ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右とか左とか

DATE: 2008. 05. 31 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ライ麦狼「はい、麦の収穫という事で、今年も一週間程、穀物倉庫に閉じ込められていたライ麦狼です。いや~、そのためにブログの更新も出来ませんでした」

ライ麦娘「・・・そういう、あからさまなウソはやめてください。更新を怠けていた言い訳を数分前にでっち上げたのに、このケダモノは」

ライ麦狼「ケ、ケダモノ言われた~(涙。 あぅあぅ、でも麦の収穫ってのはホントなのだよ」

ライ麦娘「あれ? 秋じゃないのですか、元ネタでもたしか?」

ライ麦狼「元ネタの、金枝篇にしろ香辛料にしろ欧州昔話だからね。日本とは収穫時期というか、栽培方式が違うんだよ。元ネタは ”三圃式と、そこから新たな方式への過渡期” もしくは、かなり北の土地なんだと思うよ」

ライ麦娘「なるほど、では日本はどうなのですか? あと”ライ麦狼”のような存在はいるのでしょうか?」

ライ麦狼「日本は大概冬小麦と米の二毛作。で、穀物狼ってのはいないと思うよ。だって農耕の神様は稲荷と、その眷属の狐が幅をきかしてるからね。あの系譜は焼畑農法の頃からだから、勝ち目はないよ。それに狼=大神は山の神って事で、畑や里と切り離されてるからね」

ライ麦娘「へぇそうだったのですか。疑問も解けたところで、1つ確認なのですが、今回のテキストラジオ風の更新はなんですか?」

ライ麦狼「ああ、今回のこれね。いや実はほしいろえんぴつ氏に、「ライ麦狼のブログって、割りと右っぽくね」と、指摘を受けましてね。そのことを自問自答するネタを考えたんだけど、どーにも一人称ではツッコミが効かないと気付いたしだいでね」

ライ麦娘「ツッコミ役として、私は召喚されたわけですね」

ライ麦狼「そうそう、いつもはいろんな体位で突っ込まれている側だけどね」

ライ麦娘「な、何ですかそれっ!! 挿入シーンなんてありませんっ!! (怒」

ライ麦狼「そーいや無かったな・・・このブログには(ニヤリ。 ともあれどー思います、このブログって右かな?」



続きを読む

スポンサーサイト

テーマ: つれづれ日記
ジャンル: 日記

血と硝煙とドブ泥と

DATE: 2008. 05. 21 CATEGORY: 騒楽・奏楽
ども、髪を切りすぎた感のあるライ麦狼です。
いや、ショートでもベリーショートでも、いっこうに構わないのですが、・・・側頭部って言うんでしょうか、横のところがピンっとはねてしまうのが手痛いです。
うぅぅ~ワックスでムリヤリ押さえつける対処法を実施ちゅうです。

で、本題っーかひと言叫びます。

う、虚淵が、・・・う、虚淵がっ、「ブラック・ラグーン」のノベライズを書きやがったっーーー!!
・・・いやビックリです。ホントにビックリです。
なんですかね~コレ。これ以上にないくらいベツトマッチ、というか最高級の抱き合わせ販売というか、
誰ですか最初にこの企画考えた、ファンキーなお人は!? 



で、対抗して(?)「ブラックラグーン」×マリリン・マンソンな動画です。

テーマ: ひとりごとのようなもの
ジャンル: 日記

3月の雪辱をはらす

DATE: 2008. 05. 17 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ご当地ネタたっぷりな『[東京23区の少年]』




都民はもちろん、首都圏のかたなら判るネタが満載です。
それがそのままキャラ立ちに生かされているのは、なかなか素晴らしいですな~
いっそを都庁で流したらどうだろう・・・などと、物騒な発想が浮かんだライ麦狼です。どうでしょ、都知事?

まぁ少なくとも、国際通りが表参道みたいにはならないだろ・・・(汗

・・・そーいや昔、コンパイラで似たようなネタなかった、ネリマクィーンとか?


