ライ麦狼の寝床

このブログはフィクションであり、実在の (以下略

スポンサーサイト

DATE: --. --. -- CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ぽれぽれ」と「ほのぼの」と

DATE: 2006. 07. 30 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
まずは、アンケート締め切り近いのでこの話題。

ラグナロクオンラインユーザー連盟 ~アンケート~
ラグナロクオンラインユーザー連盟

どうか一つ、一人一回ですので、まだの人がいましたらお願いします。
貴方の言葉は、貴方の数しか存在しない。世界で一つだけの、貴方だけの言葉です。
「どうせ変わらない」とか「どうせ無駄だ」とか思うかもしれません。
けれど世界で一つだけの貴方の言葉が、「どうせ○○」なんて投げやりなモノに見劣りするでしょうか? 見劣る訳がないです。だから、その貴方だけの言葉をください。お願いします。




で、え~と「ポレポレ」なのですが、スワヒリ語で「ゆっくりいこう」とか「のんびりやろう」という意味です。日本語の「ほのぼの」とは若干意味は違いますが、ライ麦狼はワンセットに感じていて、とても好きな言葉です。
まぁ、「ポレポレ」を知ったのは、 ルワンダ の ルポ を読んで知ったので、言葉の意味に反して血生臭い記憶も付いて回りますが・・・

ともあれ今回は「ポレポレ」「ほのぼの」したブログをご紹介



レト&アナナ



BOTや中華でギスギスした空気も漂うマビノギですが、もともとはこんなゆったりとした空気が満ち溢れていたと思います。
「βの頃はよかった」とか「無料化したから」とか、そういった理由だけでなく、プレーヤー自身の視点やプレースタイルも、漂う空気を変えてしまうのではないか? 
じゃあ自身の視点やスタイルを変えれば、ファンタジーライフもリアルライフも、ゆったりとした空気が漂うのではないか?
とぼんやり考えたライ麦狼でした。

続きを読む

スポンサーサイト

正しい粉塵爆発(金属粉)の起こし方。

DATE: 2006. 07. 29 CATEGORY: 甲種日記
甲種日記というカテゴライズをしつつ、『鋼の錬金術師』(14巻)のネタです。
微ネタバレにあたるのか解りませんが、まぁご紹介。

85ページあたりで、スカーが粉塵爆発をかましています。
そのやり方を危険物の取扱的に判断すると、めちゃくちゃ正しい粉塵爆発の起こし方だったりします。




続きを読む

お世話になったあの人へ・・・

DATE: 2006. 07. 28 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
え~、ラグナロク系検索サイトに登録しているブログの筈が、ここ数日は同人音楽やインディーズインストなネタばかり、勝手に紹介していたライ麦狼です。
このまま行くと、村治佳織奏一やらスパニッシュコネクションやら紹介しかねないので、ここは一つROでお世話になった方のブログを、勝手にご紹介。



遊戯人生HighPeakFactory(ブログ)

HighPeakFactory(旧)(・・・しぷーたんふぁん本拠地?)



犬と猿の夫婦生活を赤裸々に(時々)つづったプログです。漫画ありイラストあり、ホロリと涙するお話ありのブログさまです。
かつて、ブログ作者のリムセ酸だけでなく、ROで同盟ギルドとしてお世話になった方々も多数出没しています。

しかし・・・・・・・・・エンデさんはすごいなー「うこうたんふぁん」だけでなく「しぷーたんふぁん」またで企画して、『少年エンデ』なんて曲まで出しちゃうんだから~(虚言です注意してください)

・・・・・・・・・結局、音楽系の紹介になってしまった。


次は そえ さんのページでもしょうかいしようかな~~

今日は昨日の続き

DATE: 2006. 07. 25 CATEGORY: 騒楽・奏楽
今日は昨日ご紹介した 『 ARIA 』のWAVEさんの既にリリースされている作品をご紹介。


『Caldes』(カルデス)



