ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなんだっけ?

DATE: 2008. 04. 03 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ふと、東鳩ヶ谷団地(現在のコンフォール東鳩ヶ谷)を、地元で東鳩団地と呼んでいた事を思い出したライ麦狼です。

某所のネットラジオで、「タマ姉」の情報提供を募集していました。
東鳩2をプレイしたことのないライ麦狼は、何をおもったか、こんなモノを送信。



ああ、タマ姉ですか、今でも覚えてますよ。
確かこんな事がありましたっけ、

ふと見ると、タマ姉が部屋の戸を開けて立っていた。
何の要だろうと思ったら、いそいそとカーゴパンツのベルトを解いている。
「タマ姉? 」
ダボダボのカーゴパンツは、はらりと落ちた。
むき出しの素足は真っ白で、すらりと長い。どうしても目を背ける事が出来なかった。
思い出さないようにしていたのに、タマ姉との昨日の記憶が、僕の脳裏に鮮明によみがえってしまう。
「そのタカ坊・・・お願いがあるの」
タマ姉は僕に背を向け、壁に片手をつくと、もう片方の手で、お尻の上にかかっているシャツの裾を、めくって見せた。
むっちりとした太腿の裏には、うっすらと上気した筋肉の描く筋が浮かぶ。柔らかくも、タレることなく引き締まった丸いお尻が、ふるふると揺れてそこにある。
ほんのりと桜色のお尻の奥には、既に潤った・・・・・
「ごめん……まだ足りないみたいなの。だから・・・その、・・・昨日みたいに・・・ね」



とまぁ、相変わらずの駄文でございます。
こんなモノ、ひと様に送り付けて良かったのか、非常に不安を覚えるのですが、
一番の不安に思うのは、「タマ姉」ってこんな感じのキャラだっけ・・・、何か違うような気がする点だったりします。
スポンサーサイト

テーマ: 日記
ジャンル: 日記

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。