実は3月の雪辱をはらせたので、それでちょろっと更新です。
いや~、勧誘電話相手に、た~っぷり偽情報を吹き込むことが出来ました♪。
もちろん勧誘は、しっかりきっかり跡形もなく断りました。


それは一本の電話です。



勧誘女「”○○○ ○○”さんですか?」
ライ麦「はぁ、そうですが、どちらさまですか?」
勧誘女「私、大宮にありますアパレルショップの××××(以下略――」

この瞬間、ライ麦狼の情報操作スイッチがONになりました。

続きを読む

テーマ: ひとりごとのようなもの
ジャンル: 日記

自己満足を応援します

DATE: 2008. 05. 16 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
「MORCA / ORDER」
・・・何かのドリームチームでも作る気だったのでしょうか?
 ”そうそうたるメンバー” という、ドコか古臭い表現意外でどう表現しようか悩んでしまう、同人歌姫特盛りな1枚。
イベント販売2500円という、商業レーベルなお値段といいますか、異様に強気なお値段というのも、まぁ、納得できる気がいたします。
単に歌姫の基本スペックにモノをいわせた力技だけでなく、バリエーション豊富な曲調が魅力的です。




で、本題。
ライ麦狼は自己満足を応援します。

本日コンビニのレジでのこと、 ミャンマーサイクロン・四川地震の募金箱の前で「募金なんて自己満足だよ、オ(ピーっ!!)だよ。するのは間違っている」な事を、仰っていた子供がいたので、
つい大人気なく、割り込んで目の前で福沢さんを投入しちゃいました。




自己満足っていけないんでしょうか?
オ(ピーっ!!)っていけないんでしょうか?

そりゃ、授業中にウズラのタマゴみたいな形で、中にモーターが内蔵された機械 (そこからコードが延びて、リモコンに繋がっていたり、無線でコードレスだったり) を、こっそりと自分に内蔵しちゃって自己満足するのはいけませんよ。
黒板に書かれた問題を前に出て回答する時に、ぎこちなく歩いたり、零しそうになったり、すげースリルを味わうのはいけません。
ましたや、自分でじらして引き伸ばして楽しんでいたら、途中で電池切れになって不完全燃焼なんて、イキたくてもイケないにも程があります。

でもそれ以外の自己満足の何がいけないのか? 
自己が満足することが間違っているならば、満足しないことが素晴らしいのか?

違うだろ。
間違っているのは、住む国は違えど、人生を奪われてしまうような悪い事なんてしていない、普通の一般の人たちが、
必死に今日という日を生きていたり、のんびりと来週の予定を考えたり、根底のところも日常的なところも貴方と何一つ違わない人たちが、
死んだり、家族を失ったり、人生を狂わされる事が間違っているんだろ。
たとえ相手が、戦争だろうと天災だろうと、死んでも良い人、家族を失っても良い人、人生が狂わされて良い人なんていやしない。
その間違っている悲劇を正すことが、どうして間違っているんだ。


行動せずに、満足しようと動きださずに、動けないイラだちや動く事への恐怖を、他者を否定することで帳尻をあわそうとして欲しくない。
貴方が行動するか満足するか? であって、他者が行動するか満足するか? ではないはずです。




・・・そんな感じの事を何となく思い、その子供の前で見せつけたかったのです。

もちろん募金先は選ぶべきで、無駄な支援や、悪徳募金も中にはあります。(名前は出さないけどね)

大手コンビニチェーンの募金がどれほど透明かと言われると、ライ麦狼には判断できません。「たぶんそんな酷い事はしないでしょ」と言った程度のモノです。
それでもあの瞬間、募金というコンビニチェーンのとっている行動を、自己満足というキーワードで否定する事が許せませんでした。
そして、募金をしている大人を見て、あの子供が少しでも行動(支援とか募金という意味だけではなく)をしてくれたら嬉しい。
・・・そう思ったのです。


