ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュール・ベルヌの末裔とパラケルススの末裔

DATE: 2008. 04. 12 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども、野暮用で銀座に出かけたら、途中の交差点で若い右翼が騒いでいたので、中指立ててきたライ麦狼です。
駅前でアジってるならまだしも、渋滞気味(都心部ならよくあるレベル)の交差点で、左折車両相手にバカ声張り上げていたので、つい立てちゃいました。
「てめー、誰にむかってファックしてんだゴラ」 みたいな可愛らしい事言ってましたが、あれに投石とかしたら、言論の自由の侵害になっちゃうんでしょうかね?

ともあれ本日4/12は、『世界宇宙飛行の日』でございます。
いいですね宇宙、ロマンですよっ、夢ですよっ、フロンティアですよっ!!。
もう、”宇宙”と書いて”ソラ”と読んじゃいますですよ~~っ♪
生物系出身の筈なのに、何故か大学の取得単位にロケット工学系がちらほら混じっているくらい、宇宙大好きです。
もちろん、プラネテスとかプラネタリアンとかまんがサイエンス2とか、水惑星物語とか大好きです。
そして一番好きなのは、航空学科でNASADを目指していたコが言った一言、『ま、私達はジュール・ベルヌの末裔だからね。上しか見てないのよ』・・・・・・ぐは、どっかで真似したいくらいカッコいい。

む~、ロケット工学が”ジュール・ベルヌの末裔”ってーと、対抗するならば、生物×化学のライ麦狼は、”パラケルススの末裔”って事でしょうか?



そんなパラケルススの末裔として気になるニュースは、

体細胞クローン牛 問われる安全性/食品安全委に評価諮問

色々なご意見があるとは思いますが、ライ麦狼は基本的にクローン牛推進派です。
どのくらい推進派かというと、大学時代に『牛丼博物館』計画なるモノを考えたくらい推進派です。

牛丼博物館・・・・・・明らかに、ラーメン博物館とかカレーミュージアムのパクリです。
もともとは学芸員課程のグループプレゼンが発端です。
ライ麦狼のいた班に、カレーミュージアムに行って来た奴がいて、悪ノリで提出しやがったのです。ですが当然、どーにか説得力をつけなければ、単位がもらえないという問題発生。
そこでライ麦狼が悪知恵を働かして一言、「使う牛をクローン牛にしたら、農水省や文科省から予算もらえないかな?」
・・・ここから牛丼博物館とは名ばかりの、クローン牛・遺伝子組み換え作物普及施設&公的予算ブン取りプランが動き出します。
プレゼン内容は博物館というより、期間限定のアミューズメントパークを税金で開こう、と言うモノ。
客足が落ちてくる頃を見越して、「充分普及に貢献した」と言い訳を用意して、コゲ付く前に撤退する、ってのがミソ。
プレゼンの後日、客員講師の県立博物館の人だけでなく、他の大学の人や県の人まで出てきて、面白くなって来たのですが、あくまで面白いだけで、実行には移りませんでした。
・・・・・・いけると思ったんですがね~。

真面目な話、普及を通して、体細胞にしても受精卵にしても、クローンに対する偏見や間違った知識を無くすことが重要なんだと思います。
もちろんクローンだけでなく、各種農業・生物技術全般が広がると良いと思います。なんつーか、ダッシュ村っぽく?
それでも、未だにクローンに幻想を抱いている人や、神様を振りかざして技術全般を否定する人が減ってくれる事は、特別重要だと思います。
先ずは正しい知識を。その後で議論だと思うんですけどね。

とりあえず”自然の摂理”という事では、クローンは細胞がもともと持っている能力を引き出しただけで、法律とか宗教とか、どこの誰がどんな人の事を言っているのか解らない ”一般の人”というカテゴライズ とかの方が、よっぽと自然の摂理とかけ離れているのに、と言いたいです。



と、ここまでが、”基本的”に推進の主張です。
で、ここからは、”応用と実践”では反対の主張です。

F1作物と同じで、クローン牛も商売として色々ダーティーになりそうな気がするから反対します。

一般の畜産農家や農場がクローン牛を飼育するとなると、自分でクローニングするのではなく、クローン技術をもつ農企業から仔牛を買う訳ですよね。
クローン牛 = 遺伝子が同じだけの牛  な訳で、良質の肉や牛乳をとる為には、その遺伝子の牛に最良の飼育が欠かせない、なんて事になったら・・・、
当然、仔牛をドナドナした農企業が、関連商品を独占して売り出してぼろ儲け・・・、になる気がしてなりません
そんな、クローン技術をもつ農企業だけが儲かる、クローン牛ビジネスが必要か? と疑問を持ちます。

一般の農家ではなく、ハイクオリティな牛を追求するような農場のみのお話、ってなら構わないんですがね。




スポンサーサイト

テーマ: 食に関するニュース
ジャンル: ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。