前4時
朝一番の便に乗るために、車で成田空港へ出発。電車でもいい気がするのだが・・・
当日 午前6時
成田空港到着。このド田舎のどこが新しい東京なのだろう・・・
当日 午前7時半
神田の駐車場に車を駐めて、電車にて新宿へ。ほとんど時刻表トリック?
当日 午前8時50分
テアトル新宿にて『空の境界』のモーニングショー。次回予告とロケットペンシルに戦慄を覚えました。
当日 午前11時~12時30分
新宿・秋葉原・神田でお買い物。都内でないと入手できないものって多いです。
当日 午後2時~5時
隣街のもうひとつ隣街で友達と買い物&お茶。ミントティうま~
当日 午後6時~10時
地元で友達と呑み。久し振りに日本酒も悪くない

な休日の過ごし方をしているのですが、・・・体力持たないよ、歳かな~(涙
今回はそんな疲れた時に聴きたい同人音楽をご紹介。ってか運転中にずーっと聴きっぱなしだった作品です。

アニソンリコーダー Vol.1
(ライネ・ムジーク 中雑魚酒菜)


紙ジャケがなんとも可愛らしくて、イラスト左下のレナみたいにしたくなっちゃうイラストです。
・・・何故かこなたのパンツが、ずば抜けて詳細に描かれていたりしますが・・・・・・
で、中身のほうは、
『アニソンと言えばこれ!と言う定番曲から、リコーダーで吹くならこれでしょ!というマイナーな物まで集めて一枚のCDにしました』
という謳い文句に恥じないラインナップ。
何しろトラック1が「雪、無音、窓辺にて」って、行き成り長門でございますかっ? OP曲とかじゃなくて、キャラソン・・・
その後もトラック2が「かえして!ニーソックス」・・・・・・もってけじゃないのね。カップリング曲をもってくるのね・・・
そんな感じで、選び抜かれた楽曲が並んでおります。

その中でライ麦狼がオススメするのは、トラック7の「Lost my music (お気楽ミックス)」です。
ジャケットの解説では、『ひたすらへたっぴなウクレレが進行していく何ともまとまりのない作品。―――』とあるのですが、
ウクレレぜんぜんへたっぴじゃないですよ。
なんといいますかプロっぽくないのが、とっても魅力的なほのぼのサウンド。
ドライブ中に聴いていると、フルオートで遠足気分に ―― しかも演出はきっとクレイアニメ ―― なっちゃう一曲なんです。

Lost my music で ”ほのぼの”とか”遠足気分”って、いったい何やねんっ!!

と、PHOENIX ProjectさんのMechanized Emotionあたりの、硬派なアレンジを聴いている人からツッコミが来そうですが、いやホントにほのぼのしているんですよ。

だから疲れている時に、なんとなく良いんです。
こう、行くぜガツンとニトロ注入っ!! と言うのではなく、ソーラーパネルと一緒に日向ぼっこ♪♪ とい感じでしょうか? 
ほんわか元気になっちゃうので、もし聴ける人き聴いてくださいな。


あと、2008/9/9日記で書かれていらっしゃる
 『アニメ版狼と香辛料の四話を見て言語学的な考察。』
なのですが、ライ麦狼なんて名前を名乗っている身としましては、ちょいと考察したくなってしまいます。

中雑魚酒菜さんは、ギリシャ神話の豊作の神をアストライアとされていますが、たぶんデメテルまたはペルセポネだと、ライ麦狼は推測します。
理由は、狼と香辛料や欧州の穀物狼の逸話と繋がりがある物語「金枝篇」に記載されているのは、母娘の女神デメテルとペルセポネだからです。
まぁそこらへんは、こちら「初版金枝篇 第三章 第八節 デメテルとプロセルピナ」「神殺し - 初版金枝篇まとめ⑤」を読んでいただければ解るとおり、土着信仰の上に後からギリシャ神話がかぶさっているので、俊粋な穀物霊・穀物狼の伝承となると、”蛮人”の神話を解かねばならないでしょう。
あ、キリスト教の逸話もかぶさっていそうで、もっと難しいかな?

”蛮人”の神話+ギリシャ神話キリスト教の逸話+地元のローカル伝承

といったところでしょうか?
現在の呼び名であるコルンムッター、もしくはその使いのコルンウォルフの、個人名がホロとなるにしても、北方から来た狼(ある意味客人だしね)が穀物霊として奉じられ信仰の対象となる。
金枝篇に描かれるポイントは押さえている通り、名前も何か所縁があるのかもしれません。

・・・・・・・違ったらゴメンなさい。





スポンサーサイト

テーマ: 同人音楽
ジャンル: 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。