ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食わず嫌いはいやですよ

DATE: 2008. 09. 27 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども、 RUN GIRLS RUNさんの『little miss Alice』が楽しみなライ麦狼です。

現在、動画も付いて試聴できるトラック1「 golden slumber」。聴いた瞬間に思ったことは、

「部屋のオーディオに、休日の朝専用の目覚ましに登録しておいて、もうお布団の中から半分寝たまま聴きたいっ!!・・・うんでもって、そのまま二度寝してまどろみへ再突入っ!!」

というものでした。

何というか、柔らかくて儚いけどキラキラしたものを詰め合わせた雰囲気。
モールツ信号のように一定のリズムを刻む電子音。
幾種類もの小鳥の囀りと、吐息のような歌声がリンク。
けだるくも羽のように軽いピアノと、目立つことなくささやくオルゴール。

動画やイラストの雰囲気とも混じり、6つの物語と歌声が、どんな風に1つになるのか楽しみです♪




で、こんな事がドイツであった模様です、はい。


前衛音楽家、33秒の曲に70,200曲を引用、利用申請のため70,200部の書類を権利団体に提出

「インターネット技術で共有可能になった音楽と、その音楽を作ったアーティスト達を守るべき著作権」って内容。
M3も近いこの時期に、ちっくと気になりましたお話です。
同人誌にしても同人音楽にしても、著作権・共有の2点は常々でる話題。
いろいろな人が、いろいろな考えで、いろいろな行動した結果、現状の”それなりに共有できる状態”、なんだと思います。もちろん、今後はどうなるかはわかりません。
ライ麦狼としては、皆で共有できて皆がハッピー てのを希望します。そんなの出来ねーよ、って仰る人がいるかも知れませんが、そんなのを叶えるのも技術なんだと、ライ麦狼は信じています。

・・・・・でも、議論ってのが同じ議題で同じ場で行えるってのは、羨ましかったりしますね


”技術と規制” って事で行くと、バイオやケミカルは随分と、不遇でうぐぅな扱いを受けていると痛感します。
技術と関係なく規制というヤツは決定されている気がするのです・・・・・・

バイオに関しては、昔ながらの既得権益だけでなく、ドコの誰かも解らない”一般”の生命倫理を押し付けられ、あまつさえ、キリスト教徒でもないのにあちらの理屈を突きつけてくる人までいやがりました。

ケミカルにしても、”○○は危険かも知れない”という事は議論されても、”いや~、実際は無害だったよ”ってのは、まったく議論されません。
”何が入っているか解らない” と毛嫌いする人は最初から議論してくれないし、”天然素材だから安心♪” って言うけど、天然素材の方がホントの意味で何が入っているか解らないのに。
いやむしろ、そこがバイオのスゲー面白いトコロなのに・・・。

なんつーかそーゆー誤解や偏見は、手羽モトのから揚げで軟骨を食べない人とか、大根の葉っぱの部分を捨てちゃう人みたいで、「えーそこが1番おいしいのに~」な残念感がただようんですよ・・・・・・ホントおいしいのに、大根の葉っぱ。


だからライ麦狼が思うことは、食わず嫌いをせずに議論して欲しいって事です。

共有・著作権も、バイオ・ケミカルも、軟骨葉っぱも、食わず嫌いせずに何度かシチュエーションを変えて食べていただきたいのです。
音楽でもそれ以外でも、実際に共有ファイル・システムを使ってみる。実際に自分で何かを作って発表してみる。
バイオでもケミカルでも、実際に肯定・否定の情報を色々な媒体で調べてみる。そーしてから議論を色々な場面でしてみる。

そーゆー事を願いたいのです。そーすれば、たとえ平行線を描いた議論でも、ちったーまともな規制が出来る気がするのです。
スポンサーサイト

テーマ: お気に入りアーティスト
ジャンル: 音楽

業務連絡 走り書き「受験生モノ」

DATE: 2008. 09. 21 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども、『狼と香辛料』の”ホロ”の名前の由来を勝手に

「狼 + 欧州 という事ならスラブに関係あるのでは? 」

と決め付けて、そこいら辺の情報をネットと書籍であさっていたライ麦狼です。
まぁ、”ホロ”という名前のフォークソング・フォークダンスは見つけましたが・・・関係ないですよね、たぶん。

あと、由来とは関係ないけど、デジタル・クワルナフ さまで読んだ記事も、なかなか面白かったです。

真面目に由来を調べるならば、金枝篇を読み返したり、作者のブログを漁ったり、ファンレターを電撃文庫宛に送ったり、現在何粒目か解りませんがスレッドに書き込んでみるのが妥当なのでしょうが、
それでは、妄想・・・もとい、想像の翼を広げる遊戯に対して不粋かな? と思ったりして♪