民族音楽好きにはたまらない曲調の数々です。民族音楽の代名詞である中東風の曲だけでなく、スパニッシュなギターと足音のサウンドや和風の尺八もあり、16トラックで1500円~1800円はお買い得です。
あと、2トラック目の冒頭の演出は聴いてのお楽しみですよ。




続いても民族音楽なサークルさんのご紹介。


ドCROWS (オフィシャルサイト)

(muzie)


え~と雰囲気は、お上品に構えることなくスラングかませられる民族音楽・・・・・・うーむちと表現仕切れませんが、とにかく聴いてください。
とりあえず、サークルさんの紹介では、
『ワールド、ゴア、グランジ、テクノ、ポップ、奇声、獣声、浄瑠璃・・etc
 ここがどこだか分からない 今がいつなのかも知らない
 しかしストンレジミュージックがここにあるのだけは確かだっ!!!!
 我々の燃え滾る魂の叫びを聞け!!』

との事っ!!

テーマ: 音楽のある生活
ジャンル: 音楽

夏が来る きっと夏は来る 真っ白なウマーに乗った王子様が♪

DATE: 2006. 07. 25 CATEGORY: 騒楽・奏楽
どうも、近頃周りが騒がしいライ麦狼です。・・・古い歌の歌詞を勝手に使ってます。
いやー夏ですね。梅雨明けして無くてもラジオでチューブは流れるし、東大の中を闊歩する観光客は増えましたし、赤門前に観光バスで乗り付ける予備校の合宿参加者らしき団体(合格祈願に東大をお参りするとの事・・・・・・湯島の天神さまいってよ・・・出来れば地下鉄で、本郷通り直ぐ渋滞するんだからさ・・・・・・)も現れましたし、本郷界隈は夏ですね。

そんな訳で、「夏」な作品をご紹介。

ぼくたちのなつやすみ
(「聴く絵本」(音楽CD + Flash))
 在日羽っ鳥もさく共和国大使館
 8月13日 3日目(日)西れ-60a

下手な紹介文よりも、リンクで飛んでいただき予告を見てください。のんびりとワクワクな作品だと思います。
西れ-60aですから、西館エレベーター降りて、左側のホールです。
インフォメーション販売のすぐ横の入り口を入ってもらい、左手壁際ですね。見つかり易いと思うので是非覗いてください。

続いても、「夏」な作品です。

 AIR アレンジサウンドアルバム
 『 ARIA 』 (アリア)
 
 サークル WAVE
 8月13日 3日目(日)西れ-61a

場所の説明・・・・・・隣です、以上。
こちらの作品を知ったのは、ARIA(ネオヴェネツィアを舞台にしたアレね)のアレンジかと誤認して、たどり着いたりしました・・・・・・そしたら純然たるAIRアレンジとの事です。
しかも生バイオリンあり・・・・・・残念ながら試聴には生バイオリンは使われてませんが、会場で試聴だけでもしたい作品です。


テーマ: 音楽のある生活
ジャンル: 音楽

化学でファンタジー1

DATE: 2006. 07. 23 CATEGORY: 甲種日記
全然進んでいない危険物甲種の勉強なのですが、つい思いついてしまったネタを記事にしちゃいます。
ファンタジー小説なんかで使えたら良いな♪ と考えたネタです。


で、今回ご紹介するのは、過酸化バリウムです。
さらにライ麦狼が調べた特性などとして、

 過酸化バリウム
  危険物第1類・酸化性固体 (無機過酸化物)
  アルカリ土類金属の過酸化物。灰白色の粉末。水に不溶。
  酸や熱で分解し、過酸化水素と酸素を発生。
  湿った紙などと混在すると爆発する危険あり。
  バリウム1個(Ba)と酸素2個(O2じゃなくてO単体×2)が、
  三角形を構成する分子。
  人体に有毒。

といった感じです。「湿った紙と混在すると爆発」という点と「酸や熱で分解し、過酸化水素や酸素を発生」とい点で、こんなネタを思いついてしまいました。
『図書館の番人の強酸系のスライムを倒すために、過酸化バリウムを使う・・・・・・スライムを倒したと思ったら爆発して図書館めちゃめちゃ』です。
・・・勉強中に何考えてんだ私ゃ・・・詳しい内容は続きで・・・