あ、無論、募金は自由意志でのモノと考えてますよ。強制的にしちゃったら募金じゃなくて、集金になっちまうじゃないですか。

あと、同じ教室で自己満足するのでも、
放課後、誰もいない夕暮れの教室で、好きな人の机の角に股間をこすり付けて自己満足するのは問題ないと思います。

スカート越しの刺激ではもどかしくて切なくて、スカートもめくり下着もずらし、直に刺激を求める。
めくりあげたスカートの裾を咥えて、声を殺すことは出来ても、段々と大きくなる水っぽい音はと立ち込めるにおいは隠せず、
廊下の足音が近づくたび、恐怖と緊張が、そしてそれ以上の羞恥と快感が駆け上ってくる。
廊下から死角となる位置とはいえ、止めなれば気付かれてしまう。そう思いながらも身体は止まることなく、そればかりか秘部が焼けるほどにリズムを加速していく。
ゆっくりと、でも確実に近づいてくる足音。制御できず、どこまでも高みを求める快感。
薄い壁越しの足音が不意に教室の前で止り、扉が、―――

ってなシチュエーションになっても、まぁ頑張ればなんとかなるでしょ、たぶん。

テーマ: 地震・天災・自然災害
ジャンル: ニュース

悪魔の門666・・・

DATE: 2008. 05. 13 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想

FC2 トラックバックテーマ:「好きなパンって何パン?」
好きなパン・・・縞パン。ほら水色と白の横縞で(以下略)




はいと言うわけで、本日はSTYLE.SさんのDemonGate666を、勝手に画像を使ってご紹介。




DemonGate666

中身は、とだけあって、
「テトラポットメロンティー」 「金玉ガールズ」  「デズム」  「ポアゾン」 「ヘルヴェタ」 など、脇役バンドの曲が詰まっています。
脇役=やられ役・いい加減 なんて事はないです。
各バンドのそれぞれのジャンルと雰囲気を再現するため、実在のアーティストの要素も参考にするほどです。(スキッドロウとかエンペラーとか)
しかし、あくまでもDMCに出てくるバンド達を再現するという信条が根底に感じます。

でライ麦狼が一番キたのは、「金玉ガールズ」のデタラメマザコンチェリーボーイ です。

DMCの再現とか、二次創作とか抜きにしても、ガールズパンクバンドとして普通に良い曲なんですよ。
「若干勢いのみで作った感じですが、聞くとこれはこれでなかなか聞ける、ガールズパンクバンドだなぁ、っと改めて思う楽曲のような気がしないでもないなぁ・・・ハハハ」
と作曲者さまが仰ってますが、いえいえ、確実に聞ける曲ですよ♪
パンクと言ってもミドリみたいに、キツめのモノではなく、もっと一般受けしそうでライブで一緒に歌える、けどもしっかり攻撃的にパンクしている一曲、と言った感じです。


テーマ: 同人音楽
ジャンル: 音楽

まずはネタから

DATE: 2008. 05. 11 CATEGORY: 騒楽・奏楽
と言う訳で、M3帰りの勢いのまま、ネタの火力に直撃喰らった作品をご紹介。



「弟VOICE-CD」
れいんすたぁどらっぐ

内容はいったって簡単明解。妹萌な「お兄ちゃんCD」の弟版ですね。いわば弟萌「お姉ちゃんCD」です。
マリア様がみてる」と「お釈迦様もみてる」の関係のように、誰もが思い付きはしても、実際にやっちまったのは意外と少ない・・・そんな感じの作品です。・・・何てナメた事を考えていると、火傷しちまいますぜ。


凄いんです中身が、良くある思い付きなんて、とっくの昔に突破しているクオリティ・・・否、破壊力ですっ!!

弟の種類も多種多様。可愛い系(小学校低学年)。生意気系(小学校高学年)。俺様系(中学生)。ツンデレ系(高校生)。渋い系(大学生)。と、各種属性もそろっていまして、尚且つ演技・演出が皆さん上手い。ショタケット参戦は伊達ではありません。


もちろん内容が凄まじく、はじめの一言が、

「お姉ちゃん、いっしょにお風呂はいろ」(可愛い系で、したったらずに)

しょっぱなからトバしやがります弟。いきなり、一緒にお風呂ですかっ!? 裸と裸の付き合いですか!? 狭いお風呂場で二人っきりですか!? ドコを洗いっこするつもりですか!?  