で、業務連絡です、はい。

ある”お題”というか、とある導入部に使える設定として、ちっくと書いてみた走り書きです。

あくまで走り書きです。
主人公・ヒロインともに高校3年生で受験生・・・もとい”学園”の3年生で受験生で、季節は2月頭くらいですかね、センターの一次試験の翌週くらい想定しています。
特に服装の指定などは考えていません。
環境・天気なども決定・描写する必要は無いと思われますが、”寒い方が吐息や体温の視覚的表現がしやすい”気がしたので、中途半端な北国を想定しています。
登場人物は全て18歳以上です。



走り書き「受験生モノ」




落ちる。
その感覚を認識した次の瞬間には、首が勝手に跳ね上がっていた。
反動で脳がシェイクされ、儚いまどろみが消え去ってしまう。

「ほぇ?」

自分が脳裏の銀幕に何を投影していたのか。思い出そうとすればするほど、薄れてゆくもどかしさ。
何か、朝食のようなモノを食べていたような・・・・・・
言葉に出来ないくらいぼんやりとしたそれは、柔らかな縁取りと温もりを持っていながら、ひどく悲しいかったように思える。
旗瀬智也は、そこまでしてようやく気付いた。
自分が寝ていたらしい、と。

続きを読む

テーマ: 学園小説
ジャンル: 小説・文学

疲れた脳髄に音楽注入

DATE: 2008. 09. 14 CATEGORY: 騒楽・奏楽
ども、成田まで両親送った帰りに、新宿で『空の境界』のモーニングショー観て来たライ麦狼です。

具体的には、

前日 午後11時
ほぼ1日を使って、旅行の最終準備の手伝い。
当日 午前4時
朝一番の便に乗るために、車で成田空港へ出発。電車でもいい気がするのだが・・・
当日 午前6時
成田空港到着。このド田舎のどこが新しい東京なのだろう・・・
当日 午前7時半
神田の駐車場に車を駐めて、電車にて新宿へ。ほとんど時刻表トリック?
当日 午前8時50分
テアトル新宿にて『空の境界』のモーニングショー。次回予告とロケットペンシルに戦慄を覚えました。
当日 午前11時~12時30分
新宿・秋葉原・神田でお買い物。都内でないと入手できないものって多いです。
当日 午後2時~5時
隣街のもうひとつ隣街で友達と買い物&お茶。ミントティうま~
当日 午後6時~10時
地元で友達と呑み。久し振りに日本酒も悪くない

な休日の過ごし方をしているのですが、・・・体力持たないよ、歳かな~(涙
今回はそんな疲れた時に聴きたい同人音楽をご紹介。ってか運転中にずーっと聴きっぱなしだった作品です。

アニソンリコーダー Vol.1
(ライネ・ムジーク 中雑魚酒菜)


紙ジャケがなんとも可愛らしくて、イラスト左下のレナみたいにしたくなっちゃうイラストです。
・・・何故かこなたのパンツが、ずば抜けて詳細に描かれていたりしますが・・・・・・
で、中身のほうは、
『アニソンと言えばこれ!と言う定番曲から、リコーダーで吹くならこれでしょ!というマイナーな物まで集めて一枚のCDにしました』
という謳い文句に恥じないラインナップ。
何しろトラック1が「雪、無音、窓辺にて」って、行き成り長門でございますかっ? OP曲とかじゃなくて、キャラソン・・・
その後もトラック2が「かえして!ニーソックス」・・・・・・もってけじゃないのね。カップリング曲をもってくるのね・・・
そんな感じで、選び抜かれた楽曲が並んでおります。

その中でライ麦狼がオススメするのは、トラック7の「Lost my music (お気楽ミックス)」です。
ジャケットの解説では、『ひたすらへたっぴなウクレレが進行していく何ともまとまりのない作品。―――』とあるのですが、
ウクレレぜんぜんへたっぴじゃないですよ。
なんといいますかプロっぽくないのが、とっても魅力的なほのぼのサウンド。
ドライブ中に聴いていると、フルオートで遠足気分に ―― しかも演出はきっとクレイアニメ ―― なっちゃう一曲なんです。

Lost my music で ”ほのぼの”とか”遠足気分”って、いったい何やねんっ!!

