ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何か色々出てきます

DATE: 2007. 10. 30 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども~、ヘッドフォンとブラは、色々機能を付けるのも良いけど、ユルすぎずキツすぎずな、ご自分の身体にぴったっりフィットが一番と思うライ麦狼です。
いや携帯mp3プレーヤーは、かぽっと耳を包むヘッドフォン派なものでして。


ともあれ、先日の東京駅のグランスタの影響で、東京駅回収工事について、ちと調べたのですが・・・なんか諸説様々出てきますね。

「海からの風を遮る東京駅の駅ビルを作り変え、風を皇居まで導く。そして皇居の木々と堀で冷ました空気を、都心各所へ吹きこむことで、東京のヒートアイランド対策とする」

なんて話をベースに調べていくと、”江戸&風水”なお話に行き着きます。

ご存知の方も多いでしょうが、「江戸幕府が置かれる際に、天海僧正の手により、江戸の街は数度にわたり風水都市として創られた。」という話があります。
これについては、否定肯定どころか、追加ブーストな説まであって諸説様々。

「江戸は、風水的に最高の土地でね」
「いいや、最悪の土地なんだよ。多少丘を切り崩しているとはいえ、四神の相がバラバラだろ」
「違うよ、風水じゃなく陰陽五行に基づいているんだ。そもそも日本に純粋な風水はなく、陰陽道に組み込まれていたんだから」
「っーか違うだろ、天海は陰陽師じゃなく密教僧なんだから、密教に基づいてだな、五不動尊を配置してんだよ」
「あれって密教内の勢力争いだろ。天海のいた天台宗が、当時関東で力のあった真言立川流を牽制するために、天台宗の力を誇示しただけじゃないのか?」
「あのさぁ、密教って宗教だけじゃなく、建築や土木の技術も豊富だろ。だから普通に土木技術を駆使したんじゃないのか?」
「時代的に考えると、南蛮船経由で欧州やアラブの最新技術が使われたんじゃないのか?」

などなど、探せばいくらでも出てくるので、興味のある方はどうぞ。
人様の情報を並べるだけになりがちなので、ここは一つライ麦狼の自説なんぞを述べてみますかね。

「江戸は当時の日本において、はるか東に位置し水の相が強い土地。しかも江戸だけでなく関東全域の交通と防衛が、河川、運河を用いていた。
仮に秩父や日光、富士山からの各龍脈の話を抜きにしても、四神の全てに相応せずとも、東と流水を司り、自身も水の相を帯びている青龍に特化して相応すればいいのでは?
ゆえに江戸の街は四神相応ではなく、龍になぞらえた街づくりが行われたと考える。
ややムリをすれば、丘と堀を使い、江戸城を玉とした五指の龍が街で描かれている、とも考えられる」

というロマンに夢見るモノと、

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、何と言いますか、失礼ながら、当時からあまり長期的な計画で都市づくりしてなかったのでは? 
だってほら、江戸ってつまり東京な訳だし、いや、何となくなのですが、そんなオチがありそう」

という誰かにケンカ売ってるモノとがあります。


はたして真実はどうなのでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ: ひとりごと
ジャンル: 日記

グランスタってきました。

DATE: 2007. 10. 27 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
という訳で、比較的近所、というかギリギリ行動テリトリー内の東京駅に新スポット、グランスタが出来たので、オープン当日にのり込んできたライ麦狼です。

008.jpg


今更ブログにあげるのも、情報の鮮度を無視したノンビリ更新ですね。

・・・・・・しっかし新丸ビルの時と同様に、話題に流されているなぁ~。
そこっ!!、丸の内のミーハーOLとか言うなっ!!

010.jpg


012.jpg


013.jpg


015.jpg


いわゆる”エキナカ”ってやつでございますかね?。スイカのペンギンが歩いていても、きっと違和感が無いことでしょう。
それにしても改札の中だけに、ライ麦狼同様に、いかにも「そーいや、東京駅に、よく知らないけど何か出来たらしい。じゃ行って見るか、改札出なきゃ電車賃は(以下略)」な、方々でごった返していました。


全体の印象は、このエリアの特性なのか、新丸ビルと同じくやや大人向きです。
その新丸ビルと比べると、どうしても駅構内だけに、”お土産色””デパ地下色”が出てしまいます。
でもそのおかげでしょうか、ほっこりというか、変に気張ってお洒落する必要が無いというか、長旅から帰ってきても、乗換待ちのひと時でもリラックスできる空間な気がします。
建物の中というよりも、商店が軒を連ねる、車の入ってこれない露地の商店街・・・と言う雰囲気。
通路の幅が太くなったり細くなったり、急に開けた空間に出たり、高低差を感じるエスカレーターの造りだったり、そーいう工夫なのでしょうか?

続きを読む

テーマ: つれづれ日記
ジャンル: 日記

今夜、眠リニ堕チルマデ

DATE: 2007. 10. 24 CATEGORY: 騒楽・奏楽
ども~、信長(攻)×ランス(受)なカプに、妙に納得したライ麦狼です。コミック化などという暴挙に出るなら、いっそそういう路線もありでは?


