ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私、二日目がキツくて大変なんです

DATE: 2009. 12. 29 CATEGORY: 騒楽・奏楽
ライ麦狼「ども、明日はコミケ2日目、同人音楽・同人ゲームの日なのに、全然試聴が終っていないライ麦狼です」
ライ麦娘「どうも皆様、このバカ犬がネタに詰まると出現する、ライ麦娘と申します。いつもバカ犬がご迷惑かけます」
ライ麦狼「め、迷惑だなんて、ライ麦狼は、何も悪い事はしてないぞ」
ライ麦娘「もう・・・。貴方はいつも、いろいろ迷惑かけまくっているじゃないですかぁ!! この半年の間でも、
      米軍基地に鉄扇(暗器)持ち込もうとして、ホディチェックと金属探知機に引っかかったり、
      左翼の集会に、潜入ゴッコなどと称してもぐりこんで、タコヤキと酎ハイ奢っていただいたり、
      冗談で「レインボーブリッジを歩いて渡る」とか言い出して、みんなで実行するハメになったり、
      極め付けは、『シナリオの鉄人』企画に、へんてこなシナリオを、送りつけていじゃないですかぁ!!」

ライ麦狼「さ、最後のはホントに反論できないかも・・・。あんなシナリオだったし・・・・・・」


『シナリオの鉄人』
(サカナノベル)


続きを読む

スポンサーサイト

テーマ: コミケ・他同人誌イベント
ジャンル: アニメ・コミック

『逃亡奮闘記』(第一部)が完結していた

DATE: 2009. 12. 28 CATEGORY: 騒楽・奏楽
ども、少し前に馴染みの酒屋さんから、”あまり日本に輸入されないスコッチ”を、頂いたライ麦狼です。
・・・その名は「ジョン・バー」。聞いたこと無いと思いつつ、飲んでみた感想は・・・ジョニ赤? ってお味でした。
まぁ、それもその筈、ジョニ赤の姉妹品というか、英国国内モデルで、中身はほぼ一緒との事です。
ライ麦狼は、ジョニ赤を好んで呑むことはありませんが、お値段もジョニ赤より安いので、好きな人にはオススメできるブランドだと思います。
・・・・・・ラフロイグでこんなのないですかね~


で、本題。
こちらは、ジョン・バーと違って、ライ麦狼も心からオススメしちゃう逸品でございます。


逃亡奮闘記

Arcadiaに投稿された、戦国ランスの二次創作、SSです。
いわゆる「現実→」「オリ主」モノで、割とスタンダードな設定なので、戦国ランス好きな人には、すんなり受け入れてもらえる作品です。
でも・・・何故か織田ではなく、浅井朝倉にたどり着く主人公。しかも、1番最初に登場する原作キャラが、あの人だし・・・・・・、ちょいとナメてかかると、ヤられちまうかもしれませんぜ。
ジョニ赤と見せかけ、ジョニ緑かジョニ振り並みのクオリティ、って感じのキレと含み具合ですからね。
まぁ、もっとクセのある、アイラ島のヘビーピートとカスク感をたっぷり味わいたいなら、『リリカル!マジカル!Kill them All!』あたりが、宜しいんじゃないかなど、勝手に推測してみます。



で、そんな戦国ランス関連の同人音楽を、”無理やり”ご紹介。

『戦国嵐世』
(黒鉄館)

『鉄人ストロンガー』
(大麻葉吸)

黒鉄館さんの方は、素直にアリスシリーズアレンジなのですが、大麻葉吸さんの方は、1stオリジナル曲集という事で、実は曲自体は全然ランスと関係ありません(爆
じゃあ何で戦国ランス関連かと言うと・・・


はいコレ。
コレを演奏されているのが、首楞厳神呪名義で大麻葉吸さんでして、過去に『Hoochie Koo!!』という作品を出されていたのですよ。だから今回、ご紹介したい訳です。


で、こっちがその『鉄人ストロンガー』のPV。
ね、同じ人の演奏だけに、何か通じるものがあるでしょ♪






テーマ: 同人音楽
ジャンル: 音楽

ひだまりスケッチと”生”東方

DATE: 2009. 12. 28 CATEGORY: 騒楽・奏楽
ども、ROギルドのマスターから、「ひだまりスケッチ」をオススメされたライ麦狼です。
DSCF3530.jpg

って事で、1巻を入手。
・・・・・・吉野家センセーのノリは、・・・マネしたいです、「平均点以下は水着で授業」とか

で、そんな事みもからめて、冬コミ作品ご紹介いたします。

 

