ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農薬会社が儲からないから?

DATE: 2008. 01. 31 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども、残留農薬を減らすために、"日本製の"遺伝子組み換え作物を普及したらどうだろう? と考えるライ麦狼です。

大変なことになっていますね。『中国製ギョーザで10人中毒症状 農薬検出』って件。

入っていたヤツ『メタミドホス』
・・・か、輝やいとるw

栽培過程か製造過程かまだわかりませんが、以前から加工食品・冷凍食品の残留農薬は、気をつけろ(27 代走(群馬県) さん)と叫ばれていたみたいです。

しかし、そもそも何ゆえ中国の人は、そんなに農薬を使うのか? ライ麦狼はちと不思議に思うのです。
ウナギのときのマラカイトグリーンもそーでしたが、日本人ならホームセンターで気軽に買えますが、現地の人には値が張る物だと思うのですよ。
そんなお金のかかるものを大量・・・というかムダに使って何がしたいのだろうか? 
物にもよりますが、多くの薬品はある一定以上の量を越すと、ドンだけ使っても効果に差は無いはずなのですが、
やはり『大量に使えばやっかいな病虫害をなんでも防いでくれる魔法の粉』とでも思っているのでしょうか・・・・(汗
・・・・・・現地の人取扱説明書読んでるのかな~・・・、っーか、現地で使っている薬品に取扱説明書が添付されているのか? 
マスコミでは報道されませんが、その段階から心配になります。
更に深読みすると、「農薬会社が儲かるために、どんどん農薬を使うように仕向けている」のではないか? とカングリたくなります。

いや、いろんな国で現にあるお話なのですよ。その代表格が冒頭のリンク先にも登場するモンサント社です。
ラウンドアップしかり、その他のF1品種しかり、を買ったらその種専用の肥料や農薬を買わざるをえなく、尚且つ次の世代の種には形質が遺伝しない"商品"が売られているのですよ。

そんな訳で、中国でも農薬会社の仕組んだシステムの所為で、農薬を使わざる得ないのでは? と考えてしまうのです。
また同時に、日本企業も頑張ってそーいったやりかで、日本製の遺伝子組み換え作物、新しい種を売り込んで、中国の農業を日本が牛耳れないものか? と考えてしまいます。

そーすれば、残留農薬問題も、そろそろ来る食料資源問題も有利に行くんですけどね~
そーいやオーストラリアの小麦の不作って、どのくらい影響出ますかね?



スポンサーサイト

テーマ: 食に関するニュース
ジャンル: ニュース

お空の味は戦場の味

DATE: 2008. 01. 28 CATEGORY: 倫敦旅行
ども、つい出来心でパンドラ・サーガに手を出してしまったライ麦狼です。
いや、クローズβで何人かキャラ作って、クエストをいくつかこなしただけなんですがね
マイリーンでメイジとか、ドワーフでスカウトとか、エルフ♀でウォーリアとか、ムチャなキャラ作成
で本題。
今回は、ロンドン行きの飛行機の中でのお話などで更新です。
1487


遅刻ぎりぎりで、何とか飛行機に乗ったライ麦狼。
実は、機内での "機内食" & "ワイン・日本酒・ウィスキー飲み放題" ってサービスを、楽しみにしていました。
そんな上等なモノが出るなんて思っていませんが、庶民には嬉しい響きです。ゴハンと飲み放題♪
それにこれから向かう街は、料理が不味い事で有名なロンドン。
シャバで最後のメシではないですが、今後数日は食べられないであろう、旨いゴハンをしみじみ食べたかったのです。

で、結果は・・・・・・・ロンドン到着前からゴハンが不味かったです。

いやホントに不味かった。妙なゴム臭さがあって、もしかしてこれが噂に聴く米軍のレーション「MRE」か? という気分でした。
身勝手ながら、「MRE」の略称が、「食べ物に似た何か別物(Materials Resembling Edibles)」とか「誰もが食べることを拒否したメニュー(Meals Rejected by Everyone)」とい説に賛同したくなります。

ムリヤリ好意的に解釈して

「そうだ、これはANAの親切なサービスなんだ。これから行くロンドンで、ゴハンの不味に困らないための訓練なんだ。ここで不味さと戦うための抗体を作っておく、予防接種みたいなものなんだ」

