ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW・・・ガンダム・ウィング?

DATE: 2009. 04. 30 CATEGORY: 騒楽・奏楽
もーいくつ寝るとM3ですが、GWって何? ガンダム・ウィング? な具合でお仕事なライ麦狼です。
経産省とかEUとか、名前だけ聞くと「ドコの電撃出身の釘宮ボイスの萌キャラだよ。しかもファミリーネームがスワンって白鳥ですか?」と言いたくなるロチャスター大の人とかの所為で無駄に忙しい上に、・・・生分解性素材でキノコ作れとか社長が言い出して、ポッケ農場でなくリアルでキノコ栽培はじめたりしています。
はは、あははは~~、もうこーなると、いかにブログでバカやろか考え始めますよ。
っーことで、前回やった”怪しい口調”を今回もやってみます・・・今後もこのキャラやってこーかな? ライ麦狼とは別キャラという設定で・・・




という事で、えむすりい友の会から気になる作品をご紹介いたしますの



少年擬人化ボイスドラマ[東京23区の少年-城北編-]
(Spiral Spirit)

サークルSpiral Spiritさまが、M3に出展される『少年擬人化ボイスドラマ[東京23区の少年-城北編-]』。
去年も同シリーズをご紹介いたしましたが、都民はもちろん、首都圏のかたなら判るネタが満載な作品でございますわ。
W氏が描かれるキャラクターは、攻とか受とか腐とかだけでなく、どこかレトロともモダンともとれる雰囲気。そこに多くの演者が声を吹き込み、何気ない(?)日常の物語を紡いでらっしゃいます。

ふふ、しかも今回は城北編という事で、なんと豊島区が参戦ですのっ!! 豊島区ですのよ豊島区、そう池袋は乙女ロードを有します、豊島区でございますの。
もう、「豊島 千早」というキャラは、お姉さん的にはお持ち帰り・・・いえ、むしろその場で暗がり引きずり込んで、教育的に宜しくない事を・・・って、私(わたくし)はいったい何を口走っているのでしょうか。つい本音をもらしてしまうなんて・・・
ですけれど、美少年×レースヒラヒラロリータ服×オタクですのよ、こんな可愛い美少年というより既にオトコの娘なキャラを投入してくるなんて、Spiral Spiritとは何て腐女子殺しなサークルでございましょう。 ・・・そこ、とっくに貴腐人な年齢とか言わないで下さいまし


しかし、豊島区というとここ数年は、乙女ロードから見て駅の反対側で、チャイナタウン構想で問題が起きている区でもありますわね。何やら以前にライ麦狼というイヌっころが、気になって現地で”聞き込み”の真似事をした限りでは、根の深い問題らしいとのことですの。
・・・「豊島 千早」レースヒラヒラチャイナ服ヴァージョン・・・・・・・・・
むはーーーっ!!、い、良いかも知れませんわねチャイナタウン。




「-Band Edition-」
(海闘使馬馬)


<ニコニコ動画の演奏してみた、歌ってみた、描いてみたで活躍中の人たちが集結!>
 というのがこの作品でございますの。
ニコニコがあったからこそ生まれた1枚のCD。ニコニコがあったからこそ出合ったメンバー。ニコニコがあったからこそ生まれた名曲の数々。
と、どうご紹介して良いかもわからず、ありきたりな言葉を並べてしまうのですが、それだけ手堅い布陣をしいた作品でございます。もう私の下手な言葉よりも、リンク先で聞いていただくのが1番なくらい、皆様ご存知の曲が収録されておりますわ。
コレだけではご紹介にもならないので、バナーなど設置いたしますの。




『消えたパイロット/ロマンのかけら』
(ホームラウンド)

