ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カボチャとカピバラさん

DATE: 2006. 09. 30 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ヒットしてくれたら嬉しいモノをちとご紹介。

まずは10月からアニメ化もされて、ライ麦狼的期待値上がっている作品


パンプキン・シザーズ


5月ごろに見た、”アニメ化決定”の情報。「マジ?」という半信半疑(マイナーな作品ですよ)と同時に、スゲー興奮したのを憶えています。
マガジングレートというマイナーな隔月誌で連載されていた、”熱い”少年漫画といった感じの作品。

作品の世界観やストーリーなどは、アニメ公式サイトインターネットラジオ<音泉>内のサイトあたりで見ていただくとして、ライ麦狼がご紹介したいのは、その”熱い”台詞の数々です。
作風やキャラクター、世界観と相成って、高温高密度の言霊の塊を、直球勝負でぶっぱなしてきます。
一部だけですが、まいじゃー推進委員会さんで解説されています。ですが、やはり原作を読んで頂くのをお勧めします。
トライガンとか好きな人にはグッとくるかも。



カボチャに続いて紹介は、カピバラさんです。

カピバラさん
ヌイグルミだけでなく絵本や漫画にもなってます、癒し系キャラクター。
次から次へと現れ気ては消えてゆく、盛者必衰・群雄割拠・一山いくら(?)な癒し系キャラクターですが、
何となく、キャラクターの周りに書き込まれる効果音(「もで~ん」とか)が、ゆるくて好きなキャラクターです。 あときまぐれスナップも良い味だしてますね~

どこぞの情報誌に ”これからは、カピバラさんが流行る” とあったので、その真偽を確かめたくて注目もしています。



スポンサーサイト

哀愁と秋空と、

DATE: 2006. 09. 27 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
むー、時間がないので、かなり略式更新です。


サーバー統合などで揺れているROですが、どうも哀愁を帯びた眼差しで見つめるプレーヤーや引退者が、ここ半年増えてきたように思います。
もともと、”引退”に大きな意味合いが込められてきたゲームだとは思いますが、同人誌も同人音楽も、懐古主義ではないでしょうが、kokiaの「ありがとう」っぽい雰囲気の作品が、今年は多い気がします。
そんな一つをご紹介。



――共に戦い、共に傷つき、共に笑いあった。
――あの頃のこと、僕は忘れない。


Sound CYCLONE

現在試聴曲が3っほど公開されていますが、3っともクオリティーはなかなかのモノ。
特に、Oceanside (No.12 Streamside) と Not so far away (No.74 Not so far away) は”買い”を決定付けちゃうかも♪

Oceanside (No.12 Streamside) は、デパペペあたりがやりそうなアコギっぽいアレンジで。晴れた日のドライブ中に聴きたいっ!!と感じました。
Not so far away (No.74 Not so far away) は、曲調の変化がたまらないアレンジです。やはり曲調が変わった後は、ドライブ時もいいかなと思いつつも、グラスを片手に聴くのもアリかなと。





あともう一つ哀愁を帯びたサウンドで、♪TAMUSIC♪さまで、 KanonCD企画が進行中。現在「朝影」が試聴可能です。
key classics シリーズ企画第一弾という事で、kanonの曲をピアノとバイオリンで、生演奏CDを作るとの事。
メロンブックで専売? との未確定情報もあるので、お近くにメロンが無い方は情報をマメにチェックよろですえ。

な、なんじゃこりゃーーーっ!!

DATE: 2006. 09. 24 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ぁぅぁぅ~・・・・・・、・・・ぁぅ~・・・ラ、ライ麦狼です。
取り乱してるというか、退行してるというか、人間の姿を保つのが限界近づいているというか、慌てています。
何か、アキバblogさんで、チラっとこのブログの名前が出てきてます
サークル植木屋さんの「D.U.C」の記事なのですが、なぜかこの時の更新が紹介文の中に使われています。
――――なんでさ?
何故にこんな場末のブログがアキバblogに、他にもちゃんとしたサイトあるでしょ?
一瞬ほしいろえんぴつ氏の手の込んだイタズラか?とも思いましたが、むしろそーいう無駄な事に努力するのは私だ・・・・・・
ぁぅ~・・・何か本当に載っているみたいで、
・・・・・・その、こんなブログですが引用・掲載・リンクしていただき、アキバblog様 まこと にありがとうございます。
また、アキバblogさまからこんな所へ飛んで来て頂いた方々にも感謝いたします。
・・・・・・ぁぅ~、まだ信じられませんw


