ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり・・・・るのか?

DATE: 2009. 09. 18 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども、民主党政権になって、「自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」が出版されるのか、ちょっと心配なライ麦狼です。

「自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」(←で、少し読めます)

ホント良い作品ですよ。
何というか、福井晴敏が火浦巧の悪霊に感染してしまったような、そんな作風です。
(だからっと言って、10年規模で続編が止まっていたりはしません
 ・・・・・・まさか、出版されるのは・・・・・・・・・・・・・10年後?)

また大規模戦闘よりも、少数部隊の人間レベルに視点が置かれているのも、「戦記モノ」というより「ラノベ」的で読みやすいです。
また、政争なシーンでは無茶苦茶実在の人を連想しますし、時間差攻撃を仕掛けてくる複線なんてのも、感じさせてくれちゃいます。


そしてなにより、特殊部隊で、”アーチャー”やら”ランサー”なんて呼称を使っていたり、
大規模作戦開始の合図が、(トラトラトラみたいなヤツね)

「”魔王がフェレットを拾った”。繰り返す、”魔王がフェレットを拾った”」

だったりと、”こちら側”の人間には、ニヤりとせずにはいられないネタが、いたるところにあったりします。

自衛隊×ファンタジー作品としては、妙な角度からリアリティを感じる作品だけに、
流石に禁書にはしないでしょうが、民主な人々からは嫌われそうな気もします。

あと、”自衛隊×ファンタジー作品としては、妙な角度からリアリティを感じる作品”ってので、

大阪は踊る!

ってのも、気になるんですよね。自衛隊vs大坂のおばちゃん・・・、想像を絶する激戦になるでしょう(汗


スポンサーサイト

テーマ: **おすすめbook!!**
ジャンル: 本・雑誌

埼玉新聞は本気です

DATE: 2009. 09. 13 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども、今年の埼玉新聞はやっぱり違うな~、と痛感したライ麦狼です。
日曜の一面トップ、デカデカと使っていらっしゃいやがります。

一面トップ

サブカル・観光関係の税制優遇とか、地味なモノの効果もあるでしょうが、
なにより、どれだけ市民・ユーザーが関心を持つか、という事が大事ですし、
異教徒・少数民族の同化政策環境問題と同じく、
次世代への子供の頃からの洗脳・スリコミ教育・伝達も大切なんでしょうね。


洗脳具合で行ったら、ファミマもすごいと思います・・・・・・ダメだ、ふぁみふぁみま~がエンドレスで・・・

  
  

テーマ: 本日の日記
ジャンル: 日記

H-ⅡB 深夜の撃ち上げって最高っ!!!

DATE: 2009. 09. 11 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども、観ました観ました、H-ⅡB初号機の撃ち上げを、ライブ映像で観ましたライ麦狼です。

いや~、真夜中の撃ち上げという事で、遠方からも肉眼でも見れるんですよね。
南天東側を昇け登る、小さくとも明るく輝く光点こそが、H-ⅡB初号機なんですよ。



ライ麦狼は肉視出来ませんでしたが・・・・・(涙

でもなんでしょう、このドキドキは。スゲー気持ち良いです。

ネットでライブ中継見ている人達で、ワイワイやりながら、カウントダウンの一つ一つに緊張。
撃ち上げの瞬間には、画面が真っ白な光に満たされ、ちょっと焦ったけど、別のカメラからの映像に切り替われば、光と煙を噴出し上昇するロケット。
慌てて窓から身を乗り出して、夜空を見回す・・・。

肉視は出来なかったけど、星空がもっと好きになっちゃうドキドキです。

テーマ: 今日の出来事
ジャンル: 日記

ジュールベルヌの末裔に、宇宙(そら)の祝福を

DATE: 2009. 09. 11 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども、H-IIBの撃ち上げをライブで見たく、眠い目こすって頑張って起きているライ麦狼です。

・・・眠気覚ましにコレ↓見てます。

続きを読む

テーマ: なんとなく書きたいこと。。
ジャンル: 日記

500pptって、鬼ですか?

