ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そーいう趣味は無い・・・筈です。

DATE: 2007. 03. 29 CATEGORY: 騒楽・奏楽
昨日の記事が、何かえらそーな内容だったので、とりあえず削除。
でもライ麦狼としては、心理学って学問に対して、「うっかり間違っても怒られなさそうで、ズルイよな~」とか「自然科学よりも、魔術とか神話に近い気がするな~」、とついつい思ってしまうのです。

で、反省も込めてこんな作品をご紹介。



BadEndだッ!(中音質版)
サークル「studio皐」

一部で話題になって、続編てかシリーズ?も続行しているあのおしかりCD
あれにインスパイアーされちゃってますかね、この楽曲・・・・・・しかも、クオリティ高くない?(どっちのクオリティ?)。
・・・
・・・・・・・・・べ、別にこーいうの、趣味じゃないですよ、Mじゃないですよ(汗

・・・・・・むしろSもMも攻も受もシチュエーションしだいw
・・・・・・・・・な、な訳無いでしょ・・・ホントなんだよ。・・・・・・・・・ぃゃ、ぁぅ、そんな視線でみ、観ないでぇ
さらに趣味じゃないモノとして、シュレディンガーのネコってか、「観測が、状態を決定する」とか「観測者論」とかですかね?
箱の中に入れられたネコの気分を考えなさい!! と言うかアンタが箱に入れ!!

と言うのは冗談で、”見えない所で起きている事があるから、今見えている事がある”って事を都合よく無視しているのが、好かないのです。

ともあれ、ネコを箱に入れてイジメる趣味はありませんし、ネコ耳メイドのコスプレをする趣味もありません

・・・
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・

・・・・・・・・・古いアルバムにこんな写真が・・・



・・・え゛?(汗

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ライ麦先生の話は難しくってちっとも分かんないですが
シュレディンガーのネコって
”見えない所で起きている事があるから、今見えている事がある”
とアインシュタインは言いたかったんじゃないですか?

ライ麦先生を15,750円でお買いあげ~♪

ういうい、解り辛いと思いますよ~。
無理に学問くさいネタを持ち出して、最後のオチを煙に撒こうと画策してますのでw。
何しろ私ゃ、ネコじゃなくオオカミですから♪



とアインシュタインは> 
確かそえさんの仰る通り、アインシュタインは"月"とか"現在地"を使って、そんな感じの事をいってましたっけ? ちと違ったかな?


■実在論( 測定できないのは測定の仕方が悪いのが原因)
   アインシュタイン 、シュレディンガー 、ド・ブロイ

■コペンハーゲン解釈(観測事実を離れたことはわからない)
   ボーア、ハイゼンベルク

http://www.sakamura-lab.org/tachibana/first/t6/pos.html

http://homepage2.nifty.com/eman/quantum/cat.html


作為的に解り辛いこんなブログより、上記のページ様などご参考に。
私は「実在論」派です。・・・単に物理が苦手って事も理由ですが。
それにコペンハーゲン解釈だと、ブログ閲覧者はライ麦狼を"観測"しない限り、
ネコ耳メイドのコスプレをした事のあるライ麦狼と、ネコ耳メイドのコスプレをした事のないライ麦狼とが、
50%ずつ存在することになってしまいます。

まぁ、SとかMとか攻とか受とかネコとかタチとか(以下略)、それらが何割かずつ存在する可能性は、なくもないかも・・・・・・

リンク先に飛んでちゃんと流し読んでみました。
ごめんなさい。よくよく見たらアインシュタインは真逆の事を言ってました(´・ω・`)
アインシュタインは”見えない所で起きている事はあるが、それが事実である”みたいな感じかな。
”見えない所で起きている事があるから、今見えている事がある”はコペンハーゲン解釈の方か。
どっちが正しいなんて決められるわけがないと思いつつ今のボクはどっちかっていうとライ麦先生と異なる「コペンハーゲン解釈」派です。
その理由は、例えば屋台とかのくじ引きがあるとして、その中に屋台のおじさんとかの陰謀でアタリクジが無いとしましょう。
そこでお客のボクが1等の大きなクマのぬいぐるみが欲しいのでくじ引きをやりたいと思います。ボクの中では当たる可能性と当たらない可能性がある訳です。引いてみなくては当たるかは分からない。故にコペ解釈。
あとは、ライ麦先生がネコ耳メイドのコスプレをしたしないですが、ボクの中ではあの写真は本物である可能性とあの写真はただのイメージであるが実際にコスプレしたことある可能性とあの写真はブラフであって実際にはコスプレしたことない可能性が入り交じってます。故にコペ解釈。
ただこれを相手からすると、屋台のおじさんはハズレクジしか無いことが分かってますからクマのヌイグルミが当たる可能性は無いと断言できますし、ライ麦先生からすると自分がコスプレしたことあるかどうかは記憶喪失や多重人格みたいなことが無い限り分かるはずですからそこには一つのライ麦先生しか居ないです。つまり実在論。
自分と他人の世界が異なって当たり前ですから論争に決着がつきそうにないですね。

ちなみに人間はSとMを併せ持つってよく聞きます。カサブタを剥がすという行為には剥がしたいというSの欲求と剥がすと痛いのは分かってるんだけど…というMの欲求がある、みたいな。片方しかない人もいるかもしれませんが。
あと、文章の流れからするとネコとタチは逆ですよ(ぇ
Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。