続きを読む

「わ」と「けると」で狙った更新。

DATE: 2006. 07. 19 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
ムシムシと暑い日本の夏。汗っかきな人もそうでない人にも、お勧めのアイテムをご紹介します。
それは『手ぬぐい』です。もちろん挨拶用の社名入りなんかではありません。小間物屋や手ぬぐいの店で買う、おしゃれなヤツです。

いろいろな柄がありますし、ハンカチとは違い、派手な柄を男性が使っても、何故か違和感なかったりします。
見た目も美しさだけでなく用途もいろいろ。ハンカチにもタオルにも、バンダナにもなります。全般的に長いので何かを縛るのに便利です。小石を包めばちょっとした鈍器にもなりますし、きゅっと首を絞めるときにも便利です。
また四季を現す柄も多数あり、季節感の演出はもちろん、贈り物にもいかがでしょうか?

・・・・・・というどっかのお店みたいな売り文句はさておき、まぁ夏は手ぬぐい人口増えますね。浴衣を着るのは面倒でも、手ぬぐい一本持てば『和』と『夏』を感じられますからね。
で、こんなページをご紹介。

手ぬぐいのススメ

手持ちの手ぬぐいを自慢します



あとこちらのお店をライ麦狼はよく利用してますね。
ちなみに私は一年中手ぬぐい愛用してますよ~

かまわぬ


続いてはケルトって感じのネタです

続きを読む

野生動物虐待 無感情なコッペリアと無邪気なタヌキ

DATE: 2006. 07. 17 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
6月くらいからでしょうか、マビノギにもBOTが出るようになりました。
ラグナロクのBOT騒動を何度か取り上げたこのブログですが、今回はマビノギのBOTをちとご紹介します。

あのゲームにBOTが出没するとは、ライ麦狼は考えていませんでした。もちろんコボルトを狩り続ける”中華”は以前からいましたが、マビノギの戦闘は単なる機械的な連打で決まるもではありません。ちょっとした駆け引きが必要と・・・・・・思ってたんだけどな~。
何かBOTっの皆さんタヌキや赤キツネなど、弱い小動物を延々と狩りしているみたいです。ポリンやピッキといったくらいの弱さです。
・・・もはや戦闘や狩りというより、駆除や動物虐待です。
狙いは魔符と通行書というアイテム、そしてゲーム内通貨みたいです。
それらをRMTするのでしょうか・・・・・・レベル上げを狙ったBOTならまだしも、もし完全にRMT目的ならば許せません。

BOTの動きや他の情報を見る限り、実働BOT(狩りと特定アイテム回収。組まれたプログラムは同じ?)4~5体による小隊編成。それとは別のプログラムで動いているBOTが、少ない数ですがサポートしているみたいです。他にも、インベトリいっぱいになったアイテムを集荷していくのか、他のBOTとは違う動きをするキャラがいるみたいです。
ROのBOTに比べて、あまり頭は良くないのか、基本的にスキルは使いませんし、無論呼びかけに自動で応じたり、ハエで飛んだりもしませんし、動きも速くありません。


ならばすることは決まっています。 イッツ・ビギンザ・MPK!!

続きを読む

猫耳+海軍学校+大正ロマン+人種差別

DATE: 2006. 07. 16 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
cv_sokai.jpg




今回ご紹介は、”猫”(オオカミも少しあるけど・・・)です。
その名も『蒼海訣戰』です。作者は納都花丸さんで、『オオカミが来る!』と同じ作者様です。
最初、『オオカミが来る!』の方をご紹介しようかと思ったのですが、『蒼海訣戰』は、同人誌時代から読んでいたので、商業誌になったことが嬉しくてたまらなかった作品なのです。
同人誌・商業誌ともにストーリーに違いはあまり無く、猫耳で、海軍学校で、大正ロマンで、人種差別で、腐女子の餌食になりそうで、絵が丁寧で、詳細に創りこまれた設定で、戦術シュミレーションゲーム化は絶望的に不透明で、とっても今後が楽しみな作品です。
ちなみに、納都花丸さんのサークル「たいへんよくできました。」は夏コミ参加とのこと。
場所は、3日目東ラ60a です。
東4ホール入り口に入って正面なので判りやすいと思います。
補足説明をすると、あのゴキブリホイホイみたいな天井の低い渡り廊下を渡り、最初のエスカレーターを降りて左側のホールです。 

