ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷ソウ

DATE: 2007. 08. 26 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
いやはや、夏コミ前あたりから放置なブログですが、個人的にまぁ~、これでもかと、色々思うところがありまして、
”迷想”というか”迷騒”というか”迷燥”というか、メイソウって感じでした。・・・残念ながら”瞑想”や”明奏”って訳には行きませんでした。

悩んでいる原因は幾つもあるのです、仕事にしろ、人生というか生き方にしろ、家族の事にしろ、いろいろです。
その1つに、「夏コミの結果と、”創作活動”との距離感」ってものがあります。まぁもともと、今では手慰み程度の”創作活動”ですが、ケッコー真剣に考えちゃったりするんです。
その手慰み程度の距離感だった故に、単純に肯定・否定と行かない感じなのです。


ともあれ今回の夏コミにて、ライ麦狼の書いた作品をお手に取っていただいた方々には、最大限の感謝をお送りいたします。
・・・それでも人数はかなり少数なのですよ。しかも後半に無料配布になってから・・・・・・(涙
何度かサークル参加させて頂いていますが、今回ほど客足が無かったのは初めてです。

むぅー、敗因をいくつか挙げてみますと、

0 作品の質が悪かった。
1 ジャンル効果が少なかった。
2 小説だった。
3 18禁じゃなかった。

・・・・・・まだまだあるのでしょうが、とりあえずこんな具合かと反省。


0について
まぁ、単純に面白くなかったって事ではないでしょうか? なにしろタイトルで、デウス・エクス・マキナをもじるくらいな、ムリヤリな展開ですからね。

1について
これは夏コミ参戦前から解っていた事だったりします。”創作”のジャンルで、代替品とはいえROのネタを用いるのですから、そりゃジャンル効果は望めませんよ。
ROジャンルのスペースは当日は反対側のホールなのですから・・・、ネタにもしたけどw
当初はメイドさんモノを企画しつつも、筆力と日数の関係で断念。ネタストックのあったROモノにイラストをミキシングしつつ加筆修正。
で、結果は・・・こんなモノでした。

2について
小説だった・・・というのは、何かを放棄してしまったような原因ですが、少なくとも事実ではあります。
今回表紙はフルカラーのコピー本。夏コミ開始当初、値札に値段のみ書いて、小説と書かなかったら、マンガと思って手に取った方が「あ、小説なんですね」と言って戻す場面もありました。
やはり皆さんコミックマーケットだけに、マンガを求めていらっしゃる。
ほしいろえんぴつ氏の見解として、「ライ麦狼は、買うのも売るのも西館向き」との事・・・
確かに、オマケでこさえたラミカマグネット「くろろほるみゅ(医薬用外萌物)」・・・某薬品会社のラベルを正確に再現。ネタの解る人限定だなこれ・・・・・・

3について
これは痛烈に感じたわけですよ・・・理屈抜きに。やはりエロなのだと。
”売れるため”にというよりも、武装やスパイスと言うのでしょうか、エロを持つことは、作品の価値を高めてくれるような気がするのです。
・・・精進せねば・・・そう感じました、感じてしまいました。

そう直感した瞬間でしょうか、急に私は、じゅん、とおなかの底が震えるような感覚に襲われました。
・・・・・・感じている・・・?
”何で、こんな?” と戸惑っいながらも、平静を装っていました。
だってそうでしょ、15万人もの人がいる開場で、他のサークルさんも隣のスペースにいるって言うのに、ねぇ。
それがダメでした。隣の人を意識した途端、おなかの震えは疼きに変り、段々と太ももが汗ばんできます。
とにかく平静を保とうと、何気ない風を装ってスカートのすそを直すのですが、思わず手が止まってしまいました。
私は気付いたのです、汗ばんだ太ももは、確かに、その汗ばんでいましたが・・・それだけでなく・・・そ、その・・・濡れていました。私自身も信じたくないくらいに。
もうこうなると後は加速していくだけです。
なにげない風を装ったつもりが、一度手を止めてしまい、振るえる手でゆっくりとすそを直し、足を微調整。
どうしてもこすれる太ももと秘所を、意識してしまいます。あぁ何で、こんなタイトなスカートなんか穿いてきたんだろう。

まるで誘っているような動きになってしまったのではないか?
これだけの人数がいるのだから、誰から観られているのではないか?

