ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5680枚目

DATE: 2008. 06. 02 CATEGORY: 騒楽・奏楽
ども軍曹喫茶に行ってみたかったライ麦狼です。
・・・・・ スゲーです「お客様はファッキング・ニュー・ガイ(新兵)です」ってノリで、マリンコ(海兵)仕込みの体罰愛の鞭を振る空間。ぜひ今度は『コンビニDMZ』とコラボしていただきたいです。


で、本日ライ麦狼は”夏毛”の調達に行ってきました。
”夏毛”ですよ”夏毛”。夏といったら、 ”夏毛” = アロハ でございます。

良いですよねアロハ。デザインもお値段も多種多様。チープもクラシックも自由自在な活動服です。
ああ、日本全域で沖縄や熱海みたいに、アロハを正装にするべきだと思うんですけどね~。
ライ麦狼は夏場はもっぱらアロハでして。多少寒かったらロングTシャツの上から重ね着にしています。

ちなみに今回は、関東一のアロハスポット上野にて調達です。ガラとしては、一枚絵タイプにしました。

英字新聞の上を、ハワイアンなピンナップがぺたぺたと埋め尽くす、ピクチャープリントモノも良かったのですが、昨年のモデルのためサイズがなく断念。
別に胸がきついから、とかじゃないですよ。どうせボタンなんて上の方留めないんですから、Sサイズでも胸元はきつくなく、着れない事は無いのですが、袖が下に着るTシャツよりも短かったのです。
・・・素肌にアロハで攻めるなら問題ないですが、ちと汎用性で難がありますよね。

・・・その瞬間、裸Yシャツならぬ裸アロハってのもありかな? と、ふと思ったりしました。
ブカブカのアロハシャツ1枚の女のコ。
ボタンを留めず開いた胸元と、ずり落ちかけた肩、ってシチュも良し
Yシャツと違って裾が平らだから、ひっぱらないと見えちゃうアングル、ってシチュも良し
気弱そうなコと、虎や龍などチンピラっぽいガラの組み合わせ、ってシチュも良し

・・・
・・・・・・やっぱアロハ最高ですねっ!!


で、本題。

「星に願いを…~あなたは空を見上げてますか~」(全国路上、7000枚の旅)

シンガーソングライター、伊吹唯さんの企画です。
半年間にストリートライブを全国各地で行い、 4thシングル「星に願いを…~あなたは空を見上げてますか?~」 を7000枚”売る”というものです。
丁度本日が最終日だったみたいで、フブログを見ると計5800枚達成との事です。
7000枚では無いですが、すごい事だと思います。上記の軍曹喫茶より凄いはずです。

ライ麦狼が勝手に、”売る”とくくった理由は、商売っ気の話ではなく、ハードルを高い所に持って言っているな、と感じたからなんです。

路上ライブをたまたま見かけて、足を止めて曲を聴く。・・・それは偶然さえ重なれば、誰にでもあることなのかもしれません。
曲を聴き終わるまでそこにいるか? CD販売のタイミングに居合わせるか? そしてCDを買おうと思うか? 
それは重なった偶然の上に、演奏者・歌い手の実力(楽曲だけでなく演出とかも含みます)と、もともと買い物をする気のなかった通りすがりの人の、その日の気分や趣味と都合までもが重なるんじゃないでしょうか。
そんな高いハードルをやってしまおうとした伊吹さん。その姿にライ麦狼はすごいと思いました。

もちろん歌も惹かれるモノがあり、特に『星に願いを』の前半の歌詞には、興味を覚えた、何てものじゃなく「意識の胸倉を掴まれた」、というくらい惹かれるモノがありました。

たまたま歩いていた上野駅近く、落ち着いたような、悲しいような、満たされたような、そんな曲にのせ、

『 人の夢がひとつ叶うと 夜空の星はひとつきえてく 
      そしていつしか忘れてゆく それでも私はここにいる 』

というフレーズが聞こえてきます。
え、夢が適うと星が消えるの? 何で忘れちゃうの、夢が叶って嬉しい事のはずじゃないの?  この疑問にライ麦狼はヤられました。
一撃ですよ直撃ですよ。魔法防御無視してブチ込まれたくらいにクリティカルですよ。
こんなのくらったのは、ゆいこさん以来ですね。それも曲や歌というより、一片の歌詞にヤられた感じです。
その後はライブが終るまで耳を傾け、一通り聴かせていただきました。

もちろん、ジャケ買いとかその場のノリとかではなく、1ファンとして5680枚目のCDを購入です。

『星に願いを』の中で歌われる ”ひとの夢” ”星” ”わたし” は何を意味しているのか。
聴く度に、疑問の答えは様々に形を変えていく気がします。答えなんて無いのかも知れません。
ですが、夜空を見上げているのか、それとも夜空から見下ろしているのか、それさえも解らなくなるような、ミステリアスで寂しさと想いの漂う世界は、本当に惹かれねモノがありました。
スポンサーサイト

テーマ: 音楽のある生活
ジャンル: 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。