ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

象と鯨も同じなのかね?

DATE: 2008. 01. 20 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども、みかんは小粒のSSサイズが好きなライ麦狼です。
安いですし、味も濃いですし、皮剥いたら丸のまま食べられるので大好きですの♪
ライ麦狼の口では、LLサイズだと大きすぎです。 「ひっ!! こ…こんな大きいの無理。だって、あ、ダメ挿らなんぅ、いぁっ!!」ってくらい、口に入れるのはちょっぴり無理です。

ちなみに、袋についてる白いふさふさの部分。あれ冷え性に効くって事で、漢方とか薬膳で珍重されているので、冷え性の方はあれを煎じて飲んでくださいませ。


で今回は、パトレイバーに出てくる”地球防衛軍”みたいなヤンチャな反捕鯨団体について、何となくコメントいたします。

反捕鯨団体シー・シェパード、「悪臭弾」で捕鯨船を攻撃

薔薇乙女 シーシェパード

鯨を釣るつもりが外相を釣っていました



とまぁ、ニュースで報じられている通りなのです。

今回の抗議活動では、日本船が攻撃対象となっていますが、以前彼らは、ノルウェーの入江まで遠征して、地元の漁船にもコンクリート製追加装甲船で、ブチかましていらっしゃいす。
何ならいっそ船を、フローレンシア突撃艦風にでも改造したらいかがでございましょうw

個人的にライ麦狼は、誰かが責任をとるならば、過激な保護活動は時には必要だと思いますの。
ダム建設に反対して、村総出での反対活動”ダム戦争”を展開されたみたいにw

でも、強攻策や過激な活動だけで解決するはずもありませんわ。
『過激派がテロで揺さぶった問題を、穏健派が妥協案を出して解決する』って手法が効くならば、穏健派の団体にも頑張って頂き、鯨やイルカの問題が解決する事を願うばかりです。
なにしろ一番にどし難いのは、手段であるテロを目的とはき違え、”我々はコレだけのテロ行為をした”と自慢げにアピールする敗者どもですわ。
無駄な手数ばかり増やして、目的が達成できてない事を自覚もせずにいるバカモノ。
主義主張もなく活動資金を儲けたり、”トクイサキ”の依頼で動いているだけのニセモノ。
そのどちらかなのでしょうか?

で責任の取り方として、テロということで、”対日本政府への間接攻撃”というならば、オランダ・ハーグの国際刑事裁判所あたりで、戦犯として裁くのはいかがでは? と冗談交じりに思ってしまいますわ。民間人への攻撃なのですから。
それに、”捕虜”という言葉を使われるならば、ジュネーブ条約での扱いはどーなのでしょう?・・・締結国ではない、ただの団体ですから民兵扱いでしょうか?
”捕虜”はメンドクサイから、ただの海賊行為として日本で裁けば楽なのに




で、これらの事に関してライ麦狼は、『象と鯨を同じようにしたらどうか?』 と思うのです。


ジンバブエ、人間と象の衝突は不可避か?

アフリカゾウの死に方(増えすぎたゾウが死んでいく)

「間引く」は禁句か


と3の記事を参考資料にリンクいたしました。
(「アフリカゾウの死に方」に関する、管理された”間引き”は確か再開しているはずです。)
それらをふまえ、シーシェパードに要求させて頂きたいのは、以下の5点ですの。

1 現在、何種類・何頭の鯨がいるのか? はっきり調べろ。
2 何種類・何頭の鯨が保護可能なのか? はっきり調べろ。
3 鯨以外も一緒に保護しろ
4 各国の利害関係や、外交のカードになることを自覚・および公言しろ。
5 感情論やパフォーマンスだけでなく、技術開発にも資金を回せ。
6 お金の流れをはっきりと明朗会計に


1に関しては、多くの方にご理解いただけているようですが、2を考えていらっしゃらない方々が多い気がします。
1.2共に調べる側の推測や立場、感情がまぎれ込むのはいたし方ありませんが、複数の立場の団体に調べてもらいたいです。
そもそも保護という事は単に数を増やす事ではなく、人間が自然を管理する事だと判ってもらい、頭数管理や間引きに反感を抱いてほしくありません。
”神になったつもりか”という言葉も聴きますが、神や聖書を含んだ言葉でお返しするならば、
「進化と絶滅の実験を繰り返す唯一神(自称)に対して、現状維持や保護行為は、むしろ反抗しているだけだ。神ごときになりようもない」
「このガタがきた上に修理方法もまだ曖昧な”箱舟”に、あとどれだけの鯨を乗せて、どれだけの他の生き物を下ろすか決めてくれ」
と返させていただきたいですの。

3に関しては、”箱舟”でも触れた通りです。
鯨を保護しても、鯨のエサとなる生き物も保護しなければ意味が無いんです。
同時に、鯨と同じエサを食べる生き物も保護しなければなりませんの。『鯨を保護して、ペンギンが減りました』、何て事はゴメンなのですわ。
広い海を回遊する鯨に対して意味があるか解りませんが、特定の海域(例えば南極・北極周辺など)で鯨だけでなく、”一切の漁業・工業・観光”を禁止する行動や、そーゆー路線に話を持っていく行動をとって頂ければ幸いなのです。

4は政治のお話です。3で”一切の漁業・工業・観光”と触れたのは、特定の国や企業の手先となって水産資源・地下資源・観光資源の獲得競争に、参戦・支援されているようでは、環境保護と呼べない気もするからです。
まして場所が局地付近では、水産・地下資源の獲得競争が激しい場所。国や企業との健全な協力さえも、薄皮剥いたらどーなることやら・・・・・・。

5と6は真っ当な団体は多少は行っていることなのですが、真っ当でない団体がドコまでやっていらっしゃるか・・・、すげー不安でございます。
もらった資金をどんな活動に使っているかだけでなく、”何所に支払っているのか?” ”何所からもらった資金なのか?” まで公開していただきたいのです。
特にあの団体は各所で違法なことしているだけに、黒いお金が出入りしてそうで不安ですの。




とまぁ長々かきました。
読む方によっては、多少熱くなりそーな内容だったので、一部口調を変更して、できるだけ柔らかく書いたつもりです。(脳内キャラクターボイスも、お好みで変換してください)

1~6の要求など、もちろんの事、シーシェパードという1つの団体で全部できるはずもなく、国連も含んだ幾つもの団体や国・企業、それらの協力がなければ、絶対に成り立たない事柄ばかりです。
シーシェパードの代表が、グリーンピースから脱退・独立して活動したのも、過激な活動によるダメージがグリーンピースに及ばない点では、良かった点と思います。
前述の通り、穏健派の団体にも頑張って頂き、鯨やイルカの問題が解決する事を願います。


あとライ麦狼は、テロを正当化するつもりはありません。っーか、正当化なんて出来ないでしょ
テロは戦術である以上、どんなコトしようと勝てば正義で、それ以外(勝敗がまだ付いていない状態も含む)は悪なのですから。
勝敗に関与できない以上、”正当化”なんて出来ませんよ。

スポンサーサイト

テーマ: 環境問題
ジャンル: ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。