と、脳内変換したライ麦狼。他にも、残したらお百姓さんに失礼だ、等の自己暗示をかけつつ、何とか完食。

せめても救いはコレですかね。
891


「収穫の十二月」で多紙のシロ様もオススメしているハーゲンダッツ。
下手をすると、この旅行で一番旨かったかも知れません・・・・・・

で飲み放題の方は・・・・・・幸か不幸か通路から3席目の窓席。
お手洗いに行き辛い事この上なかったのです。そのため水分摂取は極力控えて、飲み放題も自粛。サバイバルモードでした。(涙
あぅ、今度飛行機に乗るときは、通路沿いの座席にしたいです。

テーマ: 海外旅行記
ジャンル: 旅行

英国に行ってみるさ

DATE: 2008. 01. 27 CATEGORY: 倫敦旅行
ども、ほしいろえんぴつ氏とノベルゲームについてあれこれ画策している最中、
「メイドでジバり」=「ジャンルはメイドさん物で決定」 を 「メイドさんを縛り付けるのか・・・ハードだな~」と誤解したライ麦狼です。

何というか・・・・こんな感じのメイドさん?
1441

↑はイギリス旅行で撮影したモノです。・・・あ、ノッティングヒルのポールスミスのショップの隣にあったお店です。
べ、別にそーいったお店に行ったんじゃないんだからね。ほ、ほんとですよ。まして、あんな格好をしたりさせたりなんて(汗


ともあれ、ブログの方はちとおざなりに、規模縮小というか手抜きの方向で、ネタストックから「旅行」関連で更新しましょうかね~


で、行ってまいりました英国は倫敦を1人旅っ!!・・・かなり唐突にw
気分はほとんど「そうだ京都に行こう byJR東海」と変わりありません。
一週間くらい前に航空券とホテルと保険を決めて、たいした荷物も持たずに飛び立ちました。

もともとロンドンは、『イギリスはおいしい』のようなエッセイや旅行記、『シャーロックホームズ』『架空都市倫敦』『マスター・キートン』など物語でも好きな街でした。
特に、大英博物館に収蔵されている、世界中からブンどってきたお宝を拝みたいと思っていました。
そんな訳でこの度行ってきたのです。


旅の始まりは・・・二日酔い?
ちょうど退職した翌日に渡英というムチャなスケジュール。ここいら辺りにも、唐突感漂う旅行です。
しかも送別会開いてもらって、5時間後には成田へ向けて出発。
ちなみに前日、前々日も別件の送別会を開いていただいて、家に帰るのも3日ぶり・・・旅行の準備なんて、半分くらいしか出来ていませんでした。
現地調達を重視した装備でいざ出発。


で成田到着。スカイライナー運休とかありましたが、意外と早く到着しました。
登場予定機は ANA NH201便。

982

出発まで時間があるって事で、成田空港を散策しつつ、なぜか転職先と電話で打ち合わせ(汗
バタバタですね。




パフィがCMで「わ~いパンダ」ってやってた飛行機。




空"港"だけにベイFMのスタジオがあったりします。


987

展望デッキからの眺め~。広~いです
案内放送が流れないので、転職先との電話打ち合わせにもってこいな空間でもありました。
「はい、例の情報は守秘義務に触れますので、○○商事さんへのリークは、あのルートで」
などとノンビリ(?)していたら・・・・・・あれ、11:20分?・・・・やべーもう搭乗しなきゃいけない時間だよ!!

988

南ウイングの端っこ向けて走ります。もうトースト咥えて「遅刻、遅刻~ぅ。はわわ、前の人どいて~」と叫びたいくらいに走ってます。
てな感じで、バタバタしっぱなしのロンドン旅行の始まり始まりです。

テーマ: 海外旅行記
ジャンル: 旅行

カレーは、どうだろうか・・・・・・

DATE: 2008. 01. 20 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
どもククレカレーの”ククレ”の意味を、ククレ地方伝統的なカレーだと、ずっと思っていたライ麦狼です。
実は違うらしいです(恥
いや”鯨カレー”からふと連想してしだいでして・・・・・・


