ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こ、これが路上のテクニックなのか!?

DATE: 2007. 03. 04 CATEGORY: 騒楽・奏楽
時間が無いので略式更新・・・。だったものをちみっと加筆修正です。
( むぅ、このところガクッと更新効率悪くなっています。効率の下がる原因として、 ネタのあるなし<時間のあるなし≦気分&お疲れ具合  って感じですかねぇ~。
  対応策は、やはりケータイからの更新を開始するべきか? ・・・・・・コレとかコレとかコレ手をすべきかな ) 


で、先週ですが、
tam04.jpg



こんな感じで行ってきました、例のヤツ。
11:30 開場と同時に襲撃。

全曲弦楽生演奏&競演コラボレート 「涼宮ハルヒの競演」

涼宮ハルヒの憂鬱 イメージ・アルバム 「SOS」

ロックあり,アコースティックあり,ダンスあり 「Another Melancholy」



11:45 15分で会場を後にして、大宮の病院へ。
    上記のお目当ての物などゲット。
13:30 父親の病院へ到着。パジャマの洗濯とか
15:30 病院を後にして、秋葉原へ。
16:40 秋葉原で、路上ライブ中のTAM氏発見。ライブ鑑賞&サインもらっちゃった♪

tam03.jpg


ttam01.jpg



・・・とまぁこんな感じでした。





TAM氏のライブ形式なのですが、日没前のアキバでは珍しい、路上ライブin夜の部・・・って表現も妙のですが、”弾き語り+流し”形式です。
リクエストに応じて、あんな曲こんな曲をギャラリーとのかけ合いをしながら演じるあれです。ギターってのは見かけますが、ヴァイオリンってのは珍しいかも?

あと、別に演奏時間は夕方だというのに、何で”路上ライブin夜の部”なんて表現しているかといいますと、路上ライブをよく鑑賞する人なら解ると思いますが、
”その付近のアーティスト全体のライブ形式に、時間帯によって比率が生じる”ってものがあります。
無論、地域性とか流行り廃りもありますので、一概には言えませんが、昼間はバンド形式が多く、夜は弾き語りやデュオが多い、ような気がします。
さらに地域性をプラスすると、昼間の歩行者天国や公園はバンドやアイドルっぽいグループ(特にアキバはこっちの形式が多いです)、夜の主要駅周辺やアーケードでは、弾き語りやデュオって感じです。・・・・・・まぁ夜に、力いっぱいバンドやったら付近の人から文句言われますから、当然なのかも・・・・・・。



TAM氏も、ギャラリーからのリクエストに応えて、次々に演奏。
のだめの影響+ヴァイオリンソロというスタイルのためか、クラシックのリクエストが色々ありました。それでも演奏しちゃうTAM氏。 G線上のアリアやカノンなど、メジャーどこの曲なら一通り弾けるみたいです。

他にも、東方系・Kye系は第一人者ってぐらい無論の事、当日CDをだしたハルヒももちろんOK。
なにしろ、メロンでお店売りされていた”競演”を買った人や、買いたかったけど止めといた人が、偶然にもライブに遭遇。突発的なCD即売&サイン会になっていました。
・・・・・・気温が低すぎてマジックペンの溶媒が揮発せず、文字がにじむアクシデントもありましたが、ライ麦狼もちゃっかりサイン頂きました♪

マクロス系も何でも弾けるみたいで、初代もプラスもセブンもOKとの事。私などヴァイオリンだというのに無茶覚悟でセブンの突撃ラブハートなんぞリクエスト。それでも演奏しちゃうTAM氏・・・すげーw(汗。
・・・はぅぅ、素直にプラスのVOICESでもリクエストすれば良かった(涙




あと重要な点で、今回のライブの敵は地方公務員と寒さとの戦いなのではないでしょうか?

画像を見て解る通り、ホワイトプランの看板と植木を背後にして、少しでも地方公務員の目から逃れるよう、少しでも寒風から逃れるよう努力されとります。・・・・・・こ、これが路上のテクニックなのか・・・

それでも一時、後方より地方公務員の巡回が接近。ギャラリーの一人が逸早く気付くも、既に距離にして40メートルあるかないか、どうするTAM氏!?
次の瞬間、彼は漆黒のロングコートをはためかせる。手早くヴァイオリンと弓を右手一本で掴むと、右手ごと懐の中へ。
空いた左手で腕を組めば、どこからどう見ても、冬の寒風に震えるコート姿。
最後にこっそりケースを植木の陰に押し込めば、完全に違和感のない一般人です。

ヴァイオリンとロングコートの組み合わせは、風にはためかす演出だけでなく、何気ない装いながら、計算しつくされた武装だったみたいです。
・・・・・・ギターでこれは無理ですねぇ



当日ちと時間がなく、ライ麦狼は途中で離れましたが、いつかじっくりまったり聴きたいです。・・・ライブDVD買おうかな?

ともあれ、生TAM氏最高でした。とにかくライブがコントっぽくて、単に演奏するだけでなく、ギャラリーとの掛け合いなんかもイケるライブでした。
・・・・・・しかし風が冷たかったです。マジックペンが乾かないくらいだもん(涙 


スポンサーサイト

テーマ: お気に入りミュージシャン
ジャンル: 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。