DATE: 2009. 09. 01 CATEGORY: 騒楽・奏楽
ども、「とある物質」に関わる仕事をしているために、また経済産業省に怒られたライ麦狼です。

・・・いや、ライ麦狼も会社も業界も悪くないです。別の業界の会社が、07年に生産終了している業務用の消耗品から、
環境の面から、沢山出たらめーな「とある物質」が、500ppt (  = 一兆分の500 ・・・幅20m・長さ50m・水深1mのプールに、0.5ml溶け込んでいる計算) 検出されたという事・・・なのですが、

「新型の計測機器の、限界トライアルでもしているんじゃないか? 
 まさか、検出限界値と定量限界値を間違えて、しかも誤差とかまるっきり無視してね?」

検出限界値  =  存在の有無が確認できる最小濃度
定量限界値  =  十分な精度でその存在量を求めることができる最小濃度

と疑いたくなる状況だったりします。
いや、無理とか不可能とか言いませんが、信用は出来ない数値です。
更に言えば、測定方法や測定機械の説明もなく、某都道府県立の測定・観測所で検出されたという話だけでしたし、
2年も前の製品を、ドコから持ち出してきてたのかさえ、かなり怪しい状況です・・・(汗



で、本題。


Gratitude ~KAGUYA × yuiko ヴォーカルコレクション~ / yuiko



Gratitude ~KAGUYA × yuiko ヴォーカルコレクション~ / yuiko




今回ご紹介いたしますのは、9/18発売の『Gratitude ~KAGUYA × yuiko ヴォーカルコレクション~』   
yuikoお姉さまの、商業アルバム(メジャーアルバム?)第2作でございますわ。
しかも、このアルバムはアトリエかぐや関連の曲が、盛り沢山ですのよ。
もともとyuikoお姉さまのファンのかたはもちろん、ゲームをプレイなさったかたにも、是非聴いて頂きたいですの。
どのくらい聴いて頂きたいかと言うと、

「テメェのチーズ臭いビーバーに、ロケット花火ブチ込まれたくなかったら、とっととで試聴して来い」

と、少々古風にお願いしたくなるくらい、皆様に聴いて頂きたいのですの。
(・・・別に、ライ麦狼は、北米原産のかわいい齧歯目を、虐待しちゃう気なんてありませんよ。
 少し古いスラングで、”ビーバー”は別の意味がありまして、そっちの方を虐待するぞという意味・・・
 90年代のおバカなラップとかに、時々使われていました。)

今回の『Gratitude』は、どの曲もオススメでございますが、
何年も前からyuikoお姉さまの大ファンのライ麦狼といたしましては、トラック9の「Fix」が気になりますの♪
同人アルバム(インディーズ?)の『R o t a t e』にも収録されている楽曲で、ひときわ思い入れが強いだけに、今回はどんなアレンジ・リマスタリングが施されるか・・・、想像するだけで、お腹の奥がキュンとなって、熱いモノが広がってしまいますの。
(・・・自分で書いておいてなんですが、・・・胃潰瘍の自覚症状みたいな表現だな・・・)
まるで、触れるか触れないかのタッチで、太ももや脇腹を刺激され、官能をトロ火で焦らされ続けているかのような、そんな待ち遠しい気分でございますわ。



と、ライ麦狼自身どーにも消化不良な、無理やりなキャラ設定でご紹介しましたが、yuikoさんの新作『Gratitude』は、9/18に発売です。
同人音楽出身の歌い手さんのなかで、とくにロックな曲での歌唱力はピカイチのかたですので、同人・ゲーム音楽として敬遠されてしまう人も、是非に試聴して頂きたい所です。
また、恵比寿のライブハウスでよく活動されていまして、単に歌を謡う人ではなく、演出やトークも出来る人だったりします。
そんなところもyuikoさんの魅力な訳で、もし恵比寿近辺によくお出掛けする人は、ライブの日程など確認してはいかが出でしょうか?




テーマ: 同人音楽
ジャンル: 音楽

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。