今回も鯨で更新というか、動画をペタペタ&リンクなど。





鯨カレーではないですが、保護とかそーゆーの抜きにして、鯨が旨いかどうかは判断しにくいのは事実ですよね。
滅多に食べないし、鯨のどの部分かよく判らないし、好き嫌いは人それぞれですから・・・・・・

ただ言えるのは、カレーにしちゃったらよく判らないと思うのですよ。
年齢詐称の代行者にして山村の熱血教師の方には悪いですが、カレーで素材の持ち味を生かすのは、かなりの調理技術が問われてしまうと思います。
熊カレーも食べたことありますが、熊肉を炭火や鉄板で焼いた時の味は、あまりしませんでした。
ちなみに鯨の赤身は、熊に近かった気がします。

ライ麦狼は、鯨の刺身(どの部位か不明)やサラシ鯨、サエズリは旨いと思います。特にサラシ鯨は大好きです。
ただ鯨皮は苦手です。食感はいいのですが、臭みでお手上げです。
・・・まるで、食感の素晴らしい茹でた革靴を食べているみたいでした。気分はチャップリンです。

『好きか嫌いとかはいい、クジラを食べるんだ』(C/V若本)なんて事は言いませんが、鯨を食べてみて、マズかったら捕鯨反対というのも、ありかと思います。

続きを読む

テーマ: 環境問題
ジャンル: ニュース

象と鯨も同じなのかね?

DATE: 2008. 01. 20 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども、みかんは小粒のSSサイズが好きなライ麦狼です。
安いですし、味も濃いですし、皮剥いたら丸のまま食べられるので大好きですの♪
ライ麦狼の口では、LLサイズだと大きすぎです。 「ひっ!! こ…こんな大きいの無理。だって、あ、ダメ挿らなんぅ、いぁっ!!」ってくらい、口に入れるのはちょっぴり無理です。

ちなみに、袋についてる白いふさふさの部分。あれ冷え性に効くって事で、漢方とか薬膳で珍重されているので、冷え性の方はあれを煎じて飲んでくださいませ。


で今回は、パトレイバーに出てくる”地球防衛軍”みたいなヤンチャな反捕鯨団体について、何となくコメントいたします。

反捕鯨団体シー・シェパード、「悪臭弾」で捕鯨船を攻撃

薔薇乙女 シーシェパード

鯨を釣るつもりが外相を釣っていました



とまぁ、ニュースで報じられている通りなのです。

今回の抗議活動では、日本船が攻撃対象となっていますが、以前彼らは、ノルウェーの入江まで遠征して、地元の漁船にもコンクリート製追加装甲船で、ブチかましていらっしゃいす。
何ならいっそ船を、フローレンシア突撃艦風にでも改造したらいかがでございましょうw

個人的にライ麦狼は、誰かが責任をとるならば、過激な保護活動は時には必要だと思いますの。
ダム建設に反対して、村総出での反対活動”ダム戦争”を展開されたみたいにw

でも、強攻策や過激な活動だけで解決するはずもありませんわ。
『過激派がテロで揺さぶった問題を、穏健派が妥協案を出して解決する』って手法が効くならば、穏健派の団体にも頑張って頂き、鯨やイルカの問題が解決する事を願うばかりです。
なにしろ一番にどし難いのは、手段であるテロを目的とはき違え、”我々はコレだけのテロ行為をした”と自慢げにアピールする敗者どもですわ。
無駄な手数ばかり増やして、目的が達成できてない事を自覚もせずにいるバカモノ。
主義主張もなく活動資金を儲けたり、”トクイサキ”の依頼で動いているだけのニセモノ。
そのどちらかなのでしょうか?