サークル「とらふえ屋」さんのPVとして、にこ動をご紹介。
冬コミ新作はシムシティ関連ですが、M3の作品は”4コマ漫画”関連のリコーダー作品とのことでして、ひだまりも、トラック3で『?でわっしょい』が入ってますよ~。
「ほのぼの」というか「ゆるゆる」というか、原作もリコーダーの音も、なんつーか肩肘力入れる必要が無くて大好きですの。



で、同じくリコーダーで、もう1っこご紹介。



『東方縦笛総集編壱』
(街角麻婆豆)

街角麻婆豆さんの冬コミ新作は、何と40トラック(2枚組み)にも及ぶ、東方系リコーダー作品の総集編でございます。
しかもそれは、過去作品をまとめただけのモノではありません。再編曲、再録音も施していらっしゃる逸品です。

・・・にしても、「”総集編”とか言いつつ、40曲中、新たに書き下ろし14曲も入っていて、どーよ? ふつーに新作出したのに、総集編までついてきちゃった、すごい状態じゃね?」 と、思ってしまいます。
更に言及した処は、そのお値段。
¥1.995・・・・・・・ふぇ??(汗
・・・「あらまぁ、40曲も入ってらして、¥2000以下ですの。このお値段は、お安いですわ」的なコメントを付けたいのですが、何か別のモノが気になって、コメントできません。
長いことイベントで同人音楽CDを買ってきましたが、こんな税込み価格みたいなお値段、たぶん、こんなの初めてです。(いや、フェスやライブの物販で、インディーズや商業レーベルなら見かけますが、即売会イベントでは、・・・ねぇ・・・・・・)

もちろん、作品の中身にもとっても注目してますよ。
2枚組みのDisk1は「リコーダー編」で、Disk2は「古楽編」と「ポップス編」とのことで、リコーダーだけでなく、古楽の方も気になります。
何しろ、この作品を手がけた中雑魚酒菜さんは、リュートの演奏までする古楽器の使い手な上に、古い欧州文化にも精通した豪傑。アニメ版「狼と香辛料」で使用している曲の、楽器やそのバックボーンまで見抜いちゃう快男児です。
ですから、リコーダーと言っても、小学生が吹いたり舐めたり突っ込んだりするアレだけでなく、何種類のものリコーダーを使い分けるし、音楽の授業より歴史の授業、もしくはファンタジー小説に出てくるようなリコーダーまで繰り出してきます。
そこで油断してはいけませんのっ!! この人はリコーダー使いではなく、古楽使いです。日記をのぞかせて頂くと、スピネットやルネサンスフルート、スパニッシュショーム、バロックランケットと、もはやクイズ世界ふしぎ発見!で観たことがある程度の、レアな楽器を使用され、それが日々増殖しています。
そんな人が織り成す、普段は耳にできない古の音色が、東方系の曲にノっている作品。期待しない訳がありません。
更に期待するのは、そんな古楽とポップスの聴き比べってのにも、ライ麦狼は期待しています♪
もしかしたら、古楽器演奏に、ノリノリのボーカルが吹き込まれちゃうのでしょうか?





あと、他のサークルさんの作品でも、生音率の高い東方作品には、気になっちゃうライ麦狼だったりします。
Music Pandoraさんの『まだほの暗い、春の夜明け』や、Soy-SOUTH/PURE-POLLUTIONさんの『珀蘭藍花』、TAMUSICさんの『東方四重奏2』『東方弦奏響8』『ピアノのための東方夜想曲集』などなど、原作の世界観や曲調もあってか、生音が楽しくなってしまう東方シリーズは、やっぱり気になるジャンルではありますね。


そーいや、吉野家センセーのあたりで、何故だか、今年の「Flowering Night 2009」のCMラジオに出てきた、「畏怖と憐憫と侮蔑と嘲笑と狼と香辛料とグリとグラを込めて、東方センセーと呼ばれている人」を、ふと思い出したりしました。



テーマ: 同人音楽
ジャンル: 音楽

クリスマスだし「アッラーフアクバル!!」と叫んでみる

DATE: 2009. 12. 24 CATEGORY: 騒楽・奏楽
ども、12/24の予定が、今のところ無い・・・っーか、11月末に”諸事情”により水泡に消えて以来、取り立てて埋まっていないライ麦狼です。
・・・有給休暇を申請していたんだけどな~

という事で、「アッラーフアクバルっ!!」(アラーは偉大なり)とか叫びたい衝動にかられ、ちょっくらモスクに行って来ました。代々木上原の近くのモスクで、トルコ系との事でございます。

DSCF3400.jpg DSCF3416.jpg 
 
DSCF3417.jpg  DSCF3398.jpg  DSCF3407.jpg

まぁ、気分的には↓の動画が、他人事とは思えない心境です。



で、本題。
今度の冬コミ(C77)で、どどんとベスト版を出しちゃうサークルさんをご紹介。


bnr011.jpg
op.Comrade : オーパス・コムラード
(Barbarian On The Groove)