その後もドンドン加速していく弟達・・・お姉ちゃんもうダメ、身体が持ちません。
なんですかこれは、ライ麦狼に姉弟に走れと言うのですか? コンピュータソフトウェア倫理機構の規約を違反しろというのですか?

まぁ弟なんてライ麦狼にはいませんが。

・・・いえ、だからこそなのでしょう。弟のいないお姉ちゃん達のためにこそ、この作品はあるのでしょう。
この作品を手に入れることで、弟お持ち帰りですよ、お持ち帰り。はっ、むしろ義弟ということになればソフ倫に怒られませんっ!!

テーマ: 同人音楽
ジャンル: 音楽

M3ですよ・・・ね?

DATE: 2008. 05. 11 CATEGORY: 騒楽・奏楽
ども、SOUND HOLICのプロモ映像に、パピヨンマスク(映像技術部)氏を目撃して、恐怖に震えたライ麦狼です。
・・・しかもその後、突如エイギのプロモが、”あんな音楽”に合わせて流れるとは・・・、
くっ、やってくれますね映像技術部

っと、本日(5/11)M3の上映スペースで視聴していた人しか判らないネタですみません。


で、そのM3なのですが、何か変です。
いえ、「M3は昔から変だよ、珍奇な作品たっぷりじゃないか」 と言われてしまうと、その通りなのですが、今までと違うのですよ、ホント。

何か今回、やたらと人が多いんです。
当日販売分のカタログが、開場から30分もたたずして完売。・・・それでも会場外には一般参加列がぐるぐると形勢中・・・、M3とは思えない光景です。

あまりの状況に、ライ麦狼が聞き込みスキルを発動させ、複数のスタッフさん・サークルさんに探りを入れましたら、

「今までこんな事ありえなかった。しかも、今日は2階のホール(※1)も使っているんだぞ」
「おかしいよ、ここM3だよ、皆さん来るイベント間違ってない? 」
「部数を甘くしてないよ。だって、○○○○部(※2)もあったんだよ。ミスじゃないよ」
「こ、これが初音ミク効果・・・、クリプトンのボーカロイドはバケモノか・・・」
「ええ一般参加者が多いので、今回は上映スペースはイスではなく、立ち見でお願いしてまして」

等のコメントを頂きました。
※1 数回前までは、1階のホールだけで開催されてました。
※2 ○○○○に入る正確な数字は伏せるように言われています。
・・・でも、”不正確な数字”を伏せるようには言われていないので、数えるときアホになる数の一千倍くらい、と曖昧表記w


しかも人の雰囲気もいつもと違う気がするのです。
どちらかというとM3は、音系という事で、同人イベントの中では異端というか、気色が違う感じだったのです。
一般参加者の雰囲気も、おしゃれな紳士淑女が多かった気がするのですが・・・、比較的他のイベントで見かけるタイプの人の濃度が上がりました。

まぁ、まったくもってライ麦狼も人の事言えませんが


となるとやはり、M3初参加という人も多くいらっしゃり、上映スペースでカルチャーショックを受けているもようでした。
バトラクターや不気味社、大江戸宅急便の映像を始めて見た人のリアクションというのは、映像作品並に面白かったですw
一番リアクションが良かったのは、プーチン登場の瞬間でしたがw
なかなか、あーゆー企画は他のイベントないからな~



ともあれ、初めてM3に来た人が、また参加したいっ!! って思ってくれたら嬉しい限りです♪

テーマ: 同人音楽
ジャンル: 音楽

朝が来るまで、読み終わるまで

DATE: 2008. 05. 06 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども、久し振りに丸々一晩ぶっとーしで読書してたライ麦狼です。
いや~、もう体の奥の方で本の虫が、みさくら語を喋り出すくらいウズいちゃって、睡眠もとらずに(でもしっかり、紅茶とアルコールは摂取しつつ)、読書しっぱなしでしたよ。

読んだもの4品

『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 1 』 入間人間
『アクシデント』 ダニエル・スティール
『関ヶ原 下巻』 司馬遼太郎
『THE FOOL(聖なるかな)』 PINO