で責任の取り方として、テロということで、”対日本政府への間接攻撃”というならば、オランダ・ハーグの国際刑事裁判所あたりで、戦犯として裁くのはいかがでは? と冗談交じりに思ってしまいますわ。民間人への攻撃なのですから。
それに、”捕虜”という言葉を使われるならば、ジュネーブ条約での扱いはどーなのでしょう?・・・締結国ではない、ただの団体ですから民兵扱いでしょうか?
”捕虜”はメンドクサイから、ただの海賊行為として日本で裁けば楽なのに




続きを読む

テーマ: 環境問題
ジャンル: ニュース

動物実験しますか?〈YES/NO〉

DATE: 2008. 01. 14 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
カラオケでSound Horizonが唄えるひとって、色々な意味でスゲーと思うライ麦狼です。
どーせならいっそのこと、画面にはこんなモノが流れてもいいと思うだが。



先日のNHKスペシャル『感染爆発~パンデミック・フルー 』と、翌日の『調査報告 新型インフルエンザの恐怖』を観たからって訳ではないですが、
ちったーバイオに関する事に携わって来た人間として、気になる事と、伝えたいことを書いて見ます。

動物実験・実験動物そのものに反対されている人々がいらっしゃるようです。
具体的に団体名やそーいったサイトを直接はリンクしませんが、拝見するとやや感情論から訴えているようではあります。
その方達の考え方にたいして、あきらかに技術的・科学的に間違っていてもライ麦狼は直接はどうこう言うつもりはありません、直接は

ただ、そーいった方々が、インフルエンザに限らず、色々な疾病対策・伝染病対策に対して、どんな風に考えているのだろうと気になります。
そして逆にそーいった方々は、直に実験動物を扱う人間の感情を考える事はあるのだろうか? とも気になります。


そして伝えたいこととして、”実験動物をムダに殺すような実験をした学生には、卒業研究の単位が与えられなかった” という話は、ちらほら聞く事がある事を最後に書きます。


テーマ: 日々出来事
ジャンル: ライフ

香辛料120%希望♪

DATE: 2008. 01. 08 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども、錫と塩素で喉焼いて、ヒーヒー言ってるライ麦狼です。
しっかし、錫の表記は”Sn”で統一していただけないものかと思ってしまいます。
時々、元素記号の”Sn”と、英語表記”Tin”が混じった文献が出てきやがりまして、ケミカル初心者にはちと大変です。


はい、という事で、アニメ版『狼と香辛料』なのですが、・・・”真面目な”レビューは他のサイト様にお任せしまして、ライ麦狼的な感想などを書いて見ます。

感想  「原作よんどけ」 以上。

・・・・・・、い、いえ作画だ音楽だ脚本だと、”アニメ”な用語を使って批判するつもりも、原作が出た当初から読んでいたからといって、”原作原理主義”を振りかざすつもりもございません。いやホントですって、文句なんてないですよー(汗
『狼と香辛料』について、というよりも、”歴史・時代小説や旅行記。または古い時代に書かれた物語の映像化”全般についての感想なのです。



以前にこのブログでも、『狼と香辛料』を記事にして書いています。そこで作品の魅力として、こんな事を書いていました。

『中世欧州を思わす世界観の中で、”普通の人”とその文化を色鮮やかに描写。と、同時に今までファンタジーモノで扱うことの少なかった、為替や株、通貨レートといった”経済”を盛り込んでいるのが魅力的です。』

とまぁ、原作を読んでいただければ実感できると思いますが、今までファンタジーモノであまり触れなかった部分を、しっかり造形している感じなのです。
何というか、 ”最後の一枚までキャストオフしても大丈夫。いやむしろ、「へー、こうなってたんだー」というくらいに見せ所。” 、な感じで造形されてます。

そんな原作で描かれた、細やかな描写やリアリティをかき立てる解説の数々。
それが映像化された時に、活かされるかどうかには、ライ麦狼が見積もるだけでも、少なくとも2段階のハードルがあります。

1 「映像作品の画面や音、その他に、演じている役者の演技・持ち味などで描かれているか?」
2 「観る側が予備知識や原作を知っているか?」

『狼と香辛料』第1話にしても、描かれていないものや、描かれていても”予備知識ひつようだろ? ”ってものもありました。

もちろん、原作以上に描いているシーンだってあります。
けれどどうしても、小説の地の文の情報量を、全て映像や台詞に変換することなんて出来ないだけに(逆もしかり、ですが)、原作を読んどくと宜しいと思います。
そもそも穀物狼の話って、日本では普及している話なんですかね?