ホームラウンドさまが、「ファンタジーと日常を同レベルで描く」というコンセプトで製作される逸品。
どこか奥田民雄っぽい世界観は、本当にやさしくて切ないくてどうしようもございません。
歌唱担当の竹松準さま、落ち着いたかすれた声がとっても魅力的ですの。変に着飾る事も無く、同じ目線の高さから普段着で語りかけてくるようで、落ち着ける空間を作ってくださいます。
保護欲とい呼べば宜しいのでしょうか? 前述の「豊島 千早」の、お持ち帰りor暗がりに連れ込みしたい衝動とはまた違った意味で、思わず後から優しくハグしたくなる雰囲気でございますわ。
ちなみイラストを描かれているのも、竹松準さまのご様子でございます。
・・・・・・ブログの某記事を拝見させて頂くと、何となく画風に影響がそこはかとなく・・・・・・ええ、私も苺ましまろ大好きですわ。



スポンサーサイト

テーマ: 同人音楽
ジャンル: 音楽

『MintJamさんの歌を聴けーっ!!』

DATE: 2009. 04. 18 CATEGORY: 騒楽・奏楽
ども、『MintJamさんの歌を聴けーっ!!』、と叫びたいライ麦狼でございますの。
いや、むしろ「金の無い奴は恐喝してでも(以下略」くらいの心情でしょうか。
・・・何となく、何処かのネコ科ウリ科のお店で、そーゆーポップが使われる気がします。
M3と同日の5/5にショップ販売も開始で御座いますから。


MintJam M3の新作 『-KEY tribute album- Vivid Colors 』

で、この新作・・・説明のしようがないくらい素晴らしいですのっ!!。
もうリンク先のページで、貴方様の耳でご試聴して頂くしかございません。
特に「 Last regrets 」の試聴版のラストなど、あのタメを置いてからの、囁きかけるようなワンフレーズ。お腹の下の方が、切ないくらいに熱くなって、じゅんと濡れちゃうほどですわ。
ああん、試聴でこんなになっちゃうのですから、もしもこんな熱くて逞しいアルバム一枚を、まるまる聴いてしまったら、どんな事に・・・考えるだけでゾクゾクしちゃいますわ。
M3会場で100円で頒布予定のオリジナルピック
・・・あの黒光りするピックをギターを掻き鳴らすためじゃなく、別の用途に使ってしまいそうですの
(アクセサリやストラップにできるように、穴のあるものもご用意との事)

「鍵っこ」な方はもちろん、KEYをご存知で無い方(うふふ、そんな方には、ライ麦狼が手取り足取り、大人な個人レッスンして差し上げますわ♪)でも、充分に価値のある1枚で御座いますし、この1枚から各KEY作品を知る1歩に成りえる、そうライ麦狼は信じています。




とまあ、ココまでMintJamさんのM3新作『-KEY tribute album- Vivid Colors 』に惚れ込んで、怪しい口調でご紹介&紹介文全部にリンクを掛ける暴挙にでましたが、
MintJamって何? オレンジ色の甘くないジャム?」 ってな人には「ご存知ないのですか?!」という驚きと共にこんな動画をご紹介。



↑ちなみに、これのアコギ版(「extra GIG #Crying Moon」に収録)も最高ですよ♪

テーマ: 同人音楽
ジャンル: 音楽

ティルコネルかレッド・ビーか・・・・・・

DATE: 2009. 04. 10 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども、気分転換もかねまして、エビの養殖池水槽にビーシュリンプを投入したライ麦狼です。
ブームも下火になったのでしょうか、一時期のニシキゴイじみた値段設定は無いご様子。
お酒を1瓶我慢すれば、充分に手が出せる価格帯でございます、はい。ちなみに今回我慢したお酒は、「ティルコルネル」です。
マビノギユーザーなら気付くと思いますが”ティルコネル”が語源という、半分ネタ込みな逸品です。