らちの無い心配ばかりがよぎり、頬が、いいえ耳まで熱く紅くなってしまいます。
俯いて目をつむりごまかした所で、口からこぼれ出るのは微熱の篭った吐息。
髪が顔にかかり、周囲の目から火照った私の顔を隠してくれます。でも髪が頬や首筋に張り付き、私が汗が浮くほどに興奮している事を、私自身に見せ付けられてしまいます。

その頃から、視覚がなくなった分、嗅覚や触覚が敏感になったきました。
夏コミ開場の汗ばんだ熱気と異性の臭い・・・・・・今まで意識しないとごろか、嫌悪していたはずの獣の群れじみた臭いに、私の身体は反応していました。
私だって10代の小娘じゃありません。そ、それなりに経験はある訳でして・・・、過去の経験が甦るというか、感覚が甦ると言うか・・・、もう完全に妄想開始ですよ。しかも、ふとそんな状況の自分に気が付いて、たまらなく恥ずかしくなってしまいます。
でも、・・・その羞恥心は、私をもっと熱くさせます。
触覚にしても、普段なら気にもしない些細な事に、身体は過剰反応。
行き交う人々が、開場の空気をかき回して起こる、生ぬるい風。それが、むき出しのにの腕にや首元にあたっただけで、息を吹きかけ、焦らされているような感覚になってしまいます。

汗でシャツが透けてしまった時の対策として、観られてもいいように、ストラップ無しのスポーツブラを着てきたのですが、それが裏目に出てしまいました。
そのスポーツブラは、新素材で通気性と汗乾性を謳った品です。でも私のそこそこ自慢できる大きさの胸には、ちょっときつめで、半ば押し込むようにしまっていました。
ただでさえ、膨らみ同士が作る密着した谷間は、自然と汗ばむものです。まして、こんな興奮の火が着いてしまった身体。谷間にたまったり肌を流れたりする、汗の滴の一つ一つに、勝手に感じてしまいます。
もうブラの締め付けさえも、まるで胸を縛られているような気分にさえなってしまいました。

「おっまたせ~、カメ子に囲まれてさ、・・・って大丈夫? 顔真っ赤だよ。アンタの熱中症ネタでマンレポかくのはヤだよ。にしても熱いね東は」

ようやく戻ってきた相方は、らき☆すたのこなたの夏服コスプレ。小柄な彼女に似合っているばかりか、原作ちっくに制服のスカートをバタバタ。しまいには下敷きで仰ぎやがった
周囲の男共の視線を気にしていないのか、むしろ優越感を感じているか・・・。
少なくとも、私の食い入るような視線には気付いていない。今私がどれほど肉欲をこめて彼女の柔肌を視姦かなんて。
・・・襲ったろかこの娘はっ!!
思わず押し倒して、百合固有結界を発動させかけそうになった私ですが、

「・・・もう無理、クールダウンしてくる」
「お、おおそうか、うんじゃ売り子交代ね」

自身のサークルスペースから逃げ出すように、私は席をたちました。
静かで1人っきりになれる場所を求めて、ふらふらと、頼りない足取りで、人ごみに飲まれていきます。
いったいどれほどの人が、私の膝裏まで垂れた滴が、汗では無い事に気付いていたでしょうか。
もしそんな人がいたのなら、どこかに連れ込むのも、連れ込まれてしまうのも、構わないかな? そんな考えが、頭の片隅を掠めていました。




って感じで、15禁くらいかな? 18禁とはいかほどのレベルでしょうか?
別に実体験に基づいてはいませんよ・・・ホントですよ。
スポンサーサイト

テーマ: つぶやき
ジャンル: 日記

コメントの投稿

非公開コメント

夏コミお疲れ様です。

新ジャンル『ライ麦娘』
エロいよ…w
18禁のH場面入る前の描写だよそれw

ライ麦狼さんはクオリティ高いんだけど
やっぱ小説じゃ漫画と比べてキツイんじゃないかな。コミケ来る人は漫画を求めてるんだろうし活字ばっかはヤダんだと思う。
小説だったら、ひぐらしみたいなパソコンで読むみたいな感じにして効果音付けるとか。
なんだかんだで一番3が重要だと思うw


まぁコミケ行ったことないから想像なんだけどね←

コメント&アドバイスありがとうございます
(ふむ、『ライ麦娘』・・・ケモノヘンをオンナヘンに換えるのねw)



>18禁のH場面入る前の描写だよそれw

なるほど、15禁とか18禁とかの明確な区分なんて無いとはいえ・・・ちょっぴりイケナイ領域はいってたかな? 注意しないと、
”いまのところ”、このブログ18禁じゃないのでw
ともあれ精進せねばですね。H場面も書かないとw



>小説だったら、ひぐらしみたいなパソコンで読むみたいな感じにして効果音付けるとか。

これはライ麦狼も痛感しています。
ほしいろえんぴつ氏からも指摘を受けてまして、「久し振りに例のヤツを使ってみたらどうだ?」と言われました。
例のヤツ

http://page.freett.com/yuukiex/yuukinovel.html



>まぁコミケ行ったことないから想像なんだけどね

取り合えず、『ライ麦娘』(そえさん命名)は、「エロ + 夏コミ(サークル参加)」って感じで、書きました。
コミケってこんな感じですよ(どんな感じだよっ!
ちなみに主人公はライ麦狼じゃありません・・・ほ、本当ですよw
東館のサークルスペースになんかいないで、西館あたりを徘徊してましたからね~。西館サイコーw
Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。