似たようなところで、池波正太郎の時代小説も、池波節な”グルメ”をカットしちゃった映像作品もあれば、表現しきれてなかったモノもあります。なので、『狼と香辛料』の原作から映像への変換率が低いとか、そーゆーことは言いませんよ。
それに、無理に変換しても説明くさい作品になってしまうだろうし・・・・・・


”原作のある映像作品は全て、先に原作を読んだ方が良い。” なんて事は言いません。ですが、『狼と香辛料』のように、ファンタジーでも歴史物な気色であったり、”経済”というキーワードが絡んだら、どうしても予備知識は必要になるはずです。
どうせなら、DVDの映像特典には、某シード120%みたいな各種解説を入れていただきたいですね。

テーマ: 狼と香辛料
ジャンル: アニメ・コミック

ライ麦狼と香辛料

DATE: 2008. 01. 08 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・
・・・・・・ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。
ただ、1発ネタなタイトルの更新をしたかっただけなのです、こめんなさい。

でも好きなんですよ『狼と香辛料』。
原作の一巻が出た頃から好きですよ、特にあの世界観。
”剣と魔法じゃない中世欧州的なファンタジー”。というのでしょうか?
神託の勇者が活躍する伝説なんかじゃなく、ドコにでもいそうな1人の行商人が出てくる、ちょっぴり不思議で等身大の、どこかで聞いたような昔話。
時折垣間見れる、中世っぽい日常感あふれる描写と相成って、いっそう身近に感じられるのです。

で、・・・何となく『狼と香辛料』のBGMにぴったりな同人音楽を、簡単にご紹介。

Vana'diel traditional suite of minstrels
k-waves LAB

FF11のBGMをケルティックにアレンジしちゃった作品。
k-waves LABさんは他にもケルト・アイリッシュっぽい作品を出されているので、そちらもオススメです。
実はライ麦狼はFF11は未プレイですが、それでもこちらの作品は充分に堪能できました。
コレがもしFF11プレイヤーの方でしたら、かなりキちゃうんじゃないでしょうか?




Skywards
whispers records
紙ジャケって点がなんとも可愛らしくて大好きな作品。イラストの晴れやかな草原が印象的で、ついつい目を引きます。それでも”雨”な楽曲もあるので、天気とか風景というモノを強く感じる逸品です。
以前の作品のElementsもそうですが、どことなくファルコムの『Zwei !!』の音楽に似た雰囲気なのも魅力です。
そーいや『Zwei !!』ってオンラインゲームかされるんだっけ?

テーマ: FINALFANTASY XI
ジャンル: オンラインゲーム

故郷との距離感

DATE: 2008. 01. 06 CATEGORY: 騒楽・奏楽
ども、映像技術部さまなどで前から気になっていた、クイズマジックアカデミーに初挑戦してきたライ麦狼です。
近所に2店も舗設置店があるので、100円玉握り締めて挑戦してみます。


そろそろ正月休みも終わりです。
こんな時期だから、というわけではないですが、故郷に帰省した人や、もしくはこの春新たに故郷を旅立つ人、そんな方々が聴いたらどんな気分になるのか、ちょっと気になる同人音楽をご紹介します。


ココロコバコ
(Rabsaris)

音楽ユニットRabsarisの最後の作品です。
Rabsarisは、新海誠作品などに関っているお二人、作曲の「まつもと ひろし」さんと作詞・歌の「みずさわ ゆうき」によるユニットで、「どこか懐かしい」「遠い国を思わせる」「童謡のような素朴さ」をコンセプトとしてしているとの事です。

みずさわ ゆうき(Low)さんと言うと、ライ麦狼は『cascade- カスケイド -』や、『あなたのための世界藍銅鉱 - azurite - 』など、幻想的な曲や民族音楽っぽい曲を連想します。
もちろん、『ほしのこえ』の曲も好きですよ。(実はあれの作詞が、WAVE作品で歌ってらっしゃるK. JUNOさんというのも、ケッコー驚きでした)


『屋根裏の地図』『ほしのうた』『Annie Laurie』『僕の相棒』『田舎道』『きみとみるそら』
全6トラックからなるCDですが、それぞれの曲から、Rabsarisのコンセプトを感じとれます。