で、何故アキバblog様の件に気が付いたかというと、サークル植木屋さんの新作「D.U.C」を、買い逃したからです(泣
夏コミでお試し版買って、ブログで紹介しておいて、その上アキバblog様で引用されていていながら(気が付いたのは2日後だけど)・・・・・・・買い逃しちゃった、てへ♪

今日M3のカタログ買いに行くついでに、トラによったのですが、売り切れてたなんて・・・思いもしませんでした。
それどころか、失礼ながら、こんなプッシュされているとは思ってもいませんでした。
なのもで、アキバblogにでも「D.U.C」の情報あるかな? とみていたら、何所かで見覚えのあるブログの名前が!?
夏コミ当日では、植木屋さんもそうですし、トラの穴に夏コミ新作が並んでいた他のサークルさんもですが、”作品は良くても行列は出来ていなかった”サークルもけっこうあります。
そのぶん夏コミ当日は試聴できた訳ですが・・・・・・、イベント前と当日のチェックだけでなく、イベント後のチェックも重要なのだな~と痛感しました。
むしろイベント後のチェックの方が重要かも

続きを読む

新生サンマ殺人事件(一部注意)

DATE: 2006. 09. 24 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
食欲の秋です、皆さん喰ってますか~♪
ブルジョア気取りな人は、さして栄養価も無いマツタケとかいう真菌類なんぞを、上品に召し上がっているのでしょうが、
庶民派なライ麦狼は、栄養ばっちりな旬のサンマを、骨ごと貪り喰ってますよ~。
・・・・・・・・・・・・妬み&羨ましさ全開な書き出しですな。むしろ、

「べ、別にそんなマツタケなんて、何とも思ってなんか、な、ないんだからねっ!! 予想より大きいとか、匂いでクラってきたとか、ないんだから」

って位にベタな方が良かったかな?


ともあれサンマは大好物でして、やはり秋の生サンマは格別ですな。
よくこんな感じの鮮度の見分け方は言われていますが、以前大学の他学科の先輩が、こんな台詞を言いやがりました。

『要は、死亡推定時刻を逆算すればいいんだよ』

・・・・・・確かに間違っていないですが、鮮魚売り場や食事時に耳にしたくない台詞ですな。
先輩は上記のリンク先にあるポイントを押さえつつ、”死後硬直”から死亡推定時刻(リンク先に刺激の強い画像がありますのでご注意)を割り出していました。
鮮魚売り場でパック詰めではなく、氷に使っている生サンマをトングで掴み、まだ硬いモノが良いと力説。
流通の関係上、スーパーに並ぶ頃には死後硬直が進み、売れ残れば段々と硬直が取れていく。タンパク質とアミノ酸の反比例を加味しても、死後硬直が一番硬い時に焼くのが旨いんだ・・・・・・・との事です。

うっかり信じちゃいそうな理屈ですが、ちとご注意を。
これが水産学科の先輩なら説得力あるのですが、その人の所属は航空学科なもんで、よくある俗説の一つとして試してください。
理屈の真偽はマユツバですが、サンマの味は美味しかった事を憶えています。
もしかしたら本当なのかも知れませんw



という事で、続きを更新しました。追加オーダー入ります。↓へどうぞ


続きを読む

銭湯と筋肉痛  & やってみました(仮)

DATE: 2006. 09. 21 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
えーと、先日*ichigo*さんから頂いたコメントから発展させまして、今日はこんなネタで更新してみます。


東京都湯場組合




いや~ ”筋肉痛”には、こんなメニューが効くってのもあるのでしょうが、やはりライ麦狼はお風呂、それも銭湯をお勧めします。
地元で温泉湧いてるのになんですが、温泉もいいですが銭湯っていいですよ。
自宅アパートにバストイレ別の風呂があっても、週末は歩いて5分の銭湯に行っていました。
足を延ばしての入浴はもちろん、湯上りにビン牛乳飲みながら「今年の巨人は~」とか近所のお年寄りとの会話、誰かが置いていった雑誌を流し読み、外国人労働者とたどたどしい英語で英会話、などなど。お風呂自体以外にも色々魅力があったりしますよ。
更にハマると、いくつも銭湯を渡り歩いて、銭湯ごとの違いを楽しむ事も出来ると言います。


あと都内の銭湯は早い時間帯は、玄人以外は控えた方が良いかもしれません。なにせ、江戸っ子の風呂って、本当に熱いのですよ(泣
ライ麦狼は、全く入れませんでした・・・・・・・・・というか、湯船のお湯でかけ湯も出来ない軟弱っぷりでした。えう~。
何℃かは解りませんが、メーター式の温度計が黄色い所を通り越して、赤い所の真ん中を指し示してるんですよ(涙

ともあれ夕方ならだいぶ冷めていますので、仕事帰りとか学校の部活帰りとかに、ひとっ風呂♪ なんて粋なことはどうでしょうか?


