ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴れた日は、地下鉄代をケチってみませんか? ①

DATE: 2007. 04. 08 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
随分とライ麦狼の金銭感覚を現しているタイトルですが、要は「晴れた日は、お散歩してみませんか?」という事です。
パスモですげー便利(便利すぎて、ついつい使ってしまいます。もぅ、何円使ったか判らないくらい便利です・・・・・・便利だけど恐ろしい)になりましたが、温かく晴れた春の日は、地下鉄やバスに路面電車(都電荒川線もパスモでOKらしいです・・・ちょっぴり乗りたい♪) を使わないで、ちょっと歩いて移動してみてはどうでしょう? という企画。



実は昨日、野暮用で文京学院大学の本郷キャンパスにちと行ってきました。行きは南北線を使ったのですが、
「帰りはJRの駅までの移動を、どうするべかな?」
と悩むライ麦狼。時間も10時半過ぎと、余裕のある時間帯です。
順当なプランとしては、直ぐ目の前の南北線「東大前駅」を利用。まっすぐ帰宅するにも、都内をブラつくにもベストのプランです。
(・・・・・・東大の前ではなく、一番端っこに在るのに何故か「東大前駅」・・・年に何人かの観光客が、ここから赤門を目指している悲劇の地・・・涙)
次に、意外と楽しい路線バス。”たぶん”駒込や大塚の他、御徒町や御茶ノ水へもバスがあるかもしれません。


なのにライ麦狼は、歩きやがった・・・しかも「日医大の前の蕎麦屋で、もりでもたぐってこう」、とか言いながら。

そんな訳で根津~上野お散歩企画です。





で歩いて到着です。日本医科大学、通称が何処かのスーパーマーケットみたいな”ニチイー大”。その前のお蕎麦屋さん

『夢境庵』
割と高めのお値段。そのため日医大の学生さんは、あまり利用しません。
主に病院の外来患者や見舞い客ぽい年配の方、もしくはリッチなお昼を楽しんでいる人などと思われます。
店内の様子はホームページで見ていただくのが一番かな? 小ぶりの店内に小さなテーブルが2セット。
あとはお座敷です。6人掛けくらいの座卓が3っの、3人くらいでいっぱいになるちゃぶ台が2っです。ちゃぶ台ですよ、ちゃぶ台!! 
昭和の伝説、秘剣ちゃぶ台返し(これ→ (ノ ̄□ ̄)ノ ~┻━┻ )の出来るちゃぶ台ですよ。
どうせなら、味のあるちゃぶ台で楽しみたいものですね~・・・もちろん、ひっくり返したりしませんよw


今宵ライ麦狼が貴方にオススメする、このお店一番のメニューは、蕎麦湯です・・・・・・
・・・
・・・
・・・
・・・・・・・・・・・・・いやホントなんです、凄く美味しんです、しかもタダです無料ですプライスレスなんです(←ここ重要♪)。
初めて行った人は驚くと思いますよ。席に座るとお冷やお茶の如く、ゴトンと、熱々の蕎麦湯の入った水差し観たいなアレが、しかも大きいサイズのが出てきます。
(湯桶と書いて”ゆとう”と読むらしいですアレ。今まで知りませんでした)

「蕎麦が出来るまで楽しんでください。お好みで二種類の出汁がありますので、入れてみてください」

と女将さんが一言。
そのまま素で味わうも、出汁と白出汁を独自のブレンドで楽しむもお客さんの自由。
ちなみライ麦狼は素が大好きです。必ず湯桶一つは飲み切ります。粉っぽかったり、しょっぱかったりしないで、ソバ茶感覚で芳ばしく飲めちゃいます。ミネラルとかたっぷり入ってそうで、夏場によさそう♪

肝心のお蕎麦も美味しい逸品。どーしたって蕎麦湯のインパクトに隠れがちですが、少し緑がかった蕎麦は、なかなかのモノ、だと思います。
(・・・・・・スンマセン、正直に言うと、初めて行った時の記憶に、蕎麦の味がありません。蕎麦湯のインパクトがあまりにも強すぎで・・・)
例えるなら、黒々とした田舎蕎麦と真っ白な更科の中間くらいなのかな~~?
そこらへんのコメントは、まともなグルメさんのブログにお任せしましょうかね。
まともじゃないライ麦狼の感想としては、ツユを付けすぎないくらいが美味しかった気がします。
ツユが結構濃い目でして、先に一口飲むとよく判るのですが(飲むな!)、”初めはガツンとツユ~って感じで、後からふわっと鰹節がくる”・・・そんな感じです。濃い味が好きな人と言うか、江戸っこ向けかな?



あとこのお店で前から気になっていた事を、昨日は質問してみました。
それは・・・「蕎麦猪口ってどれくらいあるのですか?」 というもの。
たぶんご来店された人なら、気になっていたと思います。入り口近くと座敷の奥の壁一面、ずらっと並んだ蕎麦猪口の群。良く観ると、天井近くの張りの上にも並んでいます。
・・・・・・絵柄は二つとして同じ物が無い・・・・・・訳ではなく、同じ絵柄で4ないしは5コ一組で並び、量産型で小隊を組んでいる様な雰囲気。
詳しくありませんが、お高くとまった古美術品というより、大切に使われた民芸品なテイストです。


気になる女将さんの回答は、

「ちょっと数えた事無いですからね・・・。えぇっとここで20×7段だから・・・」

えぇぇーー、数えた事ないんですか? ってか、行き成りその場で数え始めた親切な女将さん。
突発イベント、蕎麦猪口カウント大会が発生(参加者、女将さん+ライ麦狼+他のお客さんの計3名)。
で、かなりアバウトな計測の結果は、

「1000個くらいですかね。意外とありましたね」

との事。
・・・・・・・ライ麦狼のおバカな質問に、親切にノって頂き、本当にありがとうございました。


こんな感じで、根津ネタで何回かやろうかな?
スポンサーサイト

テーマ: 日記
ジャンル: 日記

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。