で一番のオススメは、『THE FOOL(聖なるかな)』 PINO です。
ザウスから07年発売の「聖なるかな」



その二次創作にあたる物語なのですが、そんじょそこらの二次創作とは訳が違います。
熱いんです。スゲー熱いんです。「もぁ、らめ~、あつぃんのぅぅ」とこぼしちゃうくらい熱いんですっ!!。

オリジナルキャラを主人公にする二次創作でありながら、先天的だか前世的だかの最強キャラがバトルばかりして、楽勝&ハーレム♪ハーレム♪・・・なんてモノじゃありません。

攻撃力ゼロの永遠神剣(偽)『最弱』と共に、表層も深層もコワれた精神的EDな主人公が、成長していく・・・じゃないないですね、主人公以外のキャラも生長していく物語。
もちろん熱いバトルもありますが、分厚い事務仕事もたっぷりあります。

何となく思うことは、物語を読んでいて、きっと誰しもが感じるあの感覚。
「もし自分がこの場面にいたならば、こうするのに」という、IFやAnother。『THE FOOL(聖なるかな)』は、そこに留まってはいないと思うのです。
そりゃ、より一般人に近いオリジナルキャラを主人公にして、原作の主人公と共に綴る物語です。IFでありAnotherであるのですが、
 ”もしかしたらありえた別の流れ” なんて優しいモノじゃなく、真っ向から原作に足りなかったモノを詰め込んだ ”いい意味で原作にケンカを売ってる” 気がする逸品です。

ちなみ原作に一番足りなかった、
「別の世界に行ったのに、聖ヨト語みたいな別の言語が登場しないのはなぜ? ほら他のゲームじゃ気にならないけど、このシリーズじゃ重要な問題でしょ、ねぇ」
という問題に、後半ではありますが、果敢に挑んでいます。

テーマ: 読書感想文
ジャンル: 小説・文学

GWは地元でまったり

DATE: 2008. 05. 05 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども、タクシーに乗って「前の車を追ってくださいっ!!」と言った事のあるライ麦狼です

・・・・・・と、言っても、タクシー2台に分乗して移動するのに、道を知っている人間が一人だけだっただけなんですがね。

・・・ホ、ホントですよ。○○さんを尾行していたら、JR某駅から銀座までタクシーで移動するなんて、「500mもないよ、歩きなよっ!! っーかバレたか?!」と予想外な行動をとられた時とか、そーゆーのはないです。


ともあれ、今年のGWは地元で地域密着型でマターリしています。
どれくらい地域密着か言うと、「え? カキ氷だけじゃなく、うどんも名物だったのウチ? ・・・知らなかった」 と地元再発見するくらいの密着度。
もう、 最初は遠慮がちだったのに、もはやつぶれるほど押しつけられた膨らみ。その柔らい量感と高まる体温はもちろん、先端の蕾がしだいに硬く変化していく様。それまでも判るくらい密着しちゃってます。

で、そんな地元で開かれたのが、こんなイベント。


第4回埼玉インラインカップ

スタッフBLOG

車で移動すれば近所と言えるぐらいの場所に、えらく設備の整った運動公園があるのですが、そこが会場でした。
たまたま訪れたのですが、初見は「ああ~GWなイベントだな~」と侮ってました。

だって、一般の選手に混じり、風太くんやプーさん、スティッチのコスプレした人が、インラインスケートで滑っているシーンを見てしまったのですから、ファミリー向けのイベントか何かと思っちゃいますよね


だがしかし、・・・暫く観戦していると、考えを改めざるをえない事実を突きつけられました。
選手達の真剣にすべる勇姿はもちろんの事、やたらシブイ声の実況で紹介される「シニア部門の優勝」とか「国際大会5位」といった驚くべき選手達のプロフィール、
そして何より、大会運営委員と思われる人物が、白昼堂々と長門のコスプレ(インラインスケート装備)をしているという恐るべき凶行っ!!

初見のみで侮っていたライ麦狼は、なんと愚かだったのでしょう。
このイベントは、タダモノではありません。
あんな高速でリンクを駆け抜けるバケモノ達が、何人も集う大会の、それもリンクの内側に設営された大会本部のテントにおいて、対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェースの格好をしているツワモノが関わっているのです。タダモノな訳がありませんっ!!