と、PHOENIX ProjectさんのMechanized Emotionあたりの、硬派なアレンジを聴いている人からツッコミが来そうですが、いやホントにほのぼのしているんですよ。

だから疲れている時に、なんとなく良いんです。
こう、行くぜガツンとニトロ注入っ!! と言うのではなく、ソーラーパネルと一緒に日向ぼっこ♪♪ とい感じでしょうか? 
ほんわか元気になっちゃうので、もし聴ける人き聴いてくださいな。


あと、2008/9/9日記で書かれていらっしゃる
 『アニメ版狼と香辛料の四話を見て言語学的な考察。』
なのですが、ライ麦狼なんて名前を名乗っている身としましては、ちょいと考察したくなってしまいます。

中雑魚酒菜さんは、ギリシャ神話の豊作の神をアストライアとされていますが、たぶんデメテルまたはペルセポネだと、ライ麦狼は推測します。
理由は、狼と香辛料や欧州の穀物狼の逸話と繋がりがある物語「金枝篇」に記載されているのは、母娘の女神デメテルとペルセポネだからです。
まぁそこらへんは、こちら「初版金枝篇 第三章 第八節 デメテルとプロセルピナ」「神殺し - 初版金枝篇まとめ⑤」を読んでいただければ解るとおり、土着信仰の上に後からギリシャ神話がかぶさっているので、俊粋な穀物霊・穀物狼の伝承となると、”蛮人”の神話を解かねばならないでしょう。
あ、キリスト教の逸話もかぶさっていそうで、もっと難しいかな?

”蛮人”の神話+ギリシャ神話キリスト教の逸話+地元のローカル伝承

といったところでしょうか?
現在の呼び名であるコルンムッター、もしくはその使いのコルンウォルフの、個人名がホロとなるにしても、北方から来た狼(ある意味客人だしね)が穀物霊として奉じられ信仰の対象となる。
金枝篇に描かれるポイントは押さえている通り、名前も何か所縁があるのかもしれません。

・・・・・・・違ったらゴメンなさい。





テーマ: 同人音楽
ジャンル: 音楽

9.11動画に対する考え方とか

DATE: 2008. 09. 12 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ライ麦狼「ども、麦の収穫期という事で、一週間ばかり穀物倉庫に閉じ込められていたライ麦狼です」

ライ麦娘「・・・・・・この犬っころは、また同じネタをやらかしてふ~ん、そんなにお勉強したいのですか?」

ライ麦狼「嫌ーーーっ!! ラピスとかプラチナとかは嫌ーーーっ!! あんなの読んだら、もうお嫁にいけないーーーっ!!」

ライ麦娘「何をカマトトぶっているのですか、このビッチが」

ライ麦狼「うわっ!! ビッチ呼ばわりされた。へーんだ、ビッチって言うほうがビッチなんだよ」

ライ麦娘「はいはい、小学生みたいな言い返しをしていないで、何ゆえ今回はこの形式なのですか?」

ライ麦狼「そりゃもちろん、一人称では表現しにくいネタを扱うからだよ」



ライ麦娘「なるほど・・・政府陰謀論ってヤツですね。アポロは月に行っていない とかと同じで」

ライ麦狼「いやあれはヨタ話だけど、こちらは話の筋がよく出来ているとおもうよ」

ライ麦娘「む~、『01年当時は旅客機から携帯電話が通じない』 とか『合成音声でオレオレ詐欺』という件は、如何かと思いますけどね」

ライ麦狼「と言うと」

ライ麦娘「携帯電話のキャリアや機種、回線の具合や、飛行場所とアンテナの位地で、通じるかどうかがきまるのでは?」

ライ麦狼「まぁ確かに、細かいところは推測や感情で理由付けしてるよね」

ライ麦娘「いえ、感情というよりも、1万ある情報の中から100個の情報を選び抜き、好みの切り貼りをしたからと言って、100%の情報ではないでしょ」

ライ麦狼「えー、でも『ペンタゴン周辺の不自然』や『米政府上層部とアラブの繋がり』ってのはわりと有名なんじゃないかな?」

ライ麦娘「むしろそこです。既存の情報や噂を繋ぎ合わせている所が、信用できないのですよ。殆ど、オリジナルの無いコピーじみた情報さえありますよ。この作品自体の取材があるのかさえ不明なのですから」

ライ麦狼「噂話をまとめただけ、と」

ライ麦娘「ただまとめるだけではなく、先ほど言いました通り、選んでいらっしゃるのですよ」
ライ麦娘「あの当時の情報の錯綜具合は覚えていらっしゃいますでしょ。ハイジャックされた機体の数と、その時間に飛んでいた旅客機全体の数が摩り替わり、『11機以上がハイジャックされた』と、報道機関が伝えたほどですから」
ライ麦娘「それがましてパニック状態のNYなら、じっくり探せばお好みの証言が出てきますよ。爆発でもミサイルでも」
ライ麦娘「あと『○○について明確な情報を開示していない』『政府による不可解な発表』的な事柄は、貴方の方が詳しいのではないでしょうか?」