特にあげれば、明るい曲調の『屋根裏の地図』『僕の相棒』からは「童謡のような素朴さ」と「どこか懐かしさ」を強く感じます
まるで、実家の物置を片付けていたら、置くから思い出の品が出てきたような感覚です。
そこから、自然と派生していく記憶のスライドは、”セピア色にあせる”と言うか、時間軸はあやふやで、”それ”以外の周囲の情景は白く焼けてしまっていてる。
けれど”それ”は「何で今まで忘れてしまっていたのだろう」と思うくらい、ぴかぴかに輝いてよみがえる思い出・・・・・・。と言った感想を抱きました。

一方『ほしのうた』『田舎道』『Annie Laurie』は、哀愁を帯びた曲と歌詞。そしてみずさわ ゆうき節とも言うべき、欧州チックな幻想と民族感がたっぷりと練りこまれ、「遠い国を思わせる」「どこか懐かしい」が強く出ています。(『Annie Laurie』は、原曲の存在があるのでコメントしづらいですがw)。
また『田舎道』となっている曲は、mozieにて『birthplace』という題でプロトタイプと思われるインストが公開されていますので、聴き比べてみてもいいかも知れません。

で、全部詰っているのが『きみとみるそら』といったところでしょうか。



なにぶんライ麦狼は地元暮らし。それも1人暮らしで、しばらく別の場所で生活した経験もある身です。生まれは違えど、胸を張って「ここが私の故郷です」と言える場所で、今現在も暮らしています。
しかも”故郷”は都内まで1時間な距離ですし、親戚の大半は都内在住・・・、父方にいたっては、もともと江戸の職人の家系という状況、”いなか”と呼べる場所は特に無い感じです。

そんなライ麦狼と違い、遠い地方から上京してきた人たち。そんな人たちが帰省やそのUターンの時に、この作品を新幹線や夜行バスで聴いたなら、どんな気分になるのだろうか・・・

そんな事が気になってしまう、しんみりとしながらも、胸が温かくなる作品でした。

テーマ: 同人音楽
ジャンル: 音楽

3rdアルバム『ぽぷり』ご紹介

DATE: 2008. 01. 02 CATEGORY: 騒楽・奏楽
ppp


はい、と言う訳でゆいこさんの3rdアルバム『ぽぷり』のご紹介をいたします。

ライ麦狼のつたない解説よりも、リンク先へ飛んで頂き、直に試聴をしてくださいませ。っーか聴け(何故にきゅうに命令形?)
いやもう「○○の歌を聴けーーっ!!」な感じで、聴いていただきたい心情でして、はい。

ともあれライ麦狼としては、2rdアルバム『 R o t a t e 』 と聴き比べた感想などを書いてみます。
今回『ぽぷり』はタイアップ曲、といっていいのでしょうか、ゲームやボイスドラマなどの主題歌が多く収録されてます。
そのためでしょうか、各作品がタイアップしている作品由来の雰囲気を、それぞれまとっている感じがします。何と言いますか、ライブで1曲ごとに、曲調だけでなく衣装も変えてる贅沢振り、といったところでしょうか?
全体として、”バンド”感がたっぷり効いていた『R o t a t e』よりも、可愛らしい、それも3頭身的な可愛らしさや、ロリ~なテイストがアップしている気がします。
特にトラック1の「大好き!」は、合いの手(カラオケだったのカッコ付けで歌詞が出る部分)が、すっごく・・・・・・え~その、あざといくらいにキてます。
相変わらずヘンな例えですが、合コンでこうゆう攻め方をするコが同席し、尚且つ作戦がかぶっていましたら、早急な戦略戦術の建て直しが必要かも知れないくらい、・・・キてます。
特定の戦況で特定の標的に対しては、たった一人で戦場を支配しかねないくらい・・・キてます。

その一方でトラック3.5.8のように、バンド感が効いていたり、ゾクっとする艶香が漂ったりして、可愛らしい一辺倒の作品ではありませんでした。


以上、ライ麦狼の判りにくい解説でした。
「む~、何が言いたいのか判らない。説明へたくそ」そんな不満が芽生えましたら、それこそ是非に試聴してみてください。
(ある意味そーゆーの狙って、訳のわからん例え方していたりしますw)

テーマ: 同人音楽
ジャンル: 音楽

冬眠、冬コミを覚えず?

