ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険とご一緒に、ホテルはいかがですか?

DATE: 2007. 12. 16 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
えー、突発性のロンドン旅行ですが、漸く滞在ホテルが決まりました。
(航空券だけ決まっていて、現地のホテルの予約をしていなかったのですよ。)
と言いましても、旅行保険に加入するついでに予約した具合です。
その雰囲気も、対応してくださった旅行会社のお姉さんの笑顔も、まんまマックで『お飲み物とご一緒に、ポテトはいかがですか?』のノリでした。
返答するライ麦狼も『じゃあMサイズで』なノリで、真ん中くらいを希望。

で決まりましたのが、『コンフォート・イン・ケンジントン
ロンドンのホテルのランク(☆0~5の5段階評価。☆が多いほうがランク上)でも、☆3の真ん中くらい。

場所はこんな感じです。

拡大地図を表示
近くに高級住宅地があるだけに、緑は多めでそんなに華やかって雰囲気でもなさそうです。
地下鉄のターミナル駅のアールズコートに近かったり、ウェスト・クロムウェルStに面していたりと、交通の便はよさげです。
そーいや東京も、外国人相手の旅館や小規模ホテルは、こんな感じの地域にありますね。

しかし問題が、ライ麦狼の目的である。大英博物館とは、ロンドンの市街地を挟んで、まるっきりの反対側。7~8kmくらいありますかね? 歩けば1時間20分くらいでしょうか?
極力交通機関を使わず、歩こうと考えていたのですが、・・・どうなるでしょうか博物館からの帰りは、地下鉄を使ったほうがよろしいのでしょうかね
スポンサーサイト

テーマ: 日記
ジャンル: 日記

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。