続きを読む

同族様~♪ 狼と香辛料

DATE: 2006. 07. 13 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
4840233020.01._PE00_OU09_SCMZZZZZZZ_.jpg



はい。という訳で今回は電撃文庫の「狼と香辛料」のご紹介。
前々からご紹介したい作品だったのですが、ついつい延ばしてしまいました。
中世欧州を思わす世界観の中で、”普通の人”とその文化を色鮮やかに描写。と、同時に今までファンタジーモノで扱うことの少なかった、為替や株、通貨レートといった”経済”を盛り込んでいるのが魅力的です。
特に好きな台詞に、

「ホロ。俺たちは騎士道物語の中に生きているわけじゃない。裏切られたから相手に復讐してさあおしまい、じゃない。この後も生きていかなければならない。それに、裏切りの復讐の仕返しをされるかもしれない」
『ならば』
「倒れてる連中を噛み殺すなんて事は言ってくれるな」
『ゥ……』
「それに、俺たちが明日パンを買う金が、人の血で汚れているというのは居心地が悪い。物事にはたくさんの終わらせ方があるだろうが、明日もまた生きていくのであれば明日につながるものを選択しなければならない。そうだろう?」



・・・対北で武闘派な発言している人に聞かしたいです。もしくは「孫子」を半分でも読んでから、発言してもらいたいですねw



あと、ついでに言いますと、”ライ麦狼”のハンドルネームが、ちと関係あります。
私のHMの由来は、欧州の豊穣の霊獣のロッゲンウォルフの日本語訳ですが、
この作品に登場するホロ。彼女にまつわる伝説の部分を読むと、麦狼系の霊獣のとの事。・・・おぉ同族様やぁ~~w



バナー バナー バナー

DATE: 2006. 07. 09 CATEGORY: 日記×ネタ+妄想
wolf_bnr.png


いや~、ほしいろえんぴつ氏からバナーをもらっちゃいました。めちゃくちゃ嬉しいです。
で、ほしいろえんぴつって誰?って方に説明しますと、以前ガストにあったプラスeという端末で遊べた『3Dパターゴルフ』や『うななな』の絵師兼開発者の人です。
プレーした事のある人多いのではないでしょうか?

そーいや、みづきたけひと氏のページでも『うななな』が無くなる事を嘆いている記事が前あったな~・・・、

観月堂WebSite (浮き輪)
観月堂WebSite (ショーケース)


何でプラスe無くなっちゃんたんだろ、残念です。
(撤去される理由を、前にほしいろえんぴつから聞いたんだけど・・・忘れた・・・・・・(汗  )

続きを読む

Go to DMC!! Go to DMC!!

DATE: 2006. 07. 08 CATEGORY: 騒楽・奏楽
毎月10日は電撃文庫の日。っー事で、電撃文庫の新刊でも買おうかと、上野駅の某書店に立ち寄ったライ麦狼。
そこで目にした物は・・・平積み(書店オリジナル、豪勢な手作りポップ付き)にされている『デトロイト・メタル・シティ 1』

nagato_yuki_12_03.jpg


「ク、クラウザー様や、クラウザー様が降臨されとる」(画像に問題あり?)