DATE: 2008. 01. 02 CATEGORY: 騒楽・奏楽
半分以上寝ぼけて参加した冬コミ(CM73)のレポートなどを少々。
そして、目を引きました音楽作品を2つほどご紹介。



「CM73はみっくみく」

今回冬コミは、新刊堕ちやがったのにサークル参加。落選した方々には大変心苦しく、罪悪感いっぱいな上に、「ダ、ダミーサークルじゃないんだからね」な気分でございました。

その分、色々なモノがみれました。

普段はまず行かない企業ブース。
各館各ホールの開始前の準備段階と、終了後の撤収風景。
戦後とは名ばかりで、戦災や残党狩りで未だ騒乱に満ちた局地戦(コミケ終了後のアキバへの転戦と、とら様・メロンちゃん・メッセさん)の風景
名も知らぬ戦友たち(たぶんコミケ帰りの人々)が、死屍累々と横たわるファミレス。
・・・・・・などなど見ることが出来ました。

その全体の感想として言える事は、「みっくみくにされてるな~」というものです。
・・・・・・いや、ホントにみっくみくなんですよ、みっくみく。
けっして、”ウトウトして記憶が曖昧だから、流行モノを適当に織り交ぜた発言しとけばいいや” なんてものではないのです。
CM73はみっくみくにされていたんですって、それもランダムエンカウントか都市ゲリラかと言うくらい、いたるところでみっくみくなんです。

そもそもコミケではジャンル分けと言って、1.2.3日間の時間的な分別と、会場内のスペースを区切る場所的な分別がなされています。
例えば、「NARUTO」であったり「タイプムーン」であったり「軍事」だったりと、ある程度は分かれてサークルが配置されています。
その配置は、夏コミ後の申し込みの時にどのジャンルで申し込むかで決まります。
しかし当時は、まだ「初音ミク」なんて、「へぇ~こうゆう”ツール”が出るんだ。同人音楽で使えるかな?」くらいなもの。誰がここまで熱く席巻すると考えたでしょうか・・・

結果、初音ミクはジャンル分けなんて関係なく、NARUTOだろうがタイプムーンだろうが軍事だろうが、果てはBL創作系のサークルさんまでみっくみくにされていました。・・・買わなかったけどね。

そんなVOCALOID(ボーカロイド)ですが、
「もしかしたら夏コミまで持つかもしれないが、ここまでみっくみくされるのは、今回限りだろう」といったご意見も聞こえてきています。
ライ麦狼のように、初めから ”音源” や ”ツール” と考えた人間にとっては ”品揃え” が増える事は良い事なのですが、
”ジャンル”とみる場合は、VOCALOIDの種類を増やしすぎると、かえって衰退するのでは? という事らしいです。
まぁ、噂に聴く初音ミク公式本の中身の酷さ、その裏返しかも知れませんが・・・・・・
(現物は見ていませんが、何でもエグゼクティブ向けの雑誌の如く、中身がほとんど広告らしいです)

ともあれ以上が、冬コミ全体の感想でございます。


続いてご紹介する音楽作品もみっくみく&リンです。


『うた☆たま』
Layer-0

全7トラックのうち3曲がVOCALOID仕様の楽曲。しかも、解禁直後の鏡音を投入しちゃってます。
もちろん規定に従いジャケットには、歌い手さんの歌うトラックのみ記載。VOCALOIDトラックは隠しトラックとなっておりますよ。
にしても、2曲ほど歌い手さんとVOCALOIDの両方で謡っていますが、・・・どれも違和感が無いです。各自、自分の持ち歌として謡っている感じですし、調教具合もばっちりです。
作詞・Vo担当の人が同一人物だったら、一番スゲーと思いますがね。
個人的には、Yu-daiさんの歌う hope for... が好きですが、ゆーだいさんでも謡ってもらいたかったかな~w