ライ麦狼「う、そりゃ、諜報戦しているんだからそーでしょ。何処に敵に・・・いや内部の対立派閥も含めて、何処に潜んでいるかわからないんだから」
ライ麦狼「なのに『自分達が何処まで知っているか』『何処からが知らないフリで、何処からが知ってるフリか』、態々教えてあげる義理もなければ、“日常業務“のために利用しちゃいけない訳でもないでしょ」

ライ麦娘「そういうことです」

ライ麦狼「ところでコレの解説サイトは読んでる?」

ライ麦娘「ええチラっとですが読まさせて頂きましたよ。・・・もしかしまして貴方は、解説サイトを読んでもこの作品を信用しているのですか?」

ライ麦狼「信用はしてないよ、この作品も解説サイトも。“な・・・・何だってーーっ!!” なノリが大好きなだけ。信用するとかは別でしょ」

ライ麦娘「ノリを楽しむか、真面目に信用するか・・・ですね。確かめるという行動はとれませんものね」

ライ麦狼「だよね、情報のウラを取れない限りはね。どちらにしても7年たって、あのテロで誰が何をしたかったのだろう? と思っちゃうんだよ」

ライ麦娘「特に90年代から、そこそこの規模の嫌米反米タイプの難民支援団体に参加していた貴方では、複雑な感覚なのではないですか? まぁ、問題行動が原因でやめたみたいですが」

ライ麦狼「くっ、問題行動って、単に

 ”欧州のメディア・団体・企業・と連携した直接的なロビー活動”
 ”米資本の農業カルテルへのネガティブキャンペーン”
 ”日本企業による、生食可能なタロイモの遺伝子組み換え・食べるワクチン化の推進。それに伴う日本の農業進出・資源確保”
 ”難民支援同人誌を作ってコミケで頒布”

を発言しただけなんだ。そしたらあの腰抜け団体は、単に“市民活動”して広報誌つくって募金集めて納めるだけで良いといったばかりか・・・」
ライ麦狼「あいつら・・・・・、あいつらは、ライ麦狼が布教していた18禁ゲーム(ONEとかKanonとかAIRとか銀色とかこみパとか月姫とかミントちゃん)が犯罪の温床になるとか言い出しやがったんだっ!!」

ライ麦娘「そこですよこのボケ狼ーーっ!!」

ドゲシ、と鈍器で頭蓋を叩く音が響く

ライ麦狼「い、痛いんですけど。野生動物の虐待だよこれ」

ライ麦娘「何が野生動物ですか、どちらかというと幻想種のくせに。で、何ゆえ難民支援団体で、18禁ゲームコピーしまくって、そこら中に配ったていたのですか。最終的には別の支部や大学にまで、貴方の名前(もちろん偽名)が飛び火していましたよ」

ライ麦狼「いや、若手の派閥作ろうとしてさ。無論、自分が代表になったりなんかせず、リーダー向きの人見つけたら焚き付ける方向で。ゆくゆくは組織をのっとり出来るかな?かな?」

ライ麦娘「出来る訳ありませんでしょっ!!このバカ犬ーーーっ!!・・・解りました、貴方にはもっと教育・・・いえ調教が必要みたいですわね」

むしり、とライ麦狼の尻尾を掴むライ麦娘。何処かへ引っ張っていく

ライ麦狼「え?え? 散歩? 後ろ向きだなんて、そんなアグレッシブな散歩はちょっと・・・」

ライ麦娘「散歩ではありませんよ。布教すべきはBL文庫であると、しっかりと叩き込んであげますので、覚悟してくださいね」

ライ麦狼「って、またそれかーい。嫌ーー、ラピスもプラチナも嫌ーー」

ライ麦娘「ふふ、ご安心下さいな。今回はキャラ文庫ホワイトハート辺りから、ゆっくりと導入して差し上げますので、ふふふ。そう二人っきりの時間はたっぷりとあるのですから、ゆっくり、ゆっくりとです。ふふ、うふふふ」

ライ麦狼「嫌ーーー、もっと嫌ーーー、た・す・け・てーーーー。どうせならコッチ方面のほうでーー」

ライ麦狼の叫びも虚しく、あの禍々しい扉が出現。意思を持つかのごとく、二人を飲み込んでいく。
その向こう側は正に、煮詰まったソドムの都。ああ神如きに、あの力の奔流たる存在が焼き払えるものか、見よ今も未だ蠢き進化し続ける存在を・・・・・・

テーマ: アメリカ合衆国
ジャンル: 政治・経済

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。