本当にいい教訓になりました。
どうせウチの地元で開かれるイベントなのだから・・・、ああディズニーキャラね、じゃあGWのファミリー向けイベントだろう・・・、
そんな浅はかな考えは間違っている。
物事の本質は初見にはない・・・いや、初見は初見として直感系データの1つとし、アングルだけでなく観測者の変化も考慮しつつ、いくつものデータを照らし合わせた先に、物事の本質というものがあるのだな。

そう、大会関係者の方に教えていただいた気がします。



と、ボケた事を思いつくくらい、マターリしていました。

テーマ: スポーツ全般
ジャンル: スポーツ

パンダと不倫

DATE: 2008. 05. 04 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
4/30に亡くなられた上野動物園のパンダ、リンリンへの追悼の念を込めて以下のモノをご紹介。


「ぱんださんようちえん」 (復刻版)


ほんとに、追悼してますよ(汗


で、本題。
最近の若者は・・・なんて、よく言われますが、けっこーみなさん電車やバスで席を譲ってらっしゃるんですよね。
あーゆーのって、何気ないことですが、誰かがやれば回りもやりだしますし、その場意外でも、親切したくなるもんですよね。
ライ麦狼自身、譲ったこともあるし、譲る場面を目撃したことは何度もありますよ。



そう言えば、私があの若者に初めて会ったのも、病院からの帰りのバスでした。
ダンナが入院して一週間がたった頃。
今思えば、なれない入院の準備とか、入院している間の店の営業予定とか、そういったバタバタした事が漸く片付いたタイミング。忙しさの中で忘れていた寂しさが、心のどこかで芽吹いていたのかも知れません。
とは言え別に、ダンナがいない間に若いコをどうこうしよう何て、思っていた訳じゃありません。つい彼の行動が気になってしまったんです。

シルバーシートでもない入り口近く席。そこに座っていた彼は、後から乗ってきた70くらいの老婦人に席を譲っていました。

・・・・・・自分の右足がろくに動かないだろうというのに。

格闘技を、ちょっと本気でやったことのある人間なら判る。逆に言えば、そうでもないと気付かないぐらいの違和感です。
ギブスや杖を突いているのではなく、体の動かし方や重心移動、そんな差異から判断できる特徴というやつです。
通常、試合相手のスペック、得意技や弱点を探るスキルなのですが、長年やっていますと私みたいに習慣づいてしまうものです。

彼は右足に一切力をかけずに、左足一本で踏ん張りました。その補助に、背中で座席を、右手で手すりを支えにしながら、立ち上がったのです。

何で立ち上がったのだろう。

私はどうしても興味がわいてしまい、丁度側へ来たこともあり、気付けば声をかけていました。

「ねぇ君、君は座っている権利があるんじゃないのかな?」
「権利? ああ、おばあさんに席を譲ったことですか。う~ん、あるんでしょうね権利とか、こんな脚ですし」

この若者は”権利”という考え自体を持っていませんでした。

「でもそうゆうの、死んだ彼女が嫌いなんですよ」

”嫌いなんですよ” 、・・・・・・”嫌いだったんですよ” という過去形ではない返答。

「それに権利とか言うなら、あいつはこう言ってますよ。『あのおばあさんを立たせていてもいい権利なんて、誰にもない』ってね。そんな奴なんですよ」

またしても現在形。このこは、穏やかな笑顔でなんて事を言うのだろう。
その一言で、私の興味は尽きるどころか、どんどんと彼に引き込まれていきました。
久し振りに感じるこの感情の名前に気付きながらも、どうしても彼の心の底にふれたかったのです。

そこにどんなモノが横たわっているかなんて、既に予想できていたのに・・・・・・




あとは、こんな小話・・・というか不倫モノの冒頭なぞを連想してしまいます。
ちなみに、ほしいろえんぴつ氏は、座らない派とのことです。

テーマ: 日々のつれづれ
ジャンル: 日記

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。