で、玄関の下駄箱の上という、いかにもな場所に置かれた水槽。
ソコへ買ってまいりましたビーシュリンプと竹炭の投入です。
という事で、掃除怠り気味の水槽の写真をば、

suisou1   nedann   sannbiki

お値段は、写真の通りのですが、数えてみるとちっこいのが1匹余分に入っていて、ちょっぴりラッキー♪
投入時にえらく底砂が舞い上がってしまい、ウィローモスが一部埋まりかけたりしましたが、特に問題なく在来のエビもビーシュリンプも泳ぎ回っていらっしゃる。
というか、ビーシュリンプが既に我が物顔・・・。エサに入れた咲ひかりの粒を、抱えて隅に持ち去りやがってます。
・・・ちょっと在来組みが心配。

ue

ap   ueap   up 

あと、心配ごとがもう2つ程。
もともと水槽のキャパいっぱいだったところへ、ビーシュリンプを投入して大丈夫だろうか? という根本的な事が1つ。
もう1つはこれ↓

aka

レッドチェリーの向こう側に、なにやら見慣れない赤い巻貝が・・・、ビーシュリンプと一緒についてきたみたいです。
このひとも一緒に飼育していて問題ないのかな? という事です。
なんとなく壁の苔を食べてくれそうなんで、問題ないなら飼育してこーかな・・・たぶんこのひと雌雄同体で勝手に増えていきそうだけど。

テーマ: ☆水槽の中☆
ジャンル: ペット

お尻とマラソンとAYUTRICA

DATE: 2009. 04. 06 CATEGORY: 騒楽・奏楽
ども、『..:・* 多彩な水玉 *・:..』さまで紹介されていた 「Ende der Träumerei (エンデ・デア・トロイメライ)」を聴いて、AYUTRICA がお気に入りなライ麦狼です。

粗雑な例え方をすれば、「サンホラっぽい」って事になるのですが・・・、野暮は承知で分類するなら、サンホラがオペラティック・メタルよりならば、AYUTRICAはどちらかといえばシンフォニック・メタルというのでしょうか? ちょいと洋楽というか、Delainとかも聴いてる人ならピンとくるのではないかと。
いや、もちろんこの手の分類が、ひどく滑稽な事は判っておりますが、「似ている=パクリ」みたいな批判をされる人も居るので、そこんところを警戒しての表現です、はい。

で、やはり最初の印象は、ボーカルの星魚有香(ほしおゆか)さんの声。なかなか蠱惑的です♪。それが高音域で、踊るようにはためく量感は、もう逸品ですよ。
もしかしたら、コブシを効かした演歌もいけそうですかね?
あと曲の譜面的なポイントだけでなく、演出や音源にも気になりました。音楽担当のハティスマさんの腕なのか、どことなく舞台音響っぽい感じがします。
上手く言えませんが、サンホラがオペラないしはドラマCDとしての演出なのに対して、ライブや舞台の演出をそのまま曲にした感じ・・・という具合でしょうか?

う~ん、やはり聴いて頂くのが1番ですかね。
兎に角、ライ麦狼としては、AYUTRICAに注目ですし、それを紹介されていた『..:・* 多彩な水玉 *・:..』さまにも注目なのです


で、本題。
ハーフマラソンに初挑戦したライ麦狼ですが、何とか2時間を切りまして、1時間57分代で完走できました。
具体的な順位・タイムはひかえますが、真ん中くらいの成績です。
いや~、ライ麦狼本人も完走できるか不安でしたが、意外と走れるもんですね。
・・・後半16kmからガタガタでしたが。

そのガタガタな理由は2つありまして、1つは前半にトバしすぎました。
どのくらいトバしていたかというと、10km地点でのタイムが、10km走としての自己ベストだったりします。
10km/46分って、明らかにペース配分していません。
21km走るのに、10km走る時よりタイムがよくてどうするのでしょう?
でも仕方ないのですよ。今回ライ麦狼は、上から下までレッズな格好で参戦。そんな状況で、目の前に上から下までアルディージャな格好な人がいたら、浦和系埼玉県民の闘争本能に火が着くじゃないですか。しかも相手もノってきました。
結果、無駄にデットヒートを繰り広げて二人そろって前半で消耗。それでも12kmあたりで大分差を広げて勝つことができました。