4枚組みで58曲な、トクモリサイズな作品です。なんつーか、最近流行っているのか、このての物量展開?
リンク先を御覧になれば解りますが、ゲームや商業レーベルに、楽曲提供・・・というか、本業がそちらの人。
結果、第1線で活躍している歌い手さんが、たんまり参加してらっしゃるのですよ。
・・・そこまでなら、大手の音楽サークルさん(少女病さんとかよくやるあれ)なら、ぼちぼち見かけるラインナップなのですが、今回のop.Comrade : オーパス・コムラードでは、なんと4枚中3枚が、
「op.Comrade 01 feat.霜月はるか」 
「op.Comrade 02 feat.真理絵」 
「op.Comrade 03 feat.茶太」
という具合に、特定の歌い手さんに、特化したCDになっていたりします。
だから、『今日は、この歌い手さんの作品を聴きたい気分』にあわせて、プレーヤーに入れるCDをチョイスできます。
あと、試聴がダイジェスト版しかありませんが・・・、たぶん、ググればけっこーな数が、動画サイトで試聴出来ちゃうはずです。


例えば、『op.Comrade 01 feat.霜月はるか』の曲目を、ちっくと検索してみれば、

01 光の絆 / 02 翡翠の翳り、混血の薔薇 / 03 彷徨える光と影 / 04 繋がる世界 / 05 夢宿る軌跡 / 06 トルバドール / 07 Fractal Azure / 08 楽園の瑕 / 09 刻の涙 / 10 君に降る雨 / 11 エテルノ・ソルダン / 12 サエギルミライ / 13 深く眠れ

てな具合に試聴できちゃいます。
もうこうなると、歌い手さんのベストアルバムと言っても、まったくもって構わないと思われます、はい。


そんな訳で、op.Comrade : オーパス・コムラードにも参加されている、カヒーナさんのオススメ動画をご紹介。



そこいらの、キャピキャピボイスのコムスメ共とは違う、ハリとツヤとウネリのある歌声が、とってもセクシーでございます♪







banner46895.jpg
 Original Intention
(CROW'SCLAW)

続いてもベスト版のご紹介。
CROW'SCLAWさんからでる冬コミ新作『Original Intention』。
リンク先のジャケット絵を観ただけで、解る人には直ぐに解って懐かしいけど、解らない人には、真ん中のヤギさんがちと厄介かも?
でも、作品紹介を読めば、ご理解いただけるかも・・・・・・ 
”過去6年間に10枚のアルバムを制作したCROW'SCLAWの、アレンジ作品の中から厳選した15曲をリメイクしてお送りするベスト・アルバム。現在の解釈でType-Moon、Ragnarok Battle Offline、東方Projectの名曲の数々に再び挑みます。”
・・・はいそうです。真ん中のヤギさんは、Ragnarok Battle Offlineから参戦の、バフォメットさんです。
今回のベスト版ですが、CROW'SCLAWさんの硬派なギダー・シンセを、たっぷり聴けるのも魅力ですが、型月・ラグナ・東方と、同人音楽でメジャーどことなったジャンルを、キュベキュベな音にノって振り返ってみるのにも、ちょっと魅力的ですかね?





「HAMELN Limited ver」
(清風明月)

ベスト版というより、冬コミ限定版というのが正しいのかな? という作品。
清風明月作品をいくつか詰め合わせにしたモノを、今度の冬コミ限定で頒布するご様子です。「「HAMELN」をお気軽に知って頂く為のCDを作ってみました。」という事ですので、バナー代わりに動画を張ってみました。





テーマ: 同人音楽
ジャンル: 音楽

狭山クロカン初参加

DATE: 2009. 12. 14 CATEGORY: 騒楽・奏楽
鹿島港でまた釣り人が亡くなったと耳にすると・・・釣果を祈願して、海神かダゴンの生贄に捧げられたのか? と思ってしまうライ麦狼です。
いや、関東で釣りや水産・水族館に関わった人間なら、たぶん耳にした事あると思いますが、本当にあそこは、そのくらい釣れるし、死人も出ているんです。怪談話も事欠きません。
しかし・・・合鍵が出回っているとは知りませんでした・・・・・・


で、本題。
・・・と行きたいのですが、昨日こんなイベント(リンク先は2000年大会のモノ)に出てきました。
しかも、そのまま呑み会行って宿泊、飲み会先から出社して、コハク酸まみれで帰ってきたばかりなため、気になる冬コミ作品を、ペタペタしてお茶を濁します。

banner01-3.jpg

ess500.jpg

banner_elements.png


以上3ヶの作品をペタペタしてみました。


しかし、クロスカントリーという競技に、初参加しましたが・・・10kmのマラソンなんかより、よっぽどキツイです。歩く分には、何の苦にもならない芝生の斜面が、あんなに走り辛いと、初めて知りました。
足腰だけでなく、背筋も使って斜面を登ったり降りたり。しかも、使う筋肉も、素直に赤身にシフトしてくれず、常時白身も使って走っている感じがしちゃいます・・・。
っーか、あのコースで1kmの区間タイムが3分10秒台て、トップ集団は山岳猟兵か何かですか?