先週メ○ンで見かけた光景が、規模を縮小しながらも、JRの駅構内で見られるとは・・・恐るべしJR東日本。恐るべしエキナカ。
そんな訳で今日はこんなページをご紹介。
ファッキンガム宮殿 ~DETROIT METAL COPY~

続きを読む

テーマ: 音楽のある生活
ジャンル: 音楽

やれる事とやってきた事by受験資格

DATE: 2006. 07. 02 CATEGORY: 甲種日記
唐突ですが、危険物取扱者って実は身近にいるんですよ♪。

甲種試験の事を人に話したら、珍しがられたもので、ここで紹介しておこうかな? と思いまして。
まずガソリンスタンドには絶対います。乙4か丙の方がいるはずですし、乙種と丙種は受験資格なんて無いですから、高校生でも持っているんじゃないでしょうか? バイト代にちょっぴり上乗せされるので、取っておくと便利ですよ。
他にもホームセンターや商店街、工場などにもぞろぞろいると思います。きっと誰しも日常で見かけている人(友達とか知り合いでなくても、よく行く店の店員とか)が、実は危険物取扱者だったりします。

で、甲乙(1~6)丙と分かれている危険物免許ですが、よく間違われるのは、乙種の1~6類のランク付けなのですが、別に1が偉くて6が偉くないとかはありません。階級的には1~6は横並びです。
『レベルは同じで、属性が違う』といった感じでしょうか。
(ROに例えるなら、ウィザードで、レベルもステータスも一緒だけど、それぞれスキル属性が特化している)
しかも、甲種もレベルが高い、と言うより『全属性マスター』といった感じです。
(ROにすれば、ハイウィズというより、ウィザードだけど全スキルマスター・・・・・・フロストノヴァだろうとファイヤーピラーだろうと全部10・・・嫌だなそれ)
なもので、甲種を1つ取るのも手ですが、乙種を1~6全部取るという荒業もあります。さらに、6人でそれぞれ違う乙種をもっていれば、組織的には甲種がいる扱いになると聴いたことがあります。

しかし、甲種と乙種の決定的な違いは、受験資格にあります。

甲種危険物取扱者試験の受験資格

ライ麦狼は、〔2〕ですね。大学が生物系なもので、〔1〕では受験資格が発生しませ。
で、どんな単位で〔2〕を確保しているか大学に確認しました。
結果は、

続きを読む

Ragnarok Online SideStory「ペットイーター」 中編

DATE: 2006. 07. 02 CATEGORY: 小説
「「「「さあ、我ら異端審問官が代行者として、
    この鉄槌をもって神々の御前に送り出そう」」」」

 異端審問官。
 代行者とも呼ばれる教団屈指の尖兵。
 それは、「人と神と魔族の大戦」 が遠い歴史上の出来事ではなく、生き証人は他界してもまだ人々の口伝に登り、
 街や村々に戦痕が残る時代から、世界の半ば以上を覆う闇を滅ぼし続けてきた集団。
 プロンテラ教団でも特別な位置に存在し、いくつものセクションに分かれて神の名の元に活動しているという。
 特に、『絶対数である7課』 と『存在しない事になっている13課』 には、バケモノぞろいという噂だ。
 噂といえば、なんでも1課が戦争でもする様な重武装で出撃したと聞く。
 枢機卿イノケンティウスに率いられ、遠方での異端者殲滅戦に従事している、というのが街の噂だ。
 そんな尖兵たちの中でも、通常プロンテラ市内で活動するのは3課と8課。
 共に本来ならば、教団内部で不正や不信心な行いをした者、教義に叛いた者を裁く監査役だ。
 なのに何故この場に。サララとガルデンをペットイーターと誤認して、裁きに来たのか?
 違う、二人とも明らかにウィザードとクルセーダーの格好をしている。じゃあ何故。
 解せない図式と胡散臭い依頼。もう何がなんだか解らない。
 けれどサララ動いた。理解不能と叫ぶ思考を切り捨て、戦えと訴える本能に従い魔力を走らせる。
 それは焼けたエーテル粒子が、血管と神経を疾走する様な感覚。
 ドロップスカードを4枚挿したロッドの助力も得て、一秒にも満たない詠唱で魔力が収束。
 そして発輝しつつ拡散。

続きを読む

Template: laserdisks2cL
Powered by FC2 Blog
Copyright © ライ麦狼 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。