けど16kmからは問題発生。
膝が動かないんです。詳しくいうと、膝の稼動範囲が狭くなってきたんです。それが2つ目の理由です。
確かに疲労も溜まっています。膝に若干の痛みもあります。けど疲れたから・痛いから動かせないのではなく、稼動範囲が狭くなったように、動かせる範囲が狭まっきたのです。
初めての体験で対処のしようもなく、完全にペースダウン。アルディージャな人にも追い越され、どんどん後続にも抜かれていきました。
どーにか追いつこうと、セクシーなお尻の人の後を、ハァハァ追いかけるようにしましたが、ペースは上がらず、1時間57分代の結果になりました。


にしても、よくマラソンで聞かれる「自分との闘い」なんてモノは、これっぽっちもありませんでしたね。

テーマ: マラソン
ジャンル: スポーツ

近況。養殖池とハーフマラソンと戦場と

DATE: 2009. 04. 04 CATEGORY: 騒楽・奏楽
ども、去年からはじめたエビの飼育ですが、無事にヒーター無しでの越冬に成功・・・・・・というか、ドンドン増えて養殖池状態になっているライ麦狼です。
水槽のキャパを越えてしまうので、屋外の睡蓮鉢に入植させても、そちらでも生存していて、流石に困っています。
しかも、レッドチェリー(赤)やブリリアントオレンジ(緋)、インドグリーン(緑)も入れたのに、第二世代は全部透明・・・どう見てもミナミヌマエビだったりします。
少し虎ガラっぽいのもいますが、・・・・・・成長したらたぶん透明でしょうね~

・・・いっそのこと紫外線か薬物で、突然変異でも作りますかね(←割とホンキ)


そんなライ麦狼ですが、何も悪い事なんてしていないのに、明日21kmも走ってきます。
21kmなんて・・・全くもって未体験の領域です。
「そのアレよアレ。・・・は・・・初めてだから、優しくしなさいよ。
 ほら感謝しなさい、アンタなんかに、このアタシの初めてをあげ―――
 って、そんな急に、くっ、っっ!! バカ、痛って、やん、くぅぅぅ ひっ!! そんな大きいの、ムリ、ムリなのにぃぃ 」
ってくらい未知の領域です。
なんしろ練習だって15km以上は走っていませんから、ははは♪・・・寸止め15禁くらい?

にしても10km/1時間としたって、15kmなら1時間半~2時間、21kmなら確実に2時間半以上走っているんですよ。CDアルバムなら4枚くらいの時間、ずっと走っているんですよ。
・・・絶対に飽きますよ。
疲れるとか辛いとか以上に、きっと飽きていると思います。
確かにマラソンは、真昼間の天下公道で、前を走る人のお尻をガン見死ながら、ハァハァと激しい息使いで追いかけても、なぜか許されてしまう独特のスポーツです。
しかしながら、2時間以上もお尻見ながらハァハァするモチベーション維持なんて、ライ麦狼にはできません。ライ麦狼は詳しくないですが、もしかしたら男性のかたなら、賢者タイムが訪れちゃうのではないでしょうか? 


で、お尻つながりでこの作品をご紹介。


『DIGITAL RADIO CLASSIC』
(サークルRMT)


「メタルマックスのアレンジミニアルバムで、テクノとかブレイクビーツとかなんかそーゆー感じ」との事です。
トラック02「 戦車に惹かれたい… 」というタイトルからして、作品に込められた熱い想いと高いテンションが、ひしひしと感じられます。戦車ですよ戦車、た、確かに惹かれたいかも・・・
作品紹介のブログもテンション高い逸品ですので、そちらで発売前から堪能&ご試聴してみてください。


きよらイラストですか・・・、む~、ブリリアントオレンジシュリンプの写真を、きよら嬢と言い張って、応募しようかな?


テーマ: 同人音楽
ジャンル: 音楽

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。