とまぁ、良く判らない冒頭ですが、能動的な癒しって事で、こんな音楽作品をご紹介。


"forma"
binaria


めちゃくちゃアートな音楽ユニットです。
CDのジャケットが紙ジャケなところが、とってもお洒落っス♪
しかも歌詞カードがホントにカードになっていたりします。
ほら、

DSCF0903.jpg


DSCF0905.jpg


この、どうしても眼を引いてしまうジャケット&カードのイラストは、宝飾のデザインも手がけているメンバーのxai(サイ)さんがデザイン。
あとボーカルに聴き覚えがあるような気がしたのですが、ボーカルメンバーのお1人には、去年Rose ExsTiaで、朗々&ささやくように謡われたやなぎなぎさんが在籍。


曲の感想として、トラック4のポンコツロボットがお気に入りです。
理由は、この曲を初めに聴いたとき、何故かライ麦狼は、「猫の地球儀」のサイドストーリー的なモノをイメージしてしまいました。
別に、歌詞と猫の地球儀のストーリーが、かぶっている訳ではないのですが、同一世界観で別の”天使”と猫の哀愁たっぷりなお話を妄想していました。

CD全体にしっとりとした哀愁と幻想を感じて、何故か癒される気がするんですよねこの作品。ジャケットに惹かれてジャケ買いしたのですが、大正解でした。
あと「こんなシチュエーションで聴きたい」って強く思うシチュエーションが一つあるのですが、
それは、”この作品を聴きながら眠りに堕ちる”、てモノです。・・・今晩あたりやってみますかね。極上のナイトキャップになってくれるでしょう♪

テーマ: お気に入り&好きな音楽
ジャンル: 音楽

1匹目

DATE: 2007. 10. 21 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども~、ホルムアミドとホルムアルデヒド溶液を、うっかり間違いかけたライ麦狼です。

そんな初歩的な間違いをするくらい、あがー(涙目)って感じに、いろいろまいっています。
以前に記事にした通りの、焚き火しながらの酒と音楽に、ひたひたに浸かるくらいに、ひと晩ダラけたいです。
でもまぁ、その前にちったぁ健全な癒しなんぞを求めてみました。


はい、そこで睡蓮鉢をリニューアル。
夏にホテイアオイを投入したら、古代モホスの養殖池のようになってしまった水練鉢。
意地になって管理していたら、もうメダカもホテイアオイも増える増える。夏祭りに露店でも出したろか? ってくらいに増えました。
しかし10月後半。流石に季節感がそこだけ夏ってのもナンなので、秋っぽくリニューアルです。



今回のポイントはコレ。
秋っぽい色の底砂と、トンネル状の陶器の丸太。
DSCF0893.jpg

何のためにこんな新アイテムを投入したかといいますと、ドジョウの飼育に初挑戦なのでよ、ドジョウですドジョウ、1匹目のドジョウです。
色々調べたら、細かい底砂と沈降性のエサが必要という事ですので、用意いたしました。丸太に関しては、細長い体でにょろっと出入りしてくれたら、絵的に嬉しいので設置です。
砂を丁寧に洗って天日干し、水はカルキも温度も問題なし。


水温慣らして、メダカの引越しとドジョウの入居の準備中。


・・・・・・このあたりで、ライ麦狼は”あること”に、ようやく気付きました。
うちのメダカって、ヒメダカだったよな・・・・・・。底にしいた底砂、思いっきり茶色と言うか正に砂色。
・・・・・・これっていわゆる・・・保護色?
しかもドジョウにしても、黒いのいなかったから、シマドジョウにしたけど・・・・・・、シマという割には、砂の模様とほぼ同じじゃね?
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(汗



予想(手遅れ)は見事に的中。
DSCF0897.jpg

一番見つけやすい写真を選びましたが、メダカが酷く観賞しづらいレイアウトの出来上がりです。
シマドジョウにいたっては、まだ写真に収めることすら出来ていません。保護色というだけでなく、ライ麦狼が近づくと砂の中に潜ってしまう習性付き。暫くネバってもシャッターチャンスは訪れませんでした。

1匹目のドジョウも、狙う時はよく考えましょう(涙

続きを読む

テーマ: つれづれ日記
ジャンル: 日記

”痛”の文字は伊達じゃない

DATE: 2007. 10. 09 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ども~M3でカッパを捕獲してきたライ麦狼です。
もちろん「新作のカッパ1匹くださいっ!」と、売りコさんにボケた一声。
カッパ、かわいいよカッパ。


この3連休の感想としましては、ライ麦狼は全然”体育”ぽくなかったです。
父方の親戚一同でほのぼのと集合写真撮ったり、絶縁状態になってしまった母方の祖母がいる老人施設を探したり、事前準備してなかったのでM3会場で頭が痛くなるほど試聴しまくったり、・・・・・・敬老の日か文化の日みたいな3日間でした。

