ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の受験生日記

DATE: 2006. 06. 28 CATEGORY: 甲種日記
二十歳過ぎた奴が、随分と身勝手なタイトルをつけましたが、まぁウソではないはずです。
9/2の危険物取扱者(甲種)試験を受験しようと考えた訳ですから、ウソじゃないでしょ。
ちなみに突然思いついた訳ではなく、前々から取得しようとぼんやり思っていたのですが、ここにきて色々ありまして「決意」した訳です。


理由を挙げれば、かつてROでギルメンとしてお世話になっていた方が大学受験に挑んでいますし、(あんまり勉強している様に思えないけど・・・) 他にもこのブログの訪問者さんのブログを見ていたら、やはり受験生がいるみたいだということ、
あとは、とある教室で知り合った方は、サン・パウロに文学修行に旅だって行ったこと(何故ブラジル?しかもレスリング道場・・・)
その他にもありまして(主に経済的理由と、今の業界にきな臭い動きが・・・)、


ということで、ああ、皆頑張ってるんだなぁ~(・・・頑張っている方向性が謎な人もいますが)とい思いまして「決意」しました。

そんな甲種受験奮闘記でも、ブログにアップしていこうかなと企画しました。
で今回は、そもそも『危険物取扱者』って何? て方が多いでしょうから、それの説明にします。


残念ながら、国家錬金術師とか化学練成系呪式師とは違います。
一言で言えば、『火災を事故を防ぐための人』といった感じです。

国家錬金術師や化学練成系呪式師が、『難しい名前の危険物を扱える、とってもケミカルで特殊な人』というイメージなら、
危険物取扱者は『危険物の性質と法律を把握し、現場責任者になれる、仕事場にいると便利な人』とイメージしてください。

しかも”危険物”と言ってもあくまで消防法上のお話で、強酸強アルカリも毒物劇物も、発ガン物質だろうが放射性物質だろうが、火事の心配が無いなら”危険物”にはなりません。
更にあろう事か、液体と固体に関してのみで、気体になっている酸素や水素、各種ガスは関知していないのです・・・・・・まさにお役所な区分です。

個人が危険物を使用する分には、危険物取扱の資格は要らないはずです。例として身近な危険物で、”灯油”をストーブに給油するのに資格は要りません。
ただ、規定された量より多い量を貯蔵したり、危険物で商売するときは、安全と責任者を明確にするために、危険物取扱者が必要になります。

以上が危険物取扱者の説明・・・であってると思います(汗 
こんな感じて、資格の内容や受験の進み具合をアップしていくつもりです。よかったらチョクチョク覗いてください。
・・・・・・これで9月にオチたらどうしよう・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

>>あんまり勉強している様に思えないけど・・・)
|ω・`)バレテル…
そろそろ本気でやらないとマズい時期になってきました。
もしくは既に手遅れ。
俺みたいにはならないよう頑張って下さいね(ぇ

追記-ぺっといーたー前編の「首が変な方向に!」
のところが2重になっていることを報告しときます。
板に投稿された時よりも完成度(ネタ度)が上がってて、
より面白かったですよw

はわわ TwT
「ナムック」 に続いて重複までやらかすとは・・・、相変わらずな素ボケで申し訳ないです。
急いで修正いたしました・・・まだどっかにミスが転がっていそう(汗

ご指摘とコメント、ありがとうです。そえさんに感謝
Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。