code[Alice]
君の美術館


西館の島端、通称「お誕生日席」にあったサークルさん。丁寧な装丁とこったブックレットが目を引き購入・・・いわゆるジャケ買いです。
作品そのものは、”一見、不思議の国のアリスと思いきや、実は別物”といった内容のストーリーをミュージカルっぽくした作品です。「幻想廃人」と「サンホラ」足して、ややロックよりにした雰囲気かな?
特にこの場で紹介するつもりは無かったのですが(ぇ 、宣伝方法が興味を引いたりでご紹介です。
秋葉原で街頭ビラ配り&アキバBlogさんに取り上げられていた・・・すげーっ!!
いえ、ビラ配りしている人が可愛いとか、そーゆーこともあるのですが(マテ、
”ここまで増えた同人音楽サークルの中で、目を引こうとするならこーゆー手もいいね” と思うわけです。
もちろん「いい子はビラ配りしちゃいけません、めーですっ」という場所はダメですがw

テーマ: 初音ミク
ジャンル: 音楽

隠すか隠さないか

DATE: 2008. 01. 02 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
この度、イリジウムさんのご尽力で、ROギルド『-DarkKnights-』のオフ会が開催され、ライ麦狼も参加してきました。
実際にROをプレイしていたのは、3年ほど前のお話。そのギルドのメンバーとオフ会が出来るとは、信じられないくらい貴重な体験でした。
イリジウムさんには、感謝してもしきれないです。

で、オフ会でなのですが、詳しい内容は後でネタにでもするとして、
みなさんが口を揃えて言っていたことが、2つほどあります。

まず一つは、「全員それぞれが、ROのキャラと雰囲気が違うっ!!」 というモノでした。
こーゆーことって、よくあるものなんでしょうか。それともオフ会とROの雰囲気が同じ人のほうが稀なのか?
1人くらいは、イメージ通りという人がいてもいいものですが・・・

で二つめが、「ライ麦狼に、個人情報の切れ端を渡すと調べ上げられそう」というモノでした。
そーゆーことって、嫌いではないですが(マテ)、流石に許可なくストーカーみたいに調べたりはしませんよ(汗
いやでも、前に某大学について調べた事がありますからね~


こんな2つの事柄をふまえた上で、『逆に発想して、世間の人はどれだけ、自分のイメージや個人情報を隠しているのだろうか?』 という事を思ったしだいです。

ライ麦狼は、自分の生息地を誤魔化したり、”先日”や”この度”など日時を曖昧に表現するよう注意はしているのです。
もちろん子供騙しで稚拙な、トリックとも呼べない情報操作なのは判ってはいますし、読んでくれる人を騙す行為である事も解っています。
ですが、「インターネットは、とっても恐い場所だって、ばっちゃが言ってた」、みたいな先入観があり、ついつい警戒しています。

そーゆー警戒は必要とは思うのですが、どれくらいが妥当&必要な水準なんでしようか??
また、上手く隠せる技法とかあるんでしょうかね。下手に隠したら、隠した部分をスゲー誤解されてしまう事があったりして・・・。中学のとき男子達が、グラビア写真の水着とその周囲をマジックで塗りつぶすとエロさ倍増・・・という、かなりおバカな遊びをしていましたが、要はあんな感じで

テーマ: いま想うこと
ジャンル: 日記

時差ぼけ?何それ、食べれるの?

DATE: 2008. 01. 02 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども帰国しました、いわゆる『○○よ私は帰ってきたっ!!』ってヤツなライ麦狼です。
いや実際は、もっと前に帰ってきていたのですよ。
ただ、とても濃い数日間が待ち構えていましてブログ更新は後回しでした・・・あと、睡眠時間も後に回しました。
で、結果いうと・・・まだ時差ぼけです。
というか、睡眠不足と非日常に頭を縛られて、どうも頭がおかしいです。

Aさんに送るはずの新年の挨拶メールを、別のBさんと、Cさんに送信しているくらいおかしいです。

「24 -TWENTY FOUR-」と「プリズン・ブレイク」のコラボCMに触発されて、
『本当に両作品が混じったストーリーって出来ないかな? いやまてよ「X-ファイル」を混ぜたらどうだ?』 などとおバカなネタを真剣に考え出すくらいおかしいです。
・・・・・・見たいんだけどな、「ジャックVSモルダー」 

テーマ: いま想うこと
ジャンル: 日記

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。