テーマ: マラソン
ジャンル: スポーツ

抹茶<クリームソーダ

DATE: 2009. 12. 07 CATEGORY: 騒楽・奏楽
ども、埼玉県奥地にも展開している珈琲屋OBという店は、
かふぇもか
↑こんな感じのドリンクメニューが、殺傷能力たっぷりに充実していますが、パフェは普通サイズですよ。

・・・・・・と、勝手に”錯覚”していた事に、今更気付いたライ麦狼です。

まっちゃ~
↑の抹茶パフェを、以前友人がオーダーしたのを目撃したため、
「ああ、何か”ポッキーとの縮尺に違和感を感じる”けど、
 保存ビンや金魚鉢じゃなくて、普通に食器で提供されているから、何も問題ないよね。普通サイズだよね」
と錯覚していたのですが・・・・・・

先日、「くりーむそーだぱふぇ」なるものを注文。「まっちゃぱふぇ」は抹茶味のアイスが乗っていて、抹茶ゼリーが入っていて、とっても抹茶なパフェでした。
だからライ麦狼は、「くりーむそーだパフェ」きっと、メロンソーダ味のアイスが乗っていて、グラスの底の方、イチゴパフェならイチゴジャムがあるあたりに、メロンソータが詰まっている・・・・・・そんなステキな甘味をイメージしていました。


出てきたものが・・・
くりーむそーだ
・・・・・・え?
( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚)



ウソ・・・は、付いてないな、確かにクリームソーダでパフェしている。というか、クリームソーダとパフェか?
・・・いや、上の部分がパフェなのは認めるが、下7割は何かおかしくないか? 花瓶・・・それも、企業・事務所の受付カウンターに置いてあるような、大振りのやつですよ。
なんつーか、多いとか食べきれるか不安とか跳ばして・・・・・・デジカメもっていなかったことが、心から悔やまれるサイズです。
値段は同じなのに・・・、抹茶とクリームソーダの間には、越えられない壁があるのか? 抹茶が冷遇されているのか? 

ケータイの低画質では判りづらいですが、後の青いのはグラスではありません。割とデカめのマグカップです。
もちろん、上に乗っているポッキーもレギュラータイプで、美味しいけど高くて短いヤツではないです。
パフェ部分も充分な食べ応えを保有していますし、中にアイスやフルーツが詰まっています。

で、お気づきとは思いますが、一応クリームソーダですから、早く食べないと中から、しゅわしゅわクリーミーでとっても美味しいヤツが、泡だちあふれてきやがります。味わう暇などありません。ほとんど、タイムリミットのついた解体作業でした。
まぁ、味は問題なく「クリームソーダ」だったんですけど、・・・ソーダ部分が多すぎて、パフェ食った気は一切しませんでした。





で、本題。


シンフォニック東方Ⅱ

サークル 5150 さんの冬コミ新作『シンフォニック東方Ⅱ』でございます。
東方でシンフォニックメタルされているわけですが、シンフォニックメタル・・・というか、欧州系のメタル(ゴシックメタルやヴァイキングなど)好きや、日本のヴィジュアル系好きな人は、どこか懐かしさを感じちゃう楽曲です。
メタリカハロウィンXジャパン足したら、こんな風合いでしょうか?
NACK5リスナー限定の解り易い表現ならば、「金曜の午後6時から放送するのに、ピッタリな気がする」と言った雰囲気です。

もともと東方系の音楽は、メタルっぽいのも民族楽器も、どっちも合いそうな曲ばかりですし、これを切欠に欧州のメタルにハマって頂けたら幸いですね。(ライ麦狼的には、北欧のヴァイキングメタルとか)
言語やジャンルの細分化で敷居は高いかも知れませんが、曲そのものは、日本人は耳なじみがあるかもしれません。
アニソンやゲーソン、BGMという形で、この領域の音楽は、意外と身近なところに転がっています。MADの材料にももってこいだったりします。

こんな感じに、ほら。

テーマ: 同人音楽
ジャンル: 音楽

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。