ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パート紹介『フルートが男で何が悪いっ!!』

DATE: 2006. 11. 02 CATEGORY: 騒楽・奏楽
チケットをゲットしました「オータムリーフ管弦楽団演奏会」

以前に記事にしましたファーストサウンズと似たような演奏会かと思うのですが、なにぶん今回が初めての観覧になるもので、詳しい内容は解りません、

しかし、チケット兼パンフレットを見る限りで断言できる事があります。

こちらの方が、やたら元気にテンション高いです。なんつーか・・・悪ノリ感たっぷり♪
だってパンフレット冒頭の挨拶文が、日本語・英語・東北弁のバイリンガル仕様になっているだけでなく、
各パート紹介ではそれぞれがネタ披露。


どう見てもロックかラップなフレーズが見え隠れする、ヴァイオリンパート。・・・ホントに管弦楽団?

「メンバーが足りない」とまるで献血のポスターみたいなピアノパート・・・チェロとピアノ兼任という荒業に期待。

『フルートが男で何が悪いっ!!』と文句あっあテメーって感じに、問答無用なフルートパート。・・・わ、悪くないです。

「言葉はいらない演奏を聴けばわかる」とパート紹介をそのものを放棄しやがった、もっと問答無用なオーボエパート・・・パンフ編集部が困ってますよw


その他いろいろな各パートがネタの限りに紹介されています。





で、気になる演目はいろいろ演るみたいですが、ライ麦狼が一番気になるのは『Nikoensis—追想— 』 です。

「果てしなく青い、この空の下で…」( 公式サイト  ウィキペディア ) のエンディングテーマでして、
サークルLittl Wing の 『蒼天』でもアレンジされていた曲です。 
残念ながら、Littl Wing の作品は現在入手が難しい(お金をかければ可能かも)ですが、オリジナルの「「果てしなく青い、この空の下で…」ならば、
サウンドトラックもゲームも探せば中古でまだ見つかるかも、もし時間があるなら探してはいかがでしょうか?お勧めですえ♪

時間が無いというかたには、こんなページ紹介。


ぴこの音楽室

オリジナルに近い感じのピアノアレンジです。オリジナルはもっと壮大つーか、ぐぁっ!!って来る感じですよ。ぐぁっ!!って

そーいや、「アスキラ効果」や「腐女子脳」という項目がインデックスにある割には、種や種運命の曲やりませんね~・・・ちと残念です。
スポンサーサイト

テーマ: 吹奏楽
ジャンル: 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。