ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アグレッシブに癒し系

DATE: 2007. 07. 03 CATEGORY: 騒楽・奏楽
どもー、このところ相変わらず疲れています(自業自得)ライ麦狼です。更新も遅れがちですしね~

どのくらい疲れているかと言うと、半日くらい山手線をぐるぐる回りながら、MP3プレーヤーいっぱいの癒し系や民族音楽を聴きたいくらい疲れています。
これが更に悪化すると、浜辺で一晩中焚き火しながら、月が沈んで日が昇るまでMP3プレー(以下略)くらいになったりしますので、まだまだリミッターの手前でしょうか。

ともあれ、そんな疲れた時に聴きたい曲やアーティストさんなどをご紹介。


feel×heal(フィール・アンド・ヒール)
(muzie)

そのものズバリ、癒しをテーマに揺り篭のような楽曲を手がけるアーティストさんです。
まるで支援特化の廃プリのような極上の癒しを、吐息の一滴まで感じてください。





Yggdrasill Minstrelsy
Voltage of Imagination 通信

まだまだ全貌は見えませんが、ちょっぴり”観る”だけでもたまらなくなっちゃう作品です。
同人音楽好きならば一度は見かけたことのあるレーベルさんです。昔から音楽そのもの(譜面や音源など)も良かったのですが、何より作品の演出やプロデュース、広報や商品展開などを、これでもかと見せ付けられてきました。きっと今回も見せ付けられるのでしょう。





風景音楽美術館【Natural Wings】
muzie

以前もご紹介した埼玉県出身のアーティスト、天沼さん。麦畑が風に吹かれてさざ波を浮かべるような、心安らぐカントリーとアイリッシュ。荘厳や神々しい癒しとは違った、ほっとするような癒しがあふれています。
もし自身の原情景に、広い草原や田園地帯を持ち合わせている人がいたなら、是非聴いてください。原点回帰すらしかねないくらいキちゃいますので。





プロジェクト和豪
muzie

日本の「和」とオーストラリアの「豪」。繊細な「和」と広大な「豪」。その二つの意味をそれぞれ持ち合わせたユニットさんです。
オーストラリアの楽器”ディジュリドゥ”というレアな音源を使うだけでなんかじゃなく、別の文化が混じるからこそ民族音楽としての「和」を再認識させてくれるサウンドと思います。
あとは、コーラスをアクセントのように曲のせる感じで、民謡を曲にのせるのは、ちょっぴり目からウロコでした。「和」でもトライバルできるんだな~と。
同人音楽で”民謡アレンジ”って出ないかな~。




スポンサーサイト

テーマ: 音楽のある生活
ジャンル: 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。