それにしても、やっぱりM3は映像上映コーナーがサイコーですね~。
観ているとゾクゾク・クラクラしちゃうような作品が、いくつも放映(ぶっつけ本番ぎみ)されるライブ感がたまりません。
本当にゾクゾクしちゃいまして、M3から帰ってもゾクゾクしていました。
どのくらいゾクゾクしていたかと言うと、




これくらいゾクゾクしていました(実測値)。
熱におかされた身体は汗ばみ、全身が湿る程にホテっているのに、神経を這い上がってくるゾクゾクが、止まってくれないんです。
いやホントにゾクゾクして、帰りがけに薬局で桂枝湯とゼナ(高いやつ)購入。M3よりお金使ってしまいました。

ともあれ上映コーナーもホントに素晴らしいかったです。
前回に続き大江戸宅急便打首獄門同好会のPVが流れ、上映コーナーは興奮気味。
そんな状況のなか、突如としてスクリーンに『悲報』の二文字が映し出されました。視聴者の方々は突然の『悲報』にやや慌てます。・・・・・・いったい何が悲しいお報せなのだろうか・・・・・・
スクリーンでは暗転が起こり、黒い闇に白い文字が浮かびます

『あれから3年』
『マツケンサンバが全国を席巻して3年』
窪塚が自宅ベランダから鳥になって3年

・・・・・・そーいやそんな出来事もあったな~、窪塚さん「アイ・キャン・フラーイ」しちゃったっけ。 なんて思っていたら、それは、サークル・D'z PARADISEの3年ぶりの映像作品『くり☆すた』のオープニングでした。
まぁ、『○○☆すた』って段階で、どんな展開かは予想できると思いますが、そうたぶん貴方がイメージしたモノで間違いないでしょ。Youtubeで散々流されたMADモノの代名詞なアレ・・・・・・

ただ、他のMAD作品の追随を決して許さぬ破壊力を秘めていました。それは実写、しかもB級グルメや激盛りグルメのレポートが似合いそうな巨体の男性が、合成技術とドンキホーテで売ってそうなチープな衣装を駆使し、1人で全てのキャラを演じやがってます。・・・黒タイツは嫌ぁ~(泣。
フレーズもセガに関するネタとデブに関するネタをミキシング。・・・・・・何ゆえセガ?

そして一番特筆すべき点は、その破壊力バツグンの映像作品は、あくまでオマケ付録だというのです。同人誌についてくるオマケDVDの中に収録されていると言うのです。
その同人誌の名前は、その名も『ファミ痛』(創刊号)・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・何と言うか、中身には触れませんが、いえ、触れられません(接触不可)が、”痛”の文字は伊達じゃない作品です。

オバサンになりたい訳ではないのですが・・・・・・

DATE: 2007. 10. 06 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
え~某結婚会見の余波でしょうか、営業先でこんなネタが浮上いたしました。

「人は2つのグループに別けられる。20歳を過ぎて、ジャニーズに疎くなったらオジサン。異様に詳しくなったらオバサン」

というネタ・・・・・・何となく頷ける分類方法ですの。
その結果、検討するもあえなくオジサンにカテゴライズされたライ麦狼です。
FMラジオが情報源のためか、ユニットとメンバー、そして歌っている曲は一致しても、顔が前々一致しません。っーか、映像で見た事ないかもしれません。

しかしローカルルールの難易度が高かったです。
アイドルだけに容姿ビジュアルは絶対条件らしく、各人の身長なども、把握していないとダメらしいです。
さらにデビュー前に、誰が誰の後ろで踊っていたか? は必須問題らしく、各種逸話や仲の悪いメンバーの話もポイント。
最重要ポイントとなるのは、TV(バラエティもドラマも)出演情報という事。
・・・・・・・・・ほとんど、ジャニオタ以外はオジサンになってしまう難易度でした。

別にオバサンになりたい訳ではないのですが、せめてもちっと難易度下げて欲しかったです。

続きを読む

テーマ: 音楽のある生活
ジャンル: 音楽

・・・助けて

DATE: 2007. 10. 05 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
・・・・・・助けてください。・・・(無駄に)忙しいのです。

・・・・・・とまぁ、そんな感じのライ麦狼ですが、随分と更新さぼっていました。流石にちとサボりすぎかと思い、穴埋め的な更新なんぞを

「M-Pro!DASH!」
M-Pro

”助けて”つながりでこんな作品。
どこかで観たような企画ですが、マジでやるとスゲー楽しそうな気がします。
しかもこのサークルさん、夜中のアキバで缶蹴りしちゃうあの映像技術部さんとも関連があるとの事ですよ。

ふむ、M-Proさんの企画を真似して、プロモーション映像から色々推測してみると、

M-Pro特捜部のシーンは、何処かの理系の大学の研究室でロケしているのかな?
M-Pro特捜部のシーンで電話の下にあったのは、実験器具(キャップが紫)のメーカーのカタログ?
植物の植生や菜の花開花具合、メンバーの生活圏から考え撮影時期は、07年1月~4月くらい? 撮影場所は、茨城県?

・・・・・・乱暴な推測ですが、こんなかんじで助け出すのでしょうか?


テーマ: 日記
ジャンル: 日記

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。