続きを読む

東京の旨い物。・・・と賞味しきれね~

DATE: 2006. 09. 19 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
えー、以前ROで大変お世話になりました方々の中に、イリジウムさんという、とっても放射線バリバリRIなお名前の、カッコいいハンターさんがいました。
どこらへんがカッコいいかというと、大学の所属研究室のPCからROにログイン、GvGまで主力参戦してたあたりが、もう痺れるくらいカッコいいですw
そのイリジウムさんのブログで、こんな一文がありました。

> 眠気我慢しお買い物+食料調達+観光のため
  東京のどこかに逝って来ます。

と在りましたので、日付的に今更ですが、ライ麦狼お勧めの東京の観光地(?) の旨いお土産をご紹介。

うさぎや 

お勧めはドラ焼き



むちゃくちゃ旨いです。その弾力は、貴方のドラ焼きの概念を書き換えます。
蜂蜜入りと噂される生地は、芳ばしくもしっとりとして、”こし”と呼べるくらいの弾力で、噛み応えとボリューム感を与えてくれます。ライ麦狼は、余熱の抜けきらないタイミングまで寝かせた、カステラやパンケーキを連想してしまいました。
あの弾力の秘密は、グルテンの多い粉なのか・・・・・・ 糖蜜・蜂蜜のしっとりなのか・・・・・ 解らないです
あと、みんな生地の秘密があると睨んでいるのですが、不思議と餡子が光の加減で白く反射するのですが、アレって何なのでしょう? 油脂分が入っているのかな?
ともあれ出来立てホカホカ(本当に暖かい)の状態で食すのがお勧めですので、どうぞご賞味ください。


それともう一つ。『うさぎや』は日本橋にも店があり、有名どころとして扱われ、数多くの紹介がされていますが、どの紹介文でも触れていない事があります。 それは、


続きを読む

大きなお姉さんは好きですか?

DATE: 2006. 09. 18 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
PSU(ファンタジー・スター・ユニバース)遂に始めました。
と言っても、実は土日にちょっとやっただけでして、Lvはまだまだ低く、ミッションと呼ばれるダンジョンのような場所へも、それほどは行っていません。
ありきたりですが、自キャラ紹介でも


キャラ名のコンセプトは『クトゥルー神話』
まずワールド1には、 ”ナイアルラトホテップ” の和名 ”ニャルラトホテプ” から頭の部分で「ナャルラ」としました。・・・・・・別に猫耳じゃないです。
種族はニューマン。性別は女。

psu01.jpg






続いてワールド2には「ショゴス」というキャラ。種族はビーストで性別は男。

psu02.jpg




で、ニャルラのほうがちと変です。その、デ、デカイです・・・何所がデカイって・・・身長ですよ、身長。
写真に写る隣のNPCが平均身長です。となると、平均身長が肩の辺り・・・平均より30センチ以上あるって事ですか?(汗

実は上記のキャラのの他に、「ヨグ=ソトース」というキャラを作ったのですが、どうも他のプレーヤーとの差別化がはかれない・・・ネタ的にw
( う~む、でもこのゲームは、キャラのアバター性はマビノギほどではないですが、ケッコー自分のキャラだけの外見が作れるので、「皆同じ格好」って心配は無いです。)

『じゃあ、ニューマン(設定は違えど、エルフっぽい種族。むしろアーヴっぽい?)をデカクしちゃえ、そんなキャラ見かけないし』

と巨大化させちゃいました。その反動でしょうか、ワールド2ではビースト(獣人種族。むろん近接戦闘向き)を小型化させちゃいました。





で、やってみた感想として、

『ラグナロクオンラインにそっくり・・・・・・βテストの頃のログインゲームっぷりが♪』

と言った感じです。
ほしいろえんぴつ氏もおっしゃっていたのですが、ホントにラグナロクオンラインのβテストの頃を彷彿とさせる状況です。
一説には、8/31に正式オープンした事になっていますが、実質βテストの最中とも・・・・・・

何しろ敵が光学迷彩使いやがりましたw。
私がソロでチマチマ進めていたミッションに、別のプレーヤーさんが途中参加してくれたのですが、
一度敵を殲滅したはずのフィールドに、そのプレーヤーさん用に新たに敵が出現・・・・・・したらしいのですが、私からはその敵が見えません(泣
完全に不具合やバグな筈ですコレ。
敵はプレーヤーさんが引き付けてくれたからいいですが、なにぶん私のキャラは遠距離戦主体です。どーやって狙えってーのよ、という状態でした。
もはや敵なんか狙わず、プレーヤーさんの周囲に向かって乱射。
そこだけ目撃されたら、PKしようとしている、としか見えませんでした。
・・・・・・いちようセガには連絡しましたが、こんな現象他の人も経験あるのでしょうか?

鳥の詩、0からの出発4回目

DATE: 2006. 09. 17 CATEGORY: 騒楽・奏楽
行ってきちゃいました、 First sounds4  。

今回で第4回を迎える葉鍵(Leaf ・ Key)系中心の生演奏会です。曲のスタイルはクラシカルな演奏スタイルが中心。
メインはピアノで、管弦楽器が付いたり付かなかったり、ソロだったりと、
企画・発足者である紫月桂樹さまの言葉にもありましたが、”ゆったりと椅子に腰掛けて聴く曲”、がたっぷりと生演奏されました。
ちなみに、ライ麦狼は第2・3と行きたくても行けなかったクチですので・・・念願の拝聴です。

このイベントが発足するまで、アニメ・ゲームの音楽を演奏すると言えば、ライブハウスでテンション上げていくか、学校系のブラスバンドが教育委員会が怒らない作品の主題歌を演奏するくらいでした。
ストリートでやる人も確かにいましたが、あくまで少数でした。
(そーいや何年か前に、勇者王ガオガイガーの主題歌をアコースティックギター(と言うかスパニッシュ? ・・・とりあえず指がスゲー動き方してました)で弾いてる人が、新宿西口にいたな~w)
Keyに見られるようなゆったりとしたインスト曲が、表現できる場・聴ける場として0から始まった、草分け的なイベントです。
同じ系統で、下記のイベントもありますので、よかったらご一緒にどうですか♪


オータムリーフ管弦楽団





で、感想は
いや~良かったですよ。特にHURTさんが良かったです。ささな嬢&浦氏のハモりは絶品でした。
鳥の詩は好きな曲だけに、自然とヴォーカルの有る無し様々なアレンジを聴いてきましたが、女性ヴォーカル(メイン)に男性ヴォーカル(サブ)のハモりは初めて聴きました。
久しぶりに”怖い”って感じました。
演奏だけでなく芝居もそうなんですが、本当にスゴイ事を舞台で演られると、何故だかライ麦狼は”怖い”って感じてしまうのです。
もう、ゾクゾクくるだけでなく、魅入られた様に逃げだしたいけど身動きできない感覚です。最上級の褒め言葉、と思ってください。


あと全体的に思ったことは、プロが提供するショータイムではなく、アマチュアが日々の練習の成果と、どれだけ元ネタが好きかを表現する場と感じました。
それは観客側も言えまして、多くが音楽・演奏経験者なのかもしれません。なぜなら自由席だと言うのに、ステージ向かって左側、ピアノの鍵盤が見える側に、何か多くの人が座っていました。
つまり、演奏を聴くだけでなく、演奏者の指や腕の動きまで観ようとしていました。・・・・・・やるなコイツら


続きを読む

テーマ: 音楽のある生活
ジャンル: 音楽

ヤオイ と ナショナリズム

DATE: 2006. 09. 15 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
このところ、お仕事で飲みの場に出る事が多かったライ麦狼です。
「9.11」5周年の影響でしょうか、飲みの場での話しに”戦争”がテーマに出てくる事が多かった気がします。

主に年配(50後半~60前半)の方たちなのですが、こんな事を言う人が何人かいたので気になりました。
それは、

「最近、日本の若者にみられるようになったナショナリズムだが、あれは問題だ」

というワンフレーズです。


みなさん「もっと平和を大事にしよう」といった内容の発言の前に、上記のワンフレーズを付けているのですが、
具体的に ”日本の若者にみられるようになったナショナリズム” ってのが何なのか触れてないのですよ
・・・・・・どんなところがナショナリズムなのか質問しても、誰一人として返答できませんでした。
情報ソースとして新聞やTVを出してきましたが、・・・・・・そーいや新聞もTVもどのあたりがナショナリズムか言及していませんね。

ちと考えてみるに、「もっと平和を大事にしよう」の説得力を増すために、各メディアや評論者が付けてるだけなのでは? と考えます。
それを読者・視聴者が受ける時に、要点以外も情報ソースとしてしまうのでしょう。
さらにポイントは、年配の読者・視聴者層のメディアに、この手法が多かったのかも知れません。
”若者というよく解らないモノ”を対比材料に、「もっと平和を大事にしよう」をアピールするあまり、存在するかも解らない”若者のナショナリズム”が一人歩きしていたのだと判断します。

この手法を上手く使い、ありもしない問題をでっちあげれば、通らない対策も通るようになる・・・という事なのかもしれません。
メディアリテラシーというのてしょうか・・・、メディアに騙されることなく、真実を見極めたいと思います。もしくは、”若者のナショナリズム”が本当にないのか考えてみたいです。

・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
で、ちと考えたのですが、・・・・・・ライ麦狼としては、ガンダムシリーズの主人公、特に美形でヤオイなキャラの名前が、日本人ぽくなったのは、ちょっとナショナリズムだと思います。キラとかシンとか、ヒイロとか。
( キラ×シン は邪道でしょうか? )
ヤオイとナショナリズムには何か関係があるのかも・・・・・・

ユウ・カジマとかシロー・アマダ、コウ・ウラキに関しては、完全に日系人ですが、不思議とヤオイじゃないのですよねw

銀色の雨

DATE: 2006. 09. 14 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
問題のあるオンラインゲーム運営会社。その首位の座をガンホーから奪い取り、燦然と輝くセガ。むこう一ヶ月はサーバー不調という荒業をかまし、2位との差を圧倒的なものにしております。
そんなセガがお送りしますPSUNetM(ファンタジースターユニバース ネットワークモード)。
プレイしたくてもプレイできず、ウズウズしている人も多くいるのではないでしょうか?
メーカーから出荷規制もあるわけで、販売店の3回目の入荷がそろそろ在るとはいえ、まだ入手できない方も多いのではないでしょうか?
この金曜あたりが、入手のポイントですかね?

ともあれライ麦狼もその一人なのですが、・・・・・・出来ないものしょうがないということで、全く違うタイプのオンラインゲームをご紹介。


シルバーレイン

メールで行うPBWゲームでして、『「蓬莱学園」のネット90見たいな感じ』と表現すれば、解る人には解るのではないでしょうか?
ゲームマスターとプレイヤーが、”あらすじ”があるようなないような、即興劇を演じるようなゲームです。
このシステムは昔からありまして、先に挙げました「蓬莱学園」というのも、PBWを郵便を使って展開するPBMという大規模な事をやっていました。
今ではメールとサイトと組み合わせれば、本当に手軽に楽しめるゲームです。
ネットゲームは時間がかかって楽しめない、と嘆いている方がいましたら、こんなモノはどうでしょうか?

なんとなく、『A Night Come's !』が歌いたくなるゲームですw


続きを読む

誰がパンドラの箱を開けた

DATE: 2006. 09. 12 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
9.11・・・まぁ、いろいろなブログで、いろいろな人が、いろいろな意見を述べているのでしょう。
どれが正しいとかそーいう事は言いません。
むろん正しい情報・意見・知識・見解と、そうでないモノがあるでしょう。
あえて言えば、戦争をしているのですから、勝った奴の意見が正しいのでしょうが、まだまだその結果は出ていません。


何ぶん、ライ麦狼を含め多くの日本人が、戦争や世界の実情に詳しい訳ではありません。
各勢力のプロパガンダを見抜く力も、きっと無いでしょう。(米国人よりはあると思いたいですが・・・・・・)
それでも、死者への追悼と悲劇を悔やむ事、あの事件を招いた先進国のエゴ等を考える事、大小のイスラム勢力それぞれの立場の違いを知る事、そして、それについて語る事は間違っていないと思います。
誰がパンドラの箱を開けたのか知りませんし、何が最後に箱の中に残るかも解りません。
それでも私達はそんな世界で生きていくしかないのですから。


”テロがいけない”のでは無く”戦争”がいけないのだと思います。
仮に”戦争”を肯定したとして(正しい戦争・聖戦等の肯定)、テロ以外の戦術の取れる強者に対して、弱者はどのような戦術を取れというのでしょうか?
虐げられ恐怖と怒りに震えた弱者が、武器を手に取る事を悪だと言いつつ、強者は経済と物量でなぎ払いながら正義を謳うのでしょうか?
”テロとの戦争”・・・手段や手法、戦術を敵として戦うのか? ・・・誰もが空爆や物量戦を展開できる世界を作るのか? 言葉の意味の段階から矛盾したこの戦争は、誰が何をしたいのでしょうか?
どんな不正義の平和でも、正義の戦争よりはマシだ・・・そんな台詞を昔聞いた事があります。
それでも”戦争”がしたいというのなら、せめて孫子を読んでからにしてもらいものです。



戦う刑事コロンボと、こんな単身楽団

DATE: 2006. 09. 08 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
最近読んだお勧めライノベをご紹介。

神曲奏界ポリフォニカ インスペクター・ブラック


通称『黒ポリ』です。
ライノベ好きの方は知ってる人と思いますが、『赤ポリ』のシェアードワールドノベルです。『赤ポリ』と比べた場合、”外伝”として位置付けられるのかもしれません。
しかし、ライ麦狼はこの『黒ポリ』をお勧めします。


続きを読む

今更な勉強方~、物量戦!!

DATE: 2006. 09. 07 CATEGORY: 甲種日記
今週、甲種に受かった事を周囲に話したところ、
『どんな勉強方法をしたのか?』、という質問を多数もらいました。
その都度、説明していたら・・・・・・確かに今回の受験では、かなり変な勉強方法をとってた事に気が付きました。
そんな訳でも、ここで勉強方法をネタにして更新しようかと思います。

で、ライ麦狼がとった勉強方法は、・・・・・・物量を頼りに、不確定情報を基にした面制圧戦?
・・・・・・およそ勉強法とはいえない説明ですが、解説しますとこんな感じです。

続きを読む

雛見沢観光とアクメツされそうな予算

DATE: 2006. 09. 05 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
土曜日に危険物甲種が受かったので、夏コミ入手後封印していました『ひぐらしのく頃に 解』を解禁、熟読中です。
『ひぐらし~~』シリーズに関しては、もう知名度もあると思うので、感想とかは割愛しますが、
新作の劇中に、赤坂が取り上げた”入江機関への不鮮明な金の流れ”に関して、ライ麦狼的なコメントをしてみようかと思います。

「公的研究機関への予算が不鮮明になりがち」というのは、現実に良くあることです。
理由は沢山あります。




続きを読む

・・・・・・軍の狗になりました

DATE: 2006. 09. 03 CATEGORY: 甲種日記
え~、本日 国家錬金術師試験 甲種危険物取扱者試験を受けてきました。

受験場所は東京都の幡ヶ谷、新宿中村屋の工場のすぐ近くです。
いや~ライ麦狼ですが、8時30分集合9時開始なのに、何故か7時前から会場近くで潜伏していました。心配性ってのもありますが、このての会場って先に乗り込むと、気分が出てテンション上がるので好きだったりします。
他にもあきらかに受験者って感じの人が、付近の喫茶店で参考書開いていました。
それに混じって、ライ麦狼も問題集読んで時間まで待機です。




続きを読む

第7類危険物 過マンガン酸化現実逃避6水和物

DATE: 2006. 09. 01 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
・・・・・・・・・・・・・明日試験です。
・・・・・・・・・・・・・危険物甲種です。
・・・・・・・・・・・・・全然憶えていません。しかも”何故か”ブログの更新しています。
・・・・・・・・・・・・・なんつーかその、現実逃避というか、現実浪費というか。逃げ出したところで、背後から喰らいつかれる事はわかっているのですが・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・こんな時は、”もふもふ”しましょう。


もふもふ普及委員会
作品  少年時代の画集 [The Book of Boyhood]


・・・・・・・・・・・・もふもふしてきます 
ノシ


(ライ麦狼は過度のストレス(自業自得)から、何か遠くを見ながらもふもふしています。
 もふもふのし過ぎは貴方の健康を損なう恐